長谷川喜美の年収や夫は?空間デザインプロデュース作品とテレビ活動は?

スポンサーリンク

空間デザイナーの長谷川喜美さんが、

12月19日  23時00分放送の

セブンルール【東京・大阪・札幌…Xmasを光で彩る空間デザイナーは1児の母】

に出演されます。

空間デザイナーってあまり身近にはいませんが、

なんだかオシャレな職業ですね。

年収やプロデュース作品、

テレビでの活動はされているのか、気になったので、

調べてみました!

長谷川喜美さんのプロフィールは?

氏名:  長谷川 喜美(はせがわ きみ)
生年月日:非公開
血液型: AB型
出身地: 神奈川県藤沢市
出身高校:湘南学園高校
現在地: 東京都杉並区
最終学歴:桑沢デザイン研究所卒業
職業:  空間デザイナー
2004年: ベルベッタ・デザイン設立 http://www.velveta.jp/concept/
趣味:  国内外の美術館巡りと谷崎潤一郎や三島由紀夫「夜会服」などの純文学。

生年月日は明かされておらず、

年齢は分かりませんでした。

番組によると、29歳で結婚し、

現在6歳のお子さんがいらっしゃるとのこと。

結婚後すぐに出産されていれば、35歳なので、

おそらく35歳~40歳くらいなのではないでしょうか?

出身校の神奈川県湘南学園高校は、

男女共学の幼・小・中高一貫の総合学園です。

ということは、中々のお嬢様・・・?

とお見受けしました。

モデルの三浦りさ子さんや歌手のチバユウスケさんも

ご卒業されているそうです。

神奈川県の中では上位クラスの高校みたいですよ。

長谷川喜美さんの受賞歴

そして数々の賞も受賞されています

・フランス国民美術協会(S.N.B.A.)主催サロン展 2014 金賞

・JACEイベントアワード 最優秀賞 [経済産業大臣賞]

・DDA産業大賞、DDA優秀賞、

等、多数の受賞歴があります。

2013年の東京デザイナーズウィークでは、

28年の歴史で初の女性クリエイターとして 会場デザインを手掛けるなど、

華々しい活躍をされています。

素晴らしい才能ですね!

空間デザイナーになったきっかけは?

休暇には「海外へファミリー旅行」という家庭に

生まれた長谷川喜美さん。

元々建築家志望でしたが、

海外旅行中に体験した

ステンドグラス越しに「突然落ちてきた光」が教会の空気を一変させ、

「場が変容する」という驚きが、

空間デザイナーへと進むきっかけになったそうです。

そして、

湘南学園から桑沢デザイン研究所のインテリア学科に学び、

施工会社、デザイン事務所などを経て

2004年6月、ベルベッタ・デザインを設立して独立しました。

空間デザインのプロデュース作品がキレイ!

こちらは世界らん展の動画です。

続いて

二年連続で手掛けた

日本橋桜フェスティバル 仲通り

スポンサーリンク

こちらは

Marunouchi Bright Christmas 2017

丸ビル1階マルキューブにはデンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏がデザイン、プロデュースし、長谷川喜美氏(ベルベッタ・デザイン)が空間デザイン、演出を手掛けたクリスマスツリーがあります。

現在開催中なので興味のある方は是非!

長谷川喜美さんの年収は?

空間デザイナーの年収は、賃金構造基本統計調査調べによると、

平均年収:420万円
平均給料:28万円

でした。

そして、

空間デザイナーという仕事はここ数十年間のあいだに確実に需要が増えている職業で

人々の物を見る目が肥えこだわりを持つ人が増えたことが考えられます。

そこで、常に斬新で新しいディスプレイや商品の陳列が求められています。

空間デザイナーの活躍は

デザイン事務所

デパートの専属の空間デザイナー

ファッションメーカー

有名ブランドメーカー

と多岐にわたります。

長谷川喜美さんは、独立し、

様々なクライアントの仕事を受け持つ有名デザイナーですから、

一般的な空間デザイナーよりも、かなり収入は高いと思われます。

推定ですが、年収1000万円以上はあるのではないでしょうか?

長谷川喜美さんの夫は?

旦那様についての情報はわかりませんでした。

一般の方なのではないでしょうか?

もしかしたら、同じデザイン関係のお仕事なのかもしれません・・・^^

長谷川喜美さんのテレビでの作品は?

2017年TBSドラマ「カンナさ~ん」(渡辺直美主演)の

空間デザイナー真理(シシドカフカ)の

デザインの芸術空間を担当されていたそうです。

本当に幅広く活動されているのですね!

まとめ

形あるものだけではなく、行き交う人々の想いや時間、

そこに存在するすべての

「空気」

をデザインすることをコンセプトに活動を続ける長谷川喜美さん。

これからの素敵な作品も楽しみですね!

新進気鋭の音楽クリエイターの原摩利彦はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする