飯島望未(バレエダンサー)の身長や結婚と年収は?体重管理の食事法は?

スポンサーリンク

セブンルールに出演されたバレエダンサーの飯島望未(いいじま のぞみ)さん。

大阪府出身の関西弁が可愛らしいですね^^

163㎝のスラっとした体形から生み出されるしなやかな動きは

憧れてしまいます!

15歳でプロ契約をされてダンサーとしては11年目のキャリアの持ち主で、

アメリカの名門、ヒューストン・バレエ団で、

ファースト・ソリストとして所属され、

その私服のセンスが人気を呼んでいるファッショニストでもあります!

今回は飯島望未さんの結婚や家族と、気になる年収などについて調べてみました!

飯島望未の出身などのプロフィールは?

飯島望未

https://numero.jp/33_20170529/

名前  :飯島望未(いいじま のぞみ)
生年月日:1991年8月6日
年齢  :26歳
出身  :大阪府
身長  :163㎝
所属  :ヒューストン・バレエ団
好きな映画:ローマの休日・ウェス・アンダーソン監督の作品
好きな音楽:フリートウッド・マック、ザ・スミス

飯島望未さんは世界的に活躍されているバレエダンサーで、

シャネルの新アイコンウォッチ「ココ コード」のアンバサダーモデル

を務めたこともある、モデルでもあります。

飯島望未

https://spur.hpplus.jp/jewelry_watch/news/201802/25/kYMHgVA/

雰囲気あってとってもブランドのイメージにピッタリですね^^

飯島望未さんは、

SNS「インスタグラム」で、そのファッションのセンスが

世の女性たちに評価され一躍有名人になっています。

現在では、飯島望未さんのインスタグラムのフォロワーは、

なんと248000人と非常に多く、

バレエダンサーでありながら、

その辺のテレビに出演しているモデルさんよりもファンが多いのです!

飯島望未さんが、

バレエ以外にこういった活動を積極的に行っているのは、

バレエを広めたいからだそうです。

ファッションをきっかけに私のインスタを見て、

「この人バレリーナだったんだ、じゃあバレエを観に行ってみよう」
と思ってもらえたらと……。

バレエに馴染みのない人たちにアピールする、
ひとつのきっかけ作りもかねて続けています。

https://balletnavi.jp/article/pickup/20170510-3709/

実際「インスタで飯島さんを知り初めてバレエを観に行きました」

というコメントをいただくこともあるそうですね^^

飯島望未の経歴は?

飯島望未さんがバレエを始めたのは6歳の時。

Baby nozo. #TBT #5yearsold

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿 –


肩が内側に入ってしまい、姿勢が悪かった飯島望未さんを矯正しようと、

バレエ教室に連れていったことがきっかけだったそうです。

このバレエ教室は「ソウダバレエスクール」で、

有名なバレエダンサーの木田真理子さんも出身です!

ソウダバレエスクールHP

木田真理子の結婚や夫と年齢や大学は?公演やバレエの年収とブノワ賞とは?

バレエにのめり込んでいったのは、

極度の負けず嫌いだったからだそうです。

元々勉強やピアノなど、

やれば何でも出来るほうだったという飯島望未さんですが、

体験教室では全然思ったようにできなくて、

悔しい思いをされたそうですね。

また、いまでも親友の3人の友達も、

全員負けず嫌いで切磋琢磨し、バレエの技術が向上していったそうです!

当時はまだ小学生でしたが、

ライバルの誰よりも先にプロになりたいと思っていた飯島望未さん。

シャイで内向的な性格でしたが、

舞台で踊っているときだけは、別人と言われるほど自分を表現できるそうで、

ステージで踊ることが居心地がよく、

バレエの魅力に染まっていきます。

たゆまぬ努力でめきめきと頭角を現し、

13歳のとき、NYで行われた「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位入賞。

そのコンクールのときも、私の踊りをとても喜んでくれて、
それがすごく嬉しかった。
このお客さんたちの前でもっと踊りたい、もっと喜ばせたい

https://numero.jp/33_20170529/

そう思った飯島望未さんは、奨学金を得て、

15歳で単身渡米し、

アメリカ5大バレエ団である、

ヒューストン・バレエ団と最年少でプロ契約を果たします。

毎日の厳しい練習や言葉の壁が辛かった時期もあったそうですが、

奨学金があるとはいえ、

親にも経済的に負担をかけているので、

留学を決めたときから

“1年で絶対にプロ契約取る”

と決めていたんだそうです!

有言実行!素晴らしいですね^^

2013年には、

アメリカのダンスマガジンで「25人のいま観るべきダンサー」に選出されます!

2014年にはソリストに昇格するという栄誉がありながらも、

2015年、同バレエ団を退団してしまいます。

その理由は、

「同じ環境、メンバーで続けていても成長がないなと。
すごく恵まれた状況だったのですが、
それが当たり前になって、なあなあになっていく自分がイヤでした」

ヒューストン・バレエ団を退団した後は、

東京に一時帰国され、

日本を拠点にフリーランスのダンサーとしての活動をされていたそうです。

そして2016年からは、

幅広いけれども有名な演目しか公演しないアメリカに対して、

ヨーロッパは振付家の作品や新しくオリジナル作品を創作することが多く、

演技の幅が広げられると思った為、

スイスのチューリッヒ・バレエ団に所属されています。

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/15_gala/cast07.html

しかし、バレエのスタイルが違うチューリッヒ・バレエ団では、

監督の求める演技が出来ないことを感じ、

ヒューストン・バレエ団にに戻ることを決意したのだそうです。

アメリカではトップダンサーでもヨーロッパでは、

監督と折り合いがつかずに

鼻をへし折られた形になりましたが、

それは決して挫折とは思っておらず、

多くの作品を見てすごく勉強になり、今に生きているのだそうです。

所属するバレエ団によって求められる演技が全然違うんですね!

アメリカでの居心地のよい地位を捨てて、

新しい挑戦をされた飯島望未さんは、

勇気のある人なのですね^^

2017年7月に再びヒューストン・バレエ団に復帰。

現在は、

世界中から60人の精鋭が集まるヒューストン・バレエ団の中で、

スポンサーリンク

最上位のプリンシパルに次ぐファーストソリストとして、

活躍されています。

飯島望未の食生活とは?

バレエダンサーなので、食事には気をつけて、

体重管理されているのかと思いましたが、

「うーん。正直、ダイエットとかはあまり気にしたことなくて…。
というのも私、バレエ中心の生活になってからはずっと一日一食なんです。

朝と昼はコーヒーを飲むくらいで、きちんと食べるのは夕食だけ。
でもこういう形になったのも、
私は踊る前に食べると気持ち悪くなっちゃうからで、
特に体型維持のためとかではないんです」

https://medicommi.jp/12971

と語っていました。

一日一食しか食べないんですね!

飯島望未さんより運動していない管理人は3食・・・。

一食だけな分、夜はがっつり、好きなものを好きなだけ食べてるし。

朝や昼に何か口にするとなんとなく身体が重く感じるので、
今の食生活が私には合ってるんでしょうね。

https://medicommi.jp/12971

おにぎりなどの炭水化物や焼肉も大好物で、

超ストイックな生活はされていないようです。

飯島望未さんといえば、透明感のある白い肌がきれいですよね^^

美容に気をつけていることは、

冷やさないことや、

朝起きたらすぐに白湯を飲むなど、

常温の水をよく飲むそうです。

また、スキンケアは、

「イソップ」をラインで揃え、

チャームツリーの化粧水や

ジョンマスターのオイルなど、

オーガニックブランドのものが多いそうです。

おすすめの体幹トレーニング法としては、

「ヒップリフト」
仰向けに寝てヒザを立て、お尻を上げ下げする運動

「ジャイロトニック」をお勧めしていました。

これはバレエダンサーにとってベストなトレーニングで、
筋肉を正しく使えるようになり、身体のラインも美しくなるそうですよ!

飯島望未さんは、体幹の強化をとても大事にしており、

プランクは毎日1分半を3セットくらい、

練習の合間の休憩時間には、

スタジオの横でプランクをしていたりもするようです!

毎日の積み重ねであのような抜群のスタイルなのでしょうね!

飯島望未の服のセンスは母譲り!

飯島望未さんの母親がおしゃれ好きで、

いつも着る物には気をつけていたようで、

その影響が大きく、

身に着けるものに気を遣うのはとても自然なことなんだそうです。

とはいえ、

学生のころはずっと母親が洋服を選んでくれていたので、

自分で買ったことは無かったそうですね!

お母さん自身がファッションにこだわりがあり、

ふりふりのレースが付いたいわゆる女の子らしい洋服は

絶対に着せてもらえなかったのだとか。

飯島望未さん、可愛いですし、

お母様は自分の好きな洋服を着せて楽しんでいたのでは?^^

そんな飯島望未さんが、

おしゃれに目覚めたのはアメリカのヒューストンに行ってからで、

現地でいざ洋服を買おうとしたら、

自分の好きな服がわからなくて、

雑誌などを見て研究したそうです。

ちなみにファッションでこだわっていることといえば、

服のラインがきりっと出るような、構築的なシルエットが好きで、

持っている服は、ハリ感のある生地のものばかりだそうです。

ダウンジャケットやムートンブーツのような、

ふわふわ、モコモコしたものは身につけない主義で、

寒さはレイヤードでしのいでいるそうです(笑)

🖤 #outfit#fashion#tb #いつかの#ファッション#アウトフィット #コーデ#streetstyle

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿 –

めちゃくちゃオシャレですよね!!
ファッションショーができそうなくらいです^^

同じVasicのバッグの2018年新作がありました!

【2018春夏】ドロワット ロートレアモン / Droite lautreamont 【VASIC】BOLDER MULTICOLOR

飯島望未の年収は?

国内のバレエ団に所属している場合、

お給料だけでは生活バレエの世界ですが、

外国では芸術を大事にされていて、

日本よりも全体的にお給料はいいようです。

大きい国公立のバレエ団では地位によって、

およそ以下の年収なのだそうです。

プリンシパル:約1200~1000万円
ソリスト:500~800万円前後
コールド:約400万円前後

プリンシパルやソリスト級の方たちは

ゲストで他のバレエ団の公演やフェスティバルに招待されるので、

ギャラも副収入で入ります。

ですので、あくまで予想ですが、

飯島望未さんは年収1000万程はあるかもしれませんね^^

飯島望未の家族は?

バレエを習って、

海外へバレエの研修をされていたという経歴があるので、

とても裕福なイメージがありますが、

飯島望未さんは、母子家庭で育っており、

経済的には苦しく、実のところ、

バレエを辞めて欲しいと言われていたのだそうです。

そして、兄弟は何と4人!!

インタビューの中でこう答えていました。

——日本にいる間にしたいこと、帰国時の楽しみといえば?

一番はやはり家族や友達に会うことです。私は4人兄弟なので、飯島家はいつも賑やかです(笑)。

https://balletnavi.jp/article/pickup/20170510-3709/

お兄さんはブレイクダンサーで、

その動きを見てバレエに生かしているそうです。

実は、私の兄がブレイクダンサーで、
彼らのハウスダンスなどのいろいろなステップをよく見ていました。
ハウスダンスは足のステップが巧妙ですし、
彼らは音楽の取り方がうまくてカッコイイんです。

https://thefifthsense.i-d.co/jp/hiro/nozomi-iijima/

飯島望未は結婚してる?

キレイでバレエの才能があって、オシャレな飯島望未さんなので、

絶対にモテると思うのですが、

結婚の情報はありませんでした。

まだ26歳で、昨年ヒューストンバレエ団に移籍したばかりですから、

今はバレエに打ち込んでいるのでしょう。

結婚する男性にも注目が集まりそうですね^^

まとめ

「いつかバレリーナを引退したら、

その後は次の世代のバレリーナをサポートしていく側に

まわりたいと思っています。」

という飯島望未さん。

Instagramもバレエを知ってもらうために続けているそうですし、

バレエが本当に好きなのですね^^

これからの活躍やInstagramのファッションも注目ですね!

スポンサーリンク