DJ IZOH(イゾー)の結婚した嫁や年齢と録音機材は?世界一DJの年収は?

広告



スポンサーリンク

関ジャム完全燃SHOWに出演の、

DJ IZOH(イゾー・威蔵)さんは、

DJ世界一に輝いた実績を持ち、

スゴイテクニックをもった方です!

DJ IZOH(イゾー)さんとは、

謎なところが多いのですが、

DJプレイを始めたきっかけや経歴と、

結婚されているのかどうか、

調べてみました!

DJ IZOH(イゾー)の年齢や出身などのプロフィールは?

https://www.rakuten.ne.jp/gold/dj/webpro/izo/

名前  :DJ IZOH(イゾー・威蔵)
本名  :不明
生年月日:1981年11月16日
年齢  :37歳
出身  :埼玉県越谷市

現在37歳のDJ IZOHさん。

音楽をやっている方は、

若く見えますね^^
本名は今のところ公表されていないようですが、
わかり次第追記していきます。
以下、文中では威蔵さんとします。

DJ IZOH(イゾー)の世界一までの経歴は?

DJ威蔵さんは、14歳のときにテレビ番組で

「DJ」を知ったことをきっかけに興味を持ち、

15歳の時に、

NHKのニューミュージックセミナーの

DJバトルで

「DJ Honda VS Mixmaster Mike」の

映像を見たのがきっかけで、

自らもDJプレイをやってみたいと

思ったそうです。

若いときって何かしらに興奮するじゃないっすか、

色んなものを見て。

それが一番大きかったんですよね、

その映像が。

スクラッチとか2枚使いの早いのとか。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/dj/webpro/izo/

「これがしたい!」と

思って始め、HipHopを聴き始めたDJ威蔵さん。

最初に買ったDJセットは、

ターンテーブル:Technics SL-1200MK3
ミキサー   :VestaxのPMC01
針      :ShureのM44GかM447

とのこと。

その当時は、

友達が遊びに来てターンテーブルで

遊んでるだけで、まさか

世界一になれるとは思っていなかったのだそうです。

しかし、

DJをはじめて3年目、

18歳のときに大会に出場しはじめ、

19歳のときにティーンの大会で2位を獲得。

さらに、

20歳のときに、最初の夢であった

ジャパンファイナルへと駒を進めたのです!

わずか5年で全国レベルの

プレイの腕前になったのですね!

そして最初は遊び感覚だったのですが、

このころから、

必然的に視野を海外に向けて行きました。

出場する世界大会では、

24歳で世界3位を獲得すると、

もはや世界チャンピオンは遠くの夢ではなく、

手の届く現実に!

しかし世界一という頂きは、

ここからが遠かったようです。

以後数年は思わしい成績を残せなかったのです。

そして、

2011年の大会でこれまでにないほどの

パフォーマンスを披露し、

チャンピオン獲得の手ごたえを感じていた

DJ威蔵さん。

ところが成績は2位。

王者獲得目前にして、挫折感を味わいます。

そして迎えた2012年。

挑戦し続けるということ自体、

大変なことです。

「今年行くしかない」と決断したDJ威蔵さんは、

「負けたらすべてを失う。生きるか死ぬか」

という心積もりがすごすぎて、

耐え難い緊張に向き合うあまり、

「逃げたいという衝動に駆られて仕方なかった」

と振り返っています。

それだけこの大会にかけていたのですね!

プレイ用のルーティン(演奏)を

完成させるために、一日2時間の睡眠を

繰り返していたために疲労困憊で、

結局、大会のある

イギリスへの出発二日前になって

ようやくルーティンが完成する、

まさに瀬戸際の状態だったそうです。

しかし、

「はじまればやるだけですよね。
やり切るしかないんですよ」

というメンタルの強さを発揮し、

本番になると冴えのあるプレイで、

すべてを出し切って世界を圧倒し、

バトルDJ世界一を決める

「DMC WORLD FINAL」でついに

チャンピンの座を獲得しました。

どうして世界一になれたと思うか、

という質問に、DJ威蔵さんは、

「結局自分ですよね。
自分にいかに厳しくなれるか。
それしかないと思います」

https://rocketnews24.com/2012/11/15/265778/

と自らの心持ちを明かしています。

死ぬような覚悟で臨んだからこそ、

生まれた言葉なのでしょうね。

続けるのも努力するのも、

やめるものすべて自分次第。

というのは、自分と向き合うことになりますので、

非常に葛藤がありますよね。

そこに打ち勝っていく、

挑戦し続ける才能があるのでしょう。

今でもハマりだすと何時間も

ずっと練習をされるのだとか!

DJ IZOH(イゾー)の結婚した嫁は?

今のところ、

結婚されているという情報はありませんが、

37歳という年齢から、

ご結婚されていても

おかしくはないでしょう。

DJ IZOH(イゾー)の録音機材は?

DMCの大会の公式セット

Technics SL-1200MK5+SH-EX1200)

ミキサー:
Vestax PMC-07Pro

針:
Ortofonで、Concorde Scratchか
Concorde Qbertのどちらか。

録音機材:
MTRのKORG D1200、
パソコンのACID PRO 5

を使っています。

DJ IZOH(イゾー)のDJプレイはどこで聴ける?

DJ威蔵さんのライブ情報は、

TwitterなどのSNSから確認できます

DJ威蔵 ツイッター

DJ威蔵 Facebook

また、

ソウルフル・ラッパー「TARO SOUL」と

2009年よりライブ・パートナーとして、

革新的な音楽像を模索し続け、

2012年、スーパーソニックスという

グループを結成しています。

official blog:

starplayers.jp/supersonics-blog

DJ威蔵の年収は?

DJの仕事内容としては、

クラブにおいて、レコード、CD、

IPODなどのソフトを使って、

切れ目なく音楽をつなぎ合わせて会場に流し、

パーティーを盛り上げるのが仕事になります。

クラブ会場との契約の場合は、

月単位、6か月単位、あるいは1年単位などの

契約がありますが、

最近ではイベントなどの単発のライブを

週2~3回くらいで行ったり、

不定期だったりすることが多いようです。

日本国内での日本人平均年収は、

120万~200万円くらいが通常のようです。

国内ではDJkaoriと言う方が有名で、

売上は340万枚以上で、

活動から推測すると印税だけで

年収4000万ともいわれています。

DJ威蔵さんの活動の詳細は

不明な部分も多いですが、

世界一と言う肩書もありますので、

イベントにもたくさん呼ばれそうですね。

2008年ころのブログでは、

2年前ライブDJを初めた頃の俺は、

そのちょっと前のいろんなトラブルのおかげで

あんままともな精神状態ではなかった。

ライブDJをやることにしたのも、

いろいろ失っちまったしこれから先

どう転ぼうが別に怖くねーな!

と思って決心した。

とありました。

事情は分かりかねますが、

何かとても大きな出来事があったようです。

それでもDJを続ける決心をされ、

世界一になれたDJ威蔵さん。

想いは人一倍強そうです。

まとめ

近年の経費削減の傾向やIT技術の発達により、

DJは非常に苦しい立場だそうです。

仕事そのものも少なくなり、

DJの人口も飽和状態にあることから、

今後も益々苦しい立場となっていくといわれています。

高い技術と申し分ない実績、

確固たる意思が必要な職業。

それがDJという仕事であり、

実力と実績はもちろんのこと、

『何が何でもDJとして生きていく』

という覚悟が必要なのでしょう。

DJ威蔵さんはその覚悟があるように思います。

広告下



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする