青空レストラン3年とらふぐの値段!通販お取り寄せは【淡路島若男水産】が格安!

スポンサーリンク

2019年1月5日放送の青空レストランでは、

兵庫県淡路島のみなみ淡路市の

3年とらふぐが特集されます。

潮流の早い鳴門海峡で3年かけて育てられる

このとらふぐは、身の引き締まり方が

ほかのフグとは段違い!

といっても、他のフグも食べたことが

無いので、管理人はなんとも比べ様がない

のですが( ;∀;)

今回の青空レストランでは、

とらふぐのいろんな食べ方も紹介されています。

ぜひ一度食べてみたいものです!

青空レストランで紹介された3年とらふぐとは?

昭和30年代までは、

当時天然ふぐの需要と供給のバランスはよく、

養殖ふぐの必要性は見出されていませんでした。

しかし

ふぐの需要は年々増加していく反面、

天然ふぐの漁獲量は減少の一途を辿り、

その状況をカバーするべく

ふぐ養殖業は本格的に取り組まれていきました。

『淡路島3年とらふぐ』の養殖が行われている

福良港でも30年ほど前からとらふぐの

養殖に取り組んでいます。

日本国内で食用として流通しているフグは、

22種類ありますが、

現在ふぐの養殖場で育てられているのは、

高級魚とらふぐ1種のみなのだそうです。

3年間も養殖するというのは、

大変リスクがあることで、

他の養殖場では、リスクの少ない2年間育成された

800g以下のものが多く出荷されていますが、

『淡路島3年とらふぐ』は、

1年間長く育て生存率の下がるリスクを負いながら

1.2~1.8kgにまで育てられ出荷されるので、

大きさに特徴があります!

3年とらふぐ

出典:淡路島 3年とらふぐ若男水産

1.2kg以上になると、

養殖魚特有の黒いすじが消えて、身がしまり、

天然のトラフグとほとんど変わらない

美味しさになるのだとか!

また、

南あわじ市福良湾で育った

『淡路島3年とらふぐ』は、

全国の養殖場でも1番水温が低く、

日本一潮の流れの速い鳴門海峡近くで

養殖しているため、味も濃厚!

そして養殖の飼料にも工夫が!

■配合飼料は、美容と健康のために
ビタミンCとビタミンEを強化した
グレードの高い魚粉だけを使用。

■夏場は滋養強壮にニンニクやタウリンを加え、
肝臓ケアのためにウコンも与える。
→こうすることで、死亡するリスクが大幅に減少。

■出荷前には、人間が食べても美味しいとされる
淡路島周辺で獲れた
「いかなご」「オキアミ」を与える

かなり手をかけて大事に育てているんですね!

でも、

「やっぱり食材は天然ものでしょ!」

という方も多いでしょう。

私もそう思っていました。

そこで、

天然フグと養殖フグの違いもすこし

調べてみました。

天然フグと養殖フグの違いは?

見た目の違い

天然ふぐと養殖ふぐの外見上で一番違いが

わかるのが尾ひれと言われています。

養殖ふぐの尾ヒレは、ギザギザとした欠けが

見受けられ、比較的短い形状となっています。

というのも、

囲まれたいけす内で育つ養殖ふぐは、

自分の前方を泳ぐふぐの尾ヒレに噛みつくことが

あるからなんです。

ふぐはとても繊細な気質の魚で

ストレスに弱いので、こういった行動に

でるのだとか( ゚Д゚)

そのため養殖場ではふぐ同士の

噛み付きによる傷を減らすため、

1匹1匹ふぐの歯切りをするので、

口元でも天然と養殖の違いもわかるそうです。

しかし一般の人が目にするふぐは、

有毒部位と共に頭やヒレも処理された身の部分のみ

ですので、

調理された状態なら、見た目での判別は

難しいですよね。

価格の違い

昭和50年代に入ると、

ふぐの養殖事業が軌道にのり始めました。

というのも、

天然ふぐの減少が危ぶまれる中でも、

スポンサーリンク

高値のつくトラフグを中心に天然ふぐの

乱獲は続き、

養殖ふぐが天然ふぐの水揚げ高を上回るように

なったからです。

貴重となった天然トラフグと

養殖トラフグの価格には、5~6倍の差が出るとも

言われています。

味の違い

ふぐ料理の二大看板といえば、

ふぐ刺しとふぐちり鍋といわれています。

ふぐ刺しにおいて、食感は美味しさの

大切な要素のひとつなので、

引き締まった身質の天然ものは、

天然ものならではの心地よい歯ごたえを

最大限に活かされており、

養殖との違いが一番わかりやすいといわれています。

一方ふぐちり鍋は、

ふぐ(骨まわり)からでる濃厚な旨味が

凝縮された、出汁の存在が重要となってきます。

1匹700グラム程度以下の、小ぶりな天然であれば、

1匹1.2キロ程度の養殖の方が、

美味しいと感じられるといわれています。

養殖ふぐは天然ふぐに比べてリーズナブルですが、

美味しいふぐ鍋の醍醐味である

濃い旨味の出汁を堪能できるお鍋が向いているようです。

3年とらふぐの通販・お取り寄せ情報!

3年間育てることで養殖の常識を覆す、

ビッグサイズのとらふぐの

「淡路島3年とらふぐ」

こちらのとらふぐは、

「淡路島 3年とらふぐ若男水産」

で通販されています!

大鳴門うずしおの近くで3年間育て、

とらふぐの生産・加工・販売までを

一貫して行っている、生産直売の、

「淡路島 3年とらふぐ若男水産」

の商品ならば間違いないでしょう。

調理方法によって商品を選べるのですが、

その中でも一番のおすすめは

やはりお鍋でしょう!

「淡路島 3年とらふぐ若男水産」で人気No1の

この商品は、

楽天のふぐランキング1位で100,000万個も

販売されています!

通常とらふぐは数万円もかかるのですが、

生産直売なので、コストがかからず、低価格を実現!

コラーゲンたっぷりのとらふぐの湯引き皮と、

ヒレ酒用ヒレも特典でついた

お得なセットとなっています!

実店舗はこちら!

淡路島3年とらふぐ 若男水産株式会社
住所:
〒656-0501
兵庫県南あわじ市福良甲135-46TEL:0799-52-3561
FAX:0799-52-3565

Mail
owner@3nen-torafugu.com

HPHP:http://www.3nen-torafugu.com

【営業時間】9:00~16:00
【定 休 日】日曜日・祝日
【駐 車 場】あり 20台

まとめ

高級魚のとらふぐが、庶民でも

おいしく食べられるのは、養殖が盛んになってきた

おかげなんですね。

とはいえ、養殖用の稚魚は、天然トラフグを

親魚にして確保している状況ということで、

養殖ふぐの増産も天然とらふぐの保全が

あってこそなされるものでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする