ビル・リオングレローのみかん大福のお店!清光堂の場所や通販と口コミは?

スポンサーリンク

激レアさん。に出演したビル・リオングレローさんは、
みかん大福が有名な

一福百果・清光堂という和菓子店を
妻の益田智恵(としえ)さんと一緒に経営されている、

グアム出身の和菓子職人です!

みかんが丸ごと一個入っているって
斬新ですよね~^^

和菓子店「一福百果・清光堂」の
場所やメニューと通販があるのかどうか、
調べてみました!

ビル・リオングレローさんと
嫁の益田智恵(としえ)さんの馴れ初めは?

https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/html/201509/201509_10_jp.html

ビル・リオングレローさんは、
もともと故郷の米国グアムで救急救命士をされていました。

たまたま旅行でグアムに訪れていたに益田智恵さんと出会い、
大恋愛の末に結婚されたそうです。

海外旅行中に出会うとは何とも
ロマンチックで運命的で、
映画のようです!
ご両親は驚いたでしょうね!

ビル・リオングレローさんが和菓子職人になった理由は?

ご結婚後、子どもが生まれ、
グアムに永住するつもりだったという智恵さん。

しかし、智恵さんの父で清光堂の先代の光俊さんが
病気で倒れてしまいます。

父の光俊さんは長年続けていた店を閉めようと
考えていたのですが、

智恵さんから話を伝え聞いたビル・リオングレローさんは
「老舗和菓子店をなくすわけにはいかない。」と決断し、
10年以上続けていた救命救急士を辞め、
2002年に家族全員で今治市に移住したのです!

日本での生活はもちろん、
救急救命士だったビル・リオングレローさんは、
和菓子づくり自体が初めてですが、

先代の味を守り伝えていこうと覚悟を決めたという
ことに驚きですね!

奥様である増田智恵さんだけではなく、
智恵さんの家族皆のことを守っていこうと結婚のときに
誓ったのでしょうね!

本当に優しくて強い方です!

それ以来、
看板商品の『椀舟(わんぶね)もなか』をはじめ、
先代と同じ材料や分量、製法で和菓子をつくる
ビル・リオングレローさんでしたが、

常連のお客さんに
「やっぱり先代とはどこか味が違う」と
指摘されてしまいます。

そりゃそうですよね・・・・。
グアムで和菓子は食べないですし、
製菓学校に通っていたわけではないですからね。
いわばど素人状態!です。

しかし、ビル・リオングレローさんは、
お客さんの意見を取り入れ、色合いやこまやかさといった
日本独自の文化を日々勉強し、
先代の味に近づこうと努力を重ねます!

そして形が整い、味が安定するまでに
3年程かかったそうです!

みかん大福が開発されるまで

その後、
商品のバリエーションを増やそうということになり、

ビル・リオングレローさんは、女将である智恵さんと相談して
「愛媛のみかんを使った大福をつくろう」と
開発を決めます!

しかし発売当初は
「イチゴの代わりにみかんを使っているだけでは」
との意見もあり、ほとんど売れなかったそうです・・・。

改良を重ねていくことで、
みかんの酸味がうまいこと餡に合い、
徐々に味が認められ、
いまでは欠かすことのできない看板商品となり、
週5日、1日に800個から1000個ものこのお菓子を作っておられます!

お店は、家族ぐるみで経営されていて、
智恵さんの母親であるシノブさんは
接客とレジの担当。

息子の寛規さんは
清光堂三代目になるべく修行中で
2015年の時点では、製菓学校に通っていますので、
現在卒業して
父のビル・リオングレローの右腕でしょうか?

https://www.ichifuku-hyakka.com/greeting/

娘の寛恵さんは他の会社に就職していますが、
レジの手伝いをされていて、

名誉親方である先代の光俊さんは
今でも時折店に顔を出しているそうです。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&fr=lmd_poi&p=%E6%B8%85%E5%85%89%E5%A0%82

「一福百果・清光堂」のメニューは?

清光堂には『まるごとみかん大福』の他にも
様々な和菓子があります。

地元のフルーツを使った大福や
定番で先代から受け継いでいる
『椀舟(わんぶね)もなか』は外せません^^

一福百果 まるごとみかん大福

みかん大国愛媛県南予のみかんを使用し、
ひとつひとつ丁寧に手作業で作られています。

まるごとフルーツ大福

愛媛の果実を「まるごと」あんとお餅でつつみました!
見てビックリ!食べてびっくり!

ハーフ大福

愛媛の果実大福。
愛媛の柑橘を包んだお手軽サイズの大福です。

じゅわっと島八朔大福

愛媛県産はっさくのシロップ漬けを白餡と求肥で包みました。
はっさくの苦味と白餡はとても相性が良く、
サッパリとした味に仕上がりました。
甘いものが苦手な方にもおすすめです。

椀舟最中(わんぶねもなか)

スポンサーリンク

小豆は北海道十勝平野の
「しゅまり小豆」を使用しております。

普通の小倉餡ではなく、シソ風味で爽やかです!

みかん生どら

みかんクリームと粒あんの入った
生どら焼きです。

みかんカステラ

愛媛県宇和島産のみかんで作った
「自家製みかん皮ピール」を使用し、
風味を損なわないように焼き上げました。

みかんロールケーキ

みかん産地の中でも甘くおいしい
愛媛南予地域で育ったみかんを使用しています。
みかんわらびもち入り。

みかんわらびもち

蕨(わらび)とみかんの新食感♪
ぷるんとやわらか、さわやかな味わい!

みかんボール

愛媛県南予地域のみかんを使用した
みかん味のクッキーです。
一つ一つ丁寧に手作業で作られ、
口いっぱいにみかんの味が広がります。

みかんケーキ

みかんの皮ピールとみかん果汁を使用したマドレーヌです。
ふんわりと軽い生地にみかんの風味がマッチした逸品です。

清光堂の通販はある?

清光堂ではオンラインショップもあります!
こちらからみかん大福をはじめ、
たくさんの商品が見れます。

https://www.ichifuku-hyakka.com/shop/

また、楽天でも購入できるようです!
ポイントも溜まるのでオススメです!

愛媛の生産者からみかんを直接買い付け、全て職人さんが手作業で
皮むき、筋取りなどを丁寧に行っています。
白あんに使用されているのは北海道産の小豆。
みかんと白あんをぎゅうひという意外な組み合わせで
初めて食べた人は驚くことも多いようです。

口コミは?

甘酸っぱいみかんと、優しい甘さの白あんが調和して
爽やかな味に仕上がっています。
みかんと白あんってこんなに相性がいいのか、と驚かされます。
半解凍のみかんの果肉はシャリシャリしていてシャーベット風。

http://otoriyosesweets.work/review/review33

自然の甘さを生かしたお菓子なので甘ったるい感じはしません。
万人向けの安心して食べられるお菓子だと思います。

http://otoriyosesweets.work/review/review33

これ予想以上にヤバいです。
大福のまわりの皮と白餡は薄目で
優しくみかんに寄り添っています。
モチャモチャ感ゼロで、めちゃめちゃジューシー♪

中からみかん果汁が溢れてくるので お皿で受けて食べましたョ。

https://o.tabelog.com/rvwdtl/67212/

清光堂の場所は?

愛媛・今治 一福百果 清光堂(せいこうどう)
【所在地】
〒799-1506
愛媛県今治市東村南1-5-33【TEL】  0898-48-0426【営業時間】8:30~18:30【定休日】 日曜日・月曜日

東急田園都市線青葉台駅、改札外の催事場にて
みかん大福の販売を行っております。
お近くにおいでの際は是非お立ち寄りください。

スポンサーリンク