飯田将太の年収やお店や家族は?ラーメン屋の評判や口コミと子連れOK?

スポンサーリンク

1月7日の情熱大陸は、新進気鋭のラーメン店主

飯田将太さんが特集されます。

「らぁ麺屋 飯田商店」は湯河原にある超人気ラーメン店で、

開店前には整理券が配布されるほどです!

これほどの人気店は管理人の住む街には見当たりません!

人気ラーメン店主の年収や実際の評判などを掘り下げていきます!

飯田翔太の経歴やプロフィール

名前 :飯田将太(いいだしょうた)
生まれ:1977年生まれ
出身 :神奈川県真鶴町
所属 :らぁ麺屋・飯田商店

飯田将太さんは大学を卒業後、

日本料理の奥深さに惹かれ、日本料理店で働き始めます。

しかし、25歳の時、

水産加工業を営む実家の事業に多額の借金があることが発覚し、

日本料理店はやめて実家に帰って働くことにしました。

家族の借金とはいえ、多額の借金の為に、好きな事を諦めるのは覚悟がいることだったでしょう。優しくて男気のある方だと想像します。

借金返済のため、叔父が経営している「ガキ大将ラーメン 湯河原店」の店主となり、

8年間ほぼ無休で働いたそうです。

そんな中、

昔、「ガチンコラーメン道」の鬼講師として有名だった、

ラーメンの鬼こと佐野実さんのラーメンを食べた時に衝撃をうけて、

オリジナルの味で勝負を!と奮起します。

出典:www.nonomi.jp

2010年、32歳で「らぁ麺屋 飯田商店」を開業します。

衝撃をうけるほどのラーメンってどんな味だったのでしょうか。

こちらも気になりますね。

そして、「TRYラーメン大賞 2017-2018」で最高賞を受賞

多くの美食家やラーメンファンが並ぶ大人気ラーメンを作り上げます。

借金を返すだけにとどまらず、

そこからラーメン道を極めようとする姿にプロとしてのプライドや、

いい加減な仕事はしない、誠実な人柄が表れていると思います。

飯田翔太の家族は?

飯田翔太さんには、二人の息子さんがいらっしゃいます。

有限会社飯田商店の取締役に「飯田美津子」という名前がありましたので、

奥様は「美津子さん」かもしれません。

奥様の年齢はわかりませんが、

飯田翔太さんの年齢から察するに、

お子さんはまだ小学生くらいなのでは?と思います。

ラーメンの研究とお店が忙しいために、

家族サービスが出来ないことが悩みなんだそうです。

常に進化し続けるために、家族との時間を削っているのですね。

奥様は子育て大変でしょうが、

飯田さんのストイックさに惹かれたのかもしれませんね^^

飯田翔太(らぁ麵屋 飯田商店)の年収は?

飯田翔太さんは、

有限会社飯田商店の代表取締役で、

その事業内容は、

海産物加工

土産品

玩具販売

ラーメン用調味料の製造・販売など幅広く手がけています。

また、

2005年には、叔父が経営する
ガキ大将ラーメン湯河原店の営業を継承し、

2013年6月に、「しあわせ中華そば食堂にこり」を開店

現在、大人気ラーメン店2店舗に加え、

その他の事業からの収入もあります。

ですから、

ラーメン屋店長の平均年収が800万円前後と言われていますが、

これだけの人気店となるとそれ以上は確実かと思われます。

全てを含めると\3000万程度はあるんじゃないでしょうか。

しかし、最初のうちは収入があっても

先代の借金の返済の為に、

飛んでいくだけで辛かっただろうと察します・・・・。

飯田翔太(らぁ麵屋 飯田商店)のお店の場所は?

らぁ麵屋飯田商店の場所

営業時間:午前11時~午後3時(または材料終了まで)
定休日: 毎週月曜日と、毎月第3火曜日、休業(祝日の場合翌日)

※年末年始等その他の休業日は、随時ホームページに掲載。

住所

〒 259-0303神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
電話 0465-62-4147

JR湯河原駅より徒歩9分、

門川ハイヤー前の「まごころ薬局」の角を曲がって徒歩30秒。

姉妹店しあわせ中華そば食堂にこりの場所

営業時間
月・水~土曜日 11:00〜15:00・18:00〜22:30(ラストオーダー22:00)
日曜日             11:00〜22:30(ラストオーダー22:00)

スポンサーリンク

定休日 火曜日

住所
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2丁目3-16
(※ガキ大将ラーメン湯河原店の跡です。)


飯田翔太(らぁ麵屋 飯田商店)の評判や口コミは?

Googleの口コミより一部引用

全国食べ歩いてきたが、ここが醤油ラーメンの頂点と思う。究極の醤油ラーメンである。ご飯もかまど?で炊いているようで、尋常じゃなく美味い。たぶんもち米入ってる。全てが究極までこだわってる。ラーメン好きな人はここは来ないとダメだよ。順番取りは独特のシステムがあるので、添付の画像を見てください。てかスタッフの女性はあれはなんであんなに美人なんすかね?なにもんでしょうか?一般人じゃないでしょ。全国ラーメン食べ歩くと、ここの凄さが分かりますよ。ラーメン屋でご飯をかまどで焚いてる店なんて他に無いよwとにかく「美味いものを作る」ことに対するこだわりが尋常じゃないです。感動しました。ありがとうございました。

週末のランチタイムになると2時間程度の行列ができるという名店です。店内は寿司屋か蕎麦屋かというような清潔感ある上質なインテリアです。もちろんラーメンは絶品。行列に並ぶ時間も含めてエンターテイメントと捉えて楽しみたいお店です。

ラーメンはお蕎麦のような細い麺。濃くのある醤油味。2種類のチャーシュー 。ゆず入り。
煮干しラーメンは平打ち麺のあっさり系。ネギが入り。
つけ麺は麺が旨い!
ワンタンも2種類のワンタン入り。
他、バターごはん。ごはんは土鍋で炊いています。
店舗内は外観にはんし、素晴らしく綺麗。
服装、身だしなみ、割りばし、つまようじまで料亭風のこだわりあり。
駐車場は店舗前と道を対角線に渡った場所に10台数台あり。

さっぱりしていますが、しっかりした味!大変美味しいです。
22人入れます。1回転30~45分だと思います。整理券がある場合は、10時50分に店前に集合で番号順に入ります。遅れると無効になるので気を付けて。

濃い味でごまかさない、真面目で奥深いラーメンです。
醤油ラーメン:旨味の詰まった甘めの醤油と豚と鳥のチャーシューがとっても合います。
つけ麺:ぬるりとした鰹と昆布の出汁に浸っているので、別添えの「塩」だけでも食べられます。「湯河原産の柑橘」で味を変えながら醤油ベースのつけだれで食べます。
初めての訪問では何を食べるか悩みますが、まずは醤油ラーメンを食べてみるのが良いのではないでしょうか。

店内がとても綺麗で、ゆったりとしたスペースでラーメンを食べることができます。女性のスタッフ、美人でした。肝心のラーメンですが、醤油を食べました。美味しいが、また行きたいか、と問われたら、そうは思わないというのが私の感想です。好き好きですからね。

やはりかなりの待ち時間はありそうですね。

お店の外観は少し古いですが、店内はオシャレな感じみたいです。

そして美人な店員さんが、小料理屋のように接客してくれるようです。

また、お口に合わない旨のコメントもありますが、

人それぞれ好みはありますから、しょうがないですよね・・・。

らぁ麵屋・飯田商店のカップラーメンがある!

飯田翔太さん監修のカップラーメンも発売されています!

麺量70g。415kcal。塩分7.9g。200円。

スープ・かやくの豚肉・メンマにもしっかりとした味付けがされています。

麺がおいしくて、スープをよく拾ってくれる麺です。

らぁ麵屋・飯田商店は子連れでも大丈夫?

平均2時間待ちのお店なので、小さなお子様は待っていられず、

また、店内には小上がりが無いようなので、ちょっと厳しいかもしれませんね^^

口コミにもあったように、すごくきれいな店内ですね!

その代わり、姉妹店の「しあわせ中華そば食堂にこり」は小上がりもありますので、

子連れのファミリーにも利用しやすいと思います。

まとめ

飯田翔太さんが最近夢中になっているのは、

お蕎麦の食べ歩きだそうです。

日本の麺料理と言えば、蕎麦。
いつかラーメンを蕎麦以上の日本の文化にしたいと
日々研究されているとのこと。

この探究心があるからこそ、
オリジナルの味を作ることができるんだと思います。

プロ中のプロの料理人ですね。

スポンサーリンク