新谷理恵子(さつまいも)のお店の場所やメニューと通販は?経歴や年齢は?【マツコの知らない世界】

スポンサーリンク

マツコの知らない世界でさつまいもを

紹介した新谷梨恵子(あらやりえこ)さん。

さつまいものお店「農カフェきらら」

をオープンさせるほどのさつまいも愛に

溢れた方です!

これからの季節、食べたくなるときがある

さつまいも♪

マツコさんはホクホク系のさつまいも派という

ことですが、最近はねっとり密が濃い系の

さつまいもが流行っているんだとか。

ねっとり系の美味しさをプレゼンする

新谷梨恵子さんとのやり取りも

なかなかおもしろそうです^^

今回はさつまいもを愛する

新谷梨恵子さんのお店「農カフェきらら」

の場所やメニュー、

新谷梨恵子さんの経歴や年齢などについて

調べてみました!

新谷梨恵子の高校大学や年齢などのプロフィールは?

新谷梨恵子
https://ja-jp.facebook.com/rieko.araya

名前  :新谷梨恵子(あらや りえこ)
生年月日:1978年2月3日生まれ
血液型 :B型
出身地 :東京都江戸川区
現住所 :新潟県小千谷市
高校  :東京都立小松川高等学校
大学  :東京農大国際農業開発学科
肩書  :(有)農園ビギン専務取締役
新潟県青年農業士長岡ブロック副会長

自称、さつまいも先生こと新谷梨恵子さん。

さつまいもを愛し、

さつまいもと共に生きる人生を

歩んでこられたようで、

さつまいもを愛でる姿が板についています。

新谷梨恵子

http://ritz945995.wixsite.com/ritz/blank-c21r

好きな言葉は、

「笑う門には福きたる」とのことで、

TVでもそうですが、いつも笑顔が印象的な

すてきな女性ですね。

そして新谷梨恵子さんは、

ただのさつまいも好きではなく、

女性起業家として大活躍されており、

・ビジネスプランコンテスト優秀賞

・第16回「女性起業家大賞」最優秀賞

と言う輝かしい受賞歴もお持ちの方です。

さつまいもをきっかけに、

起業家になった新谷梨恵子さんの経歴をご紹介します!

新谷梨恵子さんの経歴や職業は?

新谷梨恵子さんは

高校一年生の15才の時に「さつまいも」

の魅力にはまった新谷梨恵子さんは

さつまいもを使った町おこしを志したそうです。

15歳の女の子が町おこしというのもスゴイのですが、

将来の夢というのが、

「農家の嫁」

というのもまたすごいです。

高校卒業後は大学は行かず、東京を出て

農業をするか、海外で農業の勉強をするか、

悩みながらも、最終的に

東京農大国際農業開発学科に進学されています。

そして、

世界の食糧不足問題を

さつまいもで救えないかという思いから、

タイ・ベトナムなどで農業実習をし、

イモ類の研究をする研究室に入るという

経験もされています。

大学では、

収穫祭で大学イモをやるから、という理由で

「歩けの会」というサークルに入部。

そこで日本一の焼きイモ祭りに出会っています。

ここまでさつまいも尽くしの新谷梨恵子さん。

将来の夢である「農家の嫁」として新潟県小千谷へ。

2000年に晴れて農家の嫁に!

となるはずが、実は旦那さまは農家では無かったようです。

結婚式ではその悔しさ?もあるのか、

さつまいもを食べていますね。

出典:https://blog.goo.ne.jp/ritz5323

ウェディングケーキはもちろんさつまいもにし、

席札もさつまいもの品種。

旦那様はそんなさつまいも好きなところも

含めてご結婚されているのでしょうから、

少なくとも旦那様もさつまいもは嫌いでは

ないでしょうね^^

結婚されてすぐにお子さん二人を授かり、

しばらくは育児に専念されていましたが、

農業改良普及センターを通じて

ある農業法人の社長と知り合い、

その農業法人に就職。

さつまいもスィーツ(プリン)を開発されました。

さつまいもを作って加工して売るという中で、

農家さんがこれをやるのは大変だと感じ、

これからの農業には売る力が求められるけれど、

自分たちでやるのは難しい・・・。

そのお手伝いを農業法人の中で

新谷梨恵子さん一人でやっていても、

一企業の発展だけになってしまう。

それでは新谷梨恵子さんが昔から思っていた

町おこしにならないと思い、

起業を志すようになったそうです。

そして2015年独立された新谷梨恵子さんは、

新潟県初6次産業化プロデューサーとして

「農プロデュース・リッツ」を創業。

また、

「さつまいも農カフェきらら」

のオーナーも務め、

新潟からさつまいもと農業の魅力を

発信されています。

ちなみにお気づきのかたもいるかもしれませんが、

「農カフェきらら」の「きらら」は

新谷梨恵子さんが一番好きな

「べにきらら」

というさつまいもの品種からきているものです。

新谷梨恵子さんのお店「農カフェきらら」の
場所やメニューは?

新谷梨恵子さんのさつまいも愛が

感じられる「農カフェきらら」の場所はこちら!

農カフェきらら
住所:新潟県小千谷市桜町2495-1
電話:0258-94-5995
営業時間:10:30~18:00
定休日:水曜日・木曜日
ブログ
ぐるなび

農カフェきららのメニュー

焼き芋ソフトクリーム420円
https://r.gnavi.co.jp/j1gb09ze0000/

【ガンジー牛のソフトクリーム使用】

半分にカットされた焼き芋の上に
ガンジーソフトクリームが!

注文を受けてから焼き芋を温めているので、
出来上がるまでの時間が長すぎるとの
批判の声もありましたが、

この待ち時間も楽しめるくらいの
余裕をもっていきたいですね^^

土台となるコーン代わりのさつまいもは
その時で変わり、

10月中は紅はるかと紅あずまで提供されます。

他にもまだまだありますよ~!

雪イモポテト


(温かいスィートポテト&ソフトクリーム添え)
480円

その他にもメニューは充実しています!

スポンサーリンク
農家のお茶飲みごっつぉ 580円~
ランチ(すべて1080円 おかわり自由)
日替わり小千谷野菜たっぷりランチ
6種の焼き芋食べ比べセット♪
などなど、他にもたくさんあります!
夏野菜たっぷり焼チーズカレー
さつまいもグラタン&パン(ピッツァ)
ちまきセット
卵かけごはんセット   など。
店内は和風でお落ちつける感じですね。
気になった方は足を運んで見て下さい^^
ちなみに10月24日・25日はお休みだそうです。

新谷梨恵子さんのおすすめさつまいもスイーツは?

マツコの知らない世界で紹介された

さつまいもをつかった絶品スイーツはこちら!

舟和の芋ようかん

パープルスイートロードのタルト(パティスリーヨシザワ)

2016年8月に新潟・小千谷にオープンした

「Pâtisserie Yoshizawa(パティスリーヨシザワ)」。

洋菓子を中心に和菓子も販売しているようです。

住所 新潟県小千谷市大字ひ生甲2203-2
電話 0258-82-4413

https://ja-jp.facebook.com/patisserieyoshizawa/

越後もちもちたいやき

もっちもちの皮の中には
しるきーも と 白あん を
1対1の割合で配合した餡がたっぷり

多い日で1日200個売れるという人気のたい焼きです

新谷梨恵子さんのさつまいもの通販は?

新谷梨恵子さんが開発されたさつまいもプリンが

通販で購入可能でした!

送料無料 さつまいもプリン 65g 6個セット さつまいも 無添加 卵不使用 農園ビギン

黄色(ベニアズマ)
紫(パープルスィートロード)
オレンジ(ベニキララ)

の三種類からなるさつまいもプリンは

たまご不使用で無添加、手作りの低カロリー!

お子さんのおやつにも、

ダイエット中にも良さそうですね^^

新谷梨恵子さんのお店「農カフェきらら」

までは遠いかたは、こちらのプリンを

お試しされるものいいですね。

そして、新谷梨恵子さんが企業した

農プロデュース リッツで栽培した

さつまいもが買える通販サイトがこちら!

農家の台所HP

新谷理恵子さんのさつまいもの他にも

新鮮で上質な野菜がまとめて買えるので

おすすめですよ^^

スポンサーリンク