伏野亜紀のかき氷喫茶店!「バンパク」の場所やメニューと口コミは?

スポンサーリンク

セブンルールに出演した
かき氷喫茶「バンパク」店主の伏野亜紀さん。

かき氷のメニューといえば、
昔は数種類しかありませんでしたが、

今はシロップ以外にも
トッピングも豊富で
いろんな種類があって選ぶのも楽しいですね!

伏野亜紀さんのかき氷のお店「バンパク」では、
季節ごとに様々なかき氷を提供してくれるので、
大人気なんだとか!

伏野亜紀さんのかき氷のお店の場所やメニューを
調べてみました!

伏野亜紀の年齢などのプロフィール

伏野亜紀

名前  :伏野亜紀(ふしの あき)
出身  :和歌山県
生年  :1984~1985年
年齢  :34歳
職業  :かき氷屋店主

和歌山県で生まれ育った伏野亜紀さんは、
スタイリストになりたいという大きな夢を抱き、
東京へ上京。

専門学校に行っていたのかどうかは不明ですが、
行っていたとしたら東京でしょうね。

スタイリストになるには、
まずアシスタントから始めますが、
それがまあ、大変だそうで、

休みが無く、拘束時間も長く、
薄給・・・。

という過酷な生活なのだとか!

詳しくは渡辺直美のスタイリストである大瀧彩乃さんの記事で

アシスタント時代を乗り越え、
ようやく一人前のスタイリストとして
仕事が入り始めた矢先に膝を痛め、

仕事ができなくなってしまいました・・・。

スタイリストさんは、
忙しく重いものも運びますから、
酷いケガだったのでしょうか?

仕事が出来なくなるほどとは、
重症だったのでしょうね・・・。

夢だったスタイリストになり、
やっと一人前だと認められたときだったため、
伏野亜紀さんは人生に絶望を感じたといいます。

その後、伏野亜紀さんは、
フリーのスタイリストへ。

事務所所属ではなく、フリーになることで、
足への負担を減らしたんですね。

さらに、
小さいころから、かき氷をよく食べていて、
かき氷屋さんを巡って月数万円はかき氷を食べることに費やしてきた
伏野亜紀さんは、

「かき氷屋さんはおばあちゃんが営んでいるイメージから、
長く続けていける仕事だと考えた。
しかも好きなことで地元をアピールすることが
できるなんてすてきだと思い開業を決意した」

https://sancha.keizai.biz/headline/254/

とのことで、
かき氷専門店を開業しました。

真冬にオープンしたのにも関わらず、
地元和歌山のみかんを使った美味しいかき氷があると、
口コミで話題になり、

アッという間に人気店になりました!

伏野亜紀のかき氷喫茶「バンパク」の場所は?

お店の名前は、「バンパク」。
岡本太郎が好きで
大阪万博が由来だそうです。

お店の場所は、東京都の三軒茶屋にある
「LIVE BAR 三軒茶屋 Come Together」
に2015年2月1日に出店されています。

日中の時間を借りての間借り営業ですね^^

https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/13909

夜はライブバーなので、
店内には楽器が置いてあり、カウンターもありますので、

昔ながらのおばあちゃんが営むかき氷屋という
雰囲気はあまりないかもしれませんね(笑)

http://www.mstp.info/tet/cafe/banpaku/

住所:東京都世田谷区太子堂2-23-5 B1
営業時間:12時~18時(LOは17時半)
(時に終了時間変更あり・氷がなくなり次第終了)
定休日:不定休

テーブル席5席で
お客さんの定員は10人まで!

メニューは季節によって変わり、
出身地でもある和歌山県産の果物を基本に、
一番旬のフルーツを使うこだわりがあります。

シーズンごとに違う味が食べられるのが
「かき氷喫茶バンパク」の醍醐味ですね!

伏野亜紀のかき氷喫茶「バンパク」のメニューは?

「いつ辞めても悔いはない」
というほどかき氷に全力を傾けた伏野亜紀さんのかき氷。

バンパクのかき氷は純氷を丁寧に削り、
シロップや練乳はなんと全て手作りです!

しかも、
シロップを三層に分けてかけているので、
最後までしっかりとシロップの味を楽しむことができます!

和歌山県産の有田みかんを使った
「和歌山みかん」(700円)をメインに、

「和歌山無農薬ほうじ茶」(700円)

「和歌山無農薬ほうじ茶ミルク」(750円)

「ヨーグルトミルクにミックスベリー」(800円)

「かぼちゃミルク」(800円)

「いちご」(以上800円)

「いちごミルク」(850円)

などなど。

画像が確認できたのは、

「苺のコクテイルみるく(大人限定)」

https://sarah30.com/かき氷?station=5721

最初は甘い苺みるく→途中でガツンとブランデー→
最後はまた苺みるく。
希望で追いブランデーも付けられるそうです。

「チョコミント」

https://sarah30.com/かき氷?station=5721

珍しいチョコミントのかき氷。
爽やかなミントの香りをかなり強調してあるようで、
チョコミント好きには堪らない一杯です

「紀州梅と梅酒梅(大人限定)」

スポンサーリンク

https://sarah30.com/かき氷?station=5721

甘じょっぱい刻み梅酒梅と白あんは良く合う。
梅のおかげで白あんがもたれずサラサラ食べれます。
梅酒使用のため大人限定ですが、アルコール弱め。

「桜あんと黒ごまみるく」

https://sarah30.com/かき氷?station=5721

濃厚な黒ごまみるくベースに、
トップは桜あん。緩めのペースト。中には豆が入ってます

「はちみつ檸檬レアチーズ」

http://www.mstp.info/tet/cafe/banpaku/

はちみつの味がほんのり少しだけするのが、
とてもいいです。

「マンゴー杏仁ミルク」

http://www.mstp.info/tet/cafe/banpaku/

「いちご杏仁みるく」

いちご自体たしかに甘過ぎないんですが、
杏仁とうまく相殺していて、
見た目によらず意外とさっぱりと食べやすい。

「和歌山みかんレアチーズ」

https://sancha.keizai.biz/headline/432/

甘酸っぱいみかんシロップと
さっぱりしたレアチーズソース。

みかんの酸味はレアチーズソースと
一緒に食べるとまろやかに!

レアチーズソースは、表面だけじゃなくて
中にも入っているので、最後まで味わいが楽しめます^^

そのほか、ホットドリンクの

「和歌山無農薬ほうじ茶」(400円)
「和歌山無農薬紅茶」(400円)

もあります。

TwitterやFacebookでその季節、
その日のメニューがアップされていますので、
事前に見ておくといいかもしれませんね^^

また、Twitterでは、
入店に際しての注意事項があります。
狭い店内で皆さんが気持ちよく食べるために
必要なことなので、
事前にチェックしてみましょう。

かき氷喫茶バンパクのTwitter

かき氷バンパクのFacebook

伏野亜紀のかき氷喫茶「バンパク」の評判・口コミは?

・氷の作りが丁寧でくちどけが良い

・氷の温度管理が絶妙!頭が痛くならない

・ふんわりと丸い形がかわいい

・接客が丁寧(丁寧さがかき氷にも表れている)

・カキ氷愛&和歌山愛に溢れたお店です

・甘いだけではなく、さっぱりとした風味のメニューもある

・杏仁みるくもチョコミントも最高においしかったです!
開店ぐらいに行くのがおすすめ!

でもどうしてもお店に行けない遠方の方は
やはり自宅でふわふわのかき氷をつくるのが一番ですね!

 まとめ

かき氷に地元和歌山の食材を使うことで、
地元に貢献し、アピールできると
考えている伏野亜紀さん。

かき氷愛と地元愛に溢れた素敵な方でした^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする