シーラント~歯のでこぼこを埋めて虫歯予防~

スポンサーリンク

6歳前後になると、乳歯の一番後ろの歯よりさらに後ろから、大きな大人の歯が生えてきます。

6歳臼歯と呼ばれるこの歯は歯の王様とも呼ばれ、今後の歯の健康を左右する程、とても大事な歯です。

6歳臼歯はなぜ大事??

① 上下の歯の噛み合わせの基準になる。

6歳臼歯が生えてくる場所によって上下の噛み合わせが決定します。

その後に生えてくる永久歯の道しるべ的な役割をするので、歯並びにとても影響します。

② 噛む力が最大

永久歯の中で一番大きく、噛む時に使う筋肉と大きくかかわる6歳臼歯は、

噛む力も、くいしばる力も一番大きいです。

食事でしっかり噛む時に重要な歯になります。

永久歯が生え始める初期の6歳臼歯が虫歯になるということは、お口の中に虫歯菌がたくさんいる状態です。

したがって、それ以降に生えてくる永久歯は虫歯菌がうようよいる中に生えてくるわけです。

生えたばかりの永久歯は歯の質として未完成で、とても虫歯になりやすいですので、6歳臼歯以外の歯も虫歯になる確率は高くなってしまいます。

また、6歳臼歯の虫歯が大きく、神経を抜く処置をした場合は、数年後に歯根の病気が発生する可能性があります。そこでは最悪抜歯になるケースもあります。

噛む力が一番大きい6歳臼歯と失うと、他の歯へ負担がかかります。他の歯は6歳臼歯ほど噛む力に耐えらえないので、歯を支える骨を失ったり、歯根が割れたりしやすくなってしまいます。

6歳臼歯に代表される奥歯は奥歯の役割(食べ物を噛んですりつぶす)があり、前歯は前歯の役割(食べ物をかみちぎる)が決まっていますので、6歳臼歯の代わりに他の歯に負担がかかると、噛む力に耐えられないのです。

6歳臼歯を失えば、かみ合わせのバランスがくずれ、他の歯も次々に失う・・・といった悪循環を生みだし、生涯にわたって歯の悩みが付きまとうことになりかねません。

このように、今後のお口の中の健康に密接に関わるため、生えたばかりの頃からしっかりと虫歯予防をすることが大事になってきます。

どんな予防法がある?

① フッ化物を使う

生えたての永久歯は歯の表層のエナメル質の石灰化(歯の硬さ・質)が不十分で、

とても虫歯になりやすいので、石灰化を促進させてあげる事が大事です。

フッ化物添加の歯磨き粉を使い、歯科医院でのフッ化物塗布で、歯の質を高めましょう。

② 歯ブラシは横から入れる。

生えたての6歳臼歯は手前に生えている乳歯よりも歯の高さが低いです。

完全にはえるまでには1年~1年半かかりますので、その間はとても汚れがつきやすく

なります。

スポンサーリンク

歯ブラシの毛先が6歳臼歯に届くよう、歯ブラシを横から入れて磨くようにしましょう。

また、歯ブラシの毛先が小さくなっているブラシもありますので、そのような歯ブラシを

使うとよりきれいに磨けるでしょう。

③ シーラント処置をする

6歳臼歯の噛む面はとても複雑な形をしています。歯の溝は見た目以上にとても深く、

歯ブラシでは届かない所に虫歯菌は侵入します。

歯科医院ではそういった歯の溝を埋める処置=シーラントが出来ます。

処置前    ➡  処置後                歯の断面から見た溝

物理的に溝を埋めて汚れがたまりにくくする効果と、

シーラントに用いる材料の中にフッ化物が添加されているので、フッ化物が徐々に歯に供給され、虫歯予防効果が高まります。

シーラント処置をした歯は66.7%虫歯予防効果があるといわれています。

100%ではないのは、お口の清掃状況や食生活状況、歯科医院で定期なチェックの有無によっても虫歯になりやすさが変わるからです。

シーラント処置後は材料が取れていないか、歯科医院で定期的にチェックしましょう。

生涯にわたって使う大事な歯を守る方法はあります。

シーラントは有効な処置ですのでぜひ検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする