小さい子供を保育園に預けて働くのは悪?

スポンサーリンク

「子供が小さいうちは、母親が傍にいたほうがいい」

「三つ子の魂百までも」

昔から言われています。

私自身は自営業の共働き家庭でした。

ですので、保育園児でした。

小学校に上がれば、家に両親ともにいるので、かぎっ子というわけでも無かったのですが、

食事だけ用意されていて、あとは基本的に放置されていました(笑)

それが良いのか悪いのかはわかりませんし、仕事があるのでそうならざるを得なかったのだと思います。

時々構って欲しいなと思うこともありましたが、

基本的には放置なので何をするにもやりたい放題で自由にしていました。

ですので、幼いころに特に母親と密接に関わっていたわけではありません。

そして、それなりの普通の人間に育ったと思います。(良くも悪くも・・・笑)

こんな感じで育ったので、それが普通だと思っていたし、

自分が将来子供を授かった時は、

やりたい仕事と子育ては同時に行う。

と何となく決めていました。

で、

やりたい仕事に付きながら、ご縁があって、運よく子供を授かりました。

元々共働きすると決めていたので、1歳を過ぎた頃、仕事に復帰したのです。

「こんな小さい子供を預けて大丈夫なの?」

と相方(主人)と実母がいいます。

私は「大丈夫!」

といっていましたが、内心【本当に良いのかな?】

と思っていました。

保育所に預ける時は泣くし、

日曜日だって溜まっている家事があるので、満足するまで遊んであげられていないかも知れない・・・。

家でひらがなや簡単な計算だってゆっくり教えられない・・・

家に帰れば食事・お風呂・寝かしつけ・・・とあっという間に過ぎていく時間。

スポンサーリンク

この子はこれでまともに育つのだろうか?

週末だけの関わりで寂しいのではないか?

この仕事ってそんなに大事なんだろうか?

常に色々考えていました。

特に子供が病気をした時はすぐに迎えに行けなかったり、

仕事を休む事が出来ず、祖父母に預ける事に罪悪感を感じていました。

「母親が仕事をして保育園に預けることは子供の成長にとって良い事もある」

とよく聞くけれど、それはそうなのかもしれないけれど、

やっぱり専業主婦の母親がいて、

家でゆっくり過ごす時間が長いほうが良いのではないか?

と思っていました。

自分は共働き家庭で育ち、保育園に行っていたので、自分も出産後も仕事を続けていきたいと自然に思っていました。(望んでいた仕事に就けたのも大きいです。)

しかし、いざ自分が親になると、考えが変わってしまったのです。

「離れて過ごしていても、その時間をうめるだけのコミュニケーションをとればよい」

と子育ての先輩・保育士等の専門の方はいいます。

それは分かるのですが、子供との時間を削ってまで仕事をしなければならない経済的な現状と、

自分のやりたい子育てとのギャップが自分の心にのしかかっています。

小さい子供を育てながら仕事をすることが、その後の子供の人生にどんな影響を与えるのか、

子供が成人しなければわかりません。

仕事をしていても、していなくても子供の成長には全く影響無いかもしれないし、

有るかもしれないです。

親には親の人生があり、やりたい仕事があれば出産後も続けて、

悔いのない人生を送る事が大事なのではないかと思います。

ただ、

「その時に出来る自分なりの最大の努力を子供にする」こと、

これが大事なのかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする