キューバ旅客機ボーイング737の事故原因は操縦ミス?墜落現場画像!

スポンサーリンク

首都ハバナの空港を離陸直後のキューバ航空の旅客機
ボーイング737型機が墜落したとの事故報道が入りました。

現在のところ、犠牲者は多数と見られてますが、
3名の生存者も見つかっているとの情報も入ってきています。

日本人が搭乗していたかどうかは不明ですが、
多くの乗客が犠牲になった
この墜落事故の原因は何だったのでしょうか?

キューバ旅客機ボーイング737の事故の概要は?

カリブ海のキューバで18日正午すぎ(日本時間19日午前1時すぎ)、
首都ハバナの空港を離陸直後の
キューバ航空の旅客機ボーイング737型機が墜落した。

AFP通信によると、
ディアスカネル国家評議会議長は事故現場を訪れ、
「乗客104人、乗員9人が搭乗していたが、
多くの犠牲者が出るだろう」と語った。

キューバ共産党機関紙「グランマ」は、
少なくとも3人が病院に搬送されたが重体と報じた。

飛行機は国内線で、
ハバナから670キロ離れた東部オルギンに向かう予定だった。
キューバ航空が借り受けて運航しており、
乗員はすべて外国人だったという。

在キューバ日本大使館によると、
乗員乗客に日本人がいたか確認を急いでいるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000008-asahi-soci

キューバ旅客機ボーイング737の事故の原因は?

航空分野では、
耐空性の判断基準となる残り寿命を、

機齢、飛行時間、離着陸回数

の3要素を個別に評価して算出します。

そのため、短い距離を頻繁に飛ぶ航空機は、
すぐに寿命を迎えてしまうことがあるようです。

機齢は日本のJALが11.2年,ANAが9.8年ということです。

今回の墜落事故をおこしたボーイング737-200 は
機齢が38年だったとのこと。

年数が経過しているので機体に何かあったのかもしれません。

もしくは、操縦ミスなのかもしれません。

自動車事故より飛行機の事故は少ないと言われますが、
現代の技術をもってしても人為的ミスはありえるのでしょう。

離陸直後の墜落なので、
人為的な操縦ミスが考えられます。

通常離陸直後は副操縦士がV1、VR、V2と
速度計などを見ながら読み上げて離陸しますから、

自動操縦ではないと思います。

VRは既に安全速度範囲なので後戻りはできない速度に達してします。
その後の事故だと思いますから
何らかの引き金がそうした事故に繋がった可能性がありますね。

Twitterより引用

乗客が100名以上の事故ということで、
大変大きな事故です。

原因究明が急がれますね。

飛行機を利用する側からすれば、
全く考えもつかない事が起こる訳ですから・・。

※その後の情報では、

目撃者によると、旅客機は離陸後、空港に向かって旋回し、
電線に接触して墜落したという

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00050119-yom-int

とのこと。

「離陸直後に電線に接触した」ということですが、
通常の飛行なら、離陸直後の場所に電線は無いはずです。

「電線に接触したこと」が墜落の主原因ではなく、
電線に接触したときには既に制御不能な状態だった可能性もあります。

離陸直後に、バードストライクなどのエンジントラブルを起こし、
スピード不足に陥ってしまい、
そのまま廻るように失速しながら、電線に引っ掛かり堕ちた・・・・。

スポンサーリンク

との可能性もありそうです。

2018年に入ってからは、
すでに6件の事故が発生し、
そのうち死亡事故は4件です。

1月13日:ペガサス航空8622便
2月11日:サラトフ航空703便
2月18日:イラン・アーセマーン航空3704便
3月6日:ロシア航空宇宙軍An-26
4月11日:アルジェリア空軍II-76
4月17日:サウスウエスト航空1380便

毎月のように何かしら事故があるのですね。

世界のどこかで飛行機事故が毎月あり、
命を落としていることを知ると、
居たたまれない気持ちになりますね・・・・。

キューバ旅客機ボーイング737の事故画像は?

スポンサーリンク