五十嵐俊幸の戦績や獲得賞金は?嫁や子供はいるの?入場曲はあの曲!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

五十嵐俊幸選手の戦績や獲得賞金を調べてみました。

12月31日の大晦日に東京・大田区総合体育館で、

プロボクシング元WBCフライ級王者・五十嵐俊幸(33=帝拳)が、

WBO世界フライ級王者・木村翔(28=青木)の初防衛戦に挑みます。

13年8月に八重樫東(大橋)に判定負けし、世界王座を失って以来の世界戦に、

「4年半ぶりの世界戦。すごく興奮しているし、楽しみ。」と語る五十嵐俊幸選手。

元世界王者の戦績や獲得賞金、嫁や子供はいるのか、調べてみました。

五十嵐俊幸選手のプロフィール

生年月日   1984年1月17日(33歳)

出身     秋田県由利本荘市

血液型    B

趣味     犬と遊ぶ

身長     166㎝

リーチ    169㎝

スタイル   左ボクサーファイター

趣味が犬と遊ぶことのようですので、自宅で飼っているでしょうか?

身長よりリーチの方が長く、ボクシング体形なんですね。

五十嵐俊幸選手の戦績

① アマチュア戦績

95戦  77勝(16KO・RSC)18敗

② プロデビュー後の戦績

25戦  21勝(11KO)2敗・引き分け2

2012年7月16日、WBC世界フライ級王者ソニー・ボーイ・ハロ(フィリピン)

に判定勝し、王座を獲得。

2013年4月8日、八重樫東選手に判定負けし、2度目の防衛に失敗。王座から陥落。

アマチュア時代に一度も負けたことが無かった相手に負けてしまいました。

五十嵐俊幸選手の獲得賞金

日本チャンピオンになってからのファイトマネーは、

1試合に付き100万円程。

世界チャンピオンになってからは、

1000万~5000万円とも言われています。

開きがあるのは、選手の人気度によってTV視聴率が変わるので、

それに伴ってスポンサーの数、放映権料金も変わるからです。

五十嵐選手の場合、

日本チャンピオンになってから9試合、

世界戦も9試合していますので、

これまでの獲得賞金はおそらく9900万円前後なのではないかと思われます。

スポンサーリンク

五十嵐俊幸選手は嫁や子供はいる?

五十嵐俊幸選手には、現在44歳で、11歳年上の奥様と、

7歳のお子さんがいらっしゃいます。

プロボクサー一本で生活できるのは日本チャンピオン以上だと言われているので、

日本フライ級のチャンピオンになった2008年以降に結婚したのでしょうか?

11歳年上の姉さん女房が傍で支えてくれれば、安心ですね。

五十嵐俊幸選手の試合での入場曲は?

五十嵐俊幸選手は聖飢魔Ⅱの大ファンだそうです。

ボーカルのデーモン閣下とも親交があり、入場曲はもちろん聖飢魔Ⅱの曲で、

今までは「EL DORAD(エルドラド)」を選んでいます。

ちなみにエルドラドは「黄金郷」という意味です。

ジムでのエアロバイク中も、聴いているのは「エルドラド」。

趣味でギターを弾く五十嵐俊幸選手は、

秋田・西目高時代にバンドを結成し、ドラマーとしてライブを経験しています。

当時から聖飢魔Ⅱのファンだったようです。

入場曲の歌詞には

「早くゆけ 早くゆけ 消えてしまわないうちに辿(たど)り着け 夢にまで見た黄金郷」

とあり、気持ちを高ぶらせるメロディーに乗って、試合に臨んでいるのですね。

まとめ

2013年にWBC王座から陥落、今年4月の試合で3回負傷負けと左眼窩底骨折で引退も考えたという五十嵐俊幸選手。

今回の日本人同士の世界戦は、背水の陣として挑む五十嵐俊幸選手がベストな試合ができるよう祈ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする