岩渕麗楽の出身中学・高校は?技や身長は?オリンピック出場なるか?

スポンサーリンク

12月8日、スノーボード・ビッグエアのW杯が、

米コロラド州のコッパーマウンテンで予選が行われ、

15歳の岩渕麗楽(キララクエスト)が90・00点の1組1位で

10日の決勝に進出しました!

まだ15歳の高校生、岩渕麗楽さん。

スノーボードは10代選手の活躍がすばらしいですね!

岩渕麗楽さんはどんな女の子なのでしょうか?

岩渕麗楽さんの出身中学・高校と体重は?

岩渕麗楽さんのプロフィール
名前            岩渕麗楽(いわぶち れいら)
生年月日  2001年12月14日
出身    岩手県一関市東山町
中学    東山中
高校    一関学院高校
身長    149cm
体重    44kg

  

身長が149㎝ととっても小柄な岩渕麗楽選手。

まだ高校生ですので、これからもう少し伸びるかもしれません。

スノボやサーフィン等の回転系のスポーツは身長が低くても有利だそうなので、

日本人でも活躍しやすいのだとか。

日本サーフィン界をひっぱるアスリートはこちら

大原洋人選手は結婚しているのか?プロ契約しているスポンサーはどこなのか? お姉さんも有名な選手ということで、調べてみました! ...

趣味は「読書、映画鑑賞、お菓子作り」

シュークリームだけ1回で作れなかったそうですよ^^

とっても女の子らしい趣味ですね。

好きな食べ物は「マスカット」

1ヶ月毎日食べてもいいくらいらしいです。

好きなアーティストは アレッシア・カーラ

と、

ここまではごく普通の高校1年生っぽいのですが、

岩渕麗楽選手のブログ

https://ameblo.jp/reira1214/ の中で、

一つだけ願いが叶うとしたら?

という質問に、

「なにかを成し遂げる為に努力できること」

と書いてあります。

「何かを成し遂げること」ではなく、

「努力できること」

が願いごとに書けるって素晴らしいことだと思いませんか?

やはり、世界を見据えている人は、努力の天才なのでしょうか?

 岩渕麗楽選手の経歴は?

岩渕麗楽選手は、4歳の頃スノーボードを始めました。

緩い下り坂でスケートボードで遊んでも怖がらない岩渕麗楽選手を見て、

父は「この子才能があるな」と思ったそうです。

岩渕麗楽選手小学校に上がる前は、寒さが嫌で、スノーボードの練習は年に2~3回しかしませんでしたが、

保育園の卒園式の演台で「スノーボードのオリンピックに出たいです」と話すほど、

スノーボードが好きになっていました。

(管理人が5~6歳の頃、オリンピックという単語は知らなかったでしょうね・・・^^)

小学生になりターンができる様になるとスノーボードが楽しくなり、

滑るのが楽しくて、上達するのがうれしくて毎週末ゲレンデに通っ
たそうです。

一関市立東山小4年時、

世界スノーボード連盟主催でU-15世代のアジア予選に相当する

インディーパークジャムで優勝

小6時は「何をやってもうまくいかない時期」があったそうです。

しかし、努力を重ね、

スポンサーリンク

13歳でプロスノーボーダーになります。

東山中2年時に同年代の世界一を決めるワールドルーキーファイナル大会で優勝。

中3で世界ジュニア選手権で準優勝した昨季は、

全日本選手権も制覇し、着実に成長してきた岩渕麗楽選手。

成長に連れ、極めて多忙になってきた日々でも、

遠征先で勉強は欠かさないそう

世界に主戦場を移した今でも、学校の試験期間で早く帰宅し、

家族に手作りの夕食を振る舞う事もあるそうです。

お菓子作りだけではなくお料理も好きなんですね。

スポーツ・勉強・お菓子作り・お料理も出来るなんて、

岩渕麗楽選手はスゴイですね!色んな事が出来て羨ましいです^^

そんな岩渕麗楽選手。

「腰が普通の人よりもそり腰で、衝撃を受けたら、腰痛になってしまう」

中学時代から腹筋を鍛えています

高校からは地元のジムに平日の放課後、毎日1時間半通っています

「体脂肪率が2・5%ほど落ちました。

(トレーナーに)見てもらうようになってから、前よりも腰が回るようになった」と

腹筋を鍛えることが今の活躍に繋がってきているようです。

毎日1時間半の筋トレってハードです・・・。

目標が明確だからモチベーションを保って毎日続けられるのでしょう。

ものすごく応援したくなっちゃいます!

現在は平昌オリンピックの金メダルを目指している岩渕麗楽選手。

もし金メダルを獲った時には、父和弘さん(43)や母恵里香さん(44)にではなく、

妹の璃音さん(中2)に真っ先に知らせたいくらい、妹を大事に思っています。

妹はスノーボードを辞めてしまったので、妹と一緒に滑りたい気持ちから、

スノーボードを続けているそうです。

岩渕麗楽選手の技がスゴイ!

世界でまだ誰も公式戦で成功したことのない技が、

「フロントサイドダブルコーク1080」

公式戦では披露していませんが、岩渕麗楽選手は

今年10月、

中1から慣れ親しんだ宮城・村田町の練習場「東北クエスト」で成功させています。

この「フロントサイドダブルコーク1080」は

メインスタンス(滑る向き)に対して左回りに横3回転、縦2回転します。

成功したら現段階では、満点に近い点が期待できますが、

縦2回転は、頭から下に行くので、相当な恐怖心があります。

回転が足りないと頭から落ちます。

実際、岩渕麗楽選手も初めてやった時は頭から落ちました。

https://www.nikkansports.com/sports/news/201711230000339.html

と中学時代から指導している佐藤康弘氏は語っています。

一歩間違えば、大事故になりかねないこの技。

選手たちは命がけで競技に挑んでいるのですね

オリンピック出場は?

全日本スキー連盟のSNOW JAPAN 強化指定選手である岩渕麗楽選手。

今季開幕戦の9月のニュージーランドでのW杯で4位入賞を果たし、五輪派遣基準を満たしています

また、今大会(アメリカ・コロラド州 スノーボード・ビッグエアのW杯)では決勝に進んでいます。

実績が十分ですので、

順調にいけば、オリンピック出場の可能性は高いのではないでしょうか?

同じく、高校生スノーボーダーの大久保勇利選手はこちら

平昌オリンピックの出場をきめた スノーボード・ビッグエアとスロープスタイルの大久保勇利選手! 大会第2日目に スロープスタイル...

まとめ

金メダルを目指して日々努力している岩渕麗楽選手。

とっても可愛くて応援したくなります!

平昌オリンピックでは注目選手の一人です。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました^^

スポンサーリンク