ジバサとギバサの通販やレシピと栄養は?スーパーフードでNHKあさイチで紹介!

スポンサーリンク

NHKあさイチで紹介される、

秋田の男鹿半島では、郷土料理として、

「ギバサ」と「ジバサ」が取り上げられます!

スーパーフードなのだそうですが、

その栄養価やレシピなんかが

気になるところですね!

通販で購入可能かどうかも

調べてみました!

「ギバサ」の特徴と栄養は?

「ぎばさ」はホンダワラ科の

アカモクという海藻です。

秋田では昔から郷土食として

伝統的に食べられてきました。

日本海の荒波にもまれて育ち、

収穫が始まるのは5月下旬頃からなので、

春を告げる草とも言われます。

アカモクは日本国内の沿岸で

収穫されますが、

食用にするところは少ないそう。

アカモクは、成熟した後に海面を漂う

藻屑となってしまうため、

邪魔者扱いされてきました。

漁に使う網に絡まったり、

船のスクリューにひっかかったり・・・。

しかし、

近年その栄養価に注目が集まっているため、

食べなかった地方でも

積極的に水揚げしています。

地域によって呼び名が違い、

山形では「ぎんばそう」

新潟では「ながも」と呼ばれます。

そんな地域限定の郷土食は、

いまや秋田・八森地区の名産品として、

ネット販売や全国各地の物産展などで

みかけることが多くなりました。

「ぎばさ」で注目したいのは、

尋常ではないネバネバ度。

市販品は食べやすいように

一度湯通しして、

柔らかいところだけを刻んであるのですが、

お箸でかき混ぜるだけで、

ものすごい粘り気がでるのです。

一般的にわかめなどの

海藻類はネバネバしたものが多いですが、

「ぎばさ」の粘り気は超ド級!

お箸で持ち上げると

ひと塊になってしまうほど強力です。

実はこれが美味しさの元で、

フコイダン、鉄分、ミネラルなど、

人間にとっても大切なものばかり。

昆布やわかめにも含まれるフコイダンは

食物繊維の一種で、腸の調子を整えたり、

免疫細胞を活性化する働きがあります。

また、肝機能の向上にも効果があるとされるので

、お酒のおつまみにも好まれてきました。

その他、鉄分やミネラルなどの

栄養素を摂取できるだけでなく、

ノンカロリー!

とってもヘルシーな食材として注目を浴びています。

「ジバサ」の特徴と栄養は?

ジバサもギバサと同じく、

ホンダワラ科の海藻です。

山陰地方では神馬草(ジンバソウ)と

呼ばれており、煮物や漬物などに利用されています。

ギバサは秋田県以外ではほとんど

利用されていないと前述しましたが、

ジバサについては、日本海側の各地で

古くから利用さており、

高値で取引されているのだとか。

1~3月の冬の間だけしか採ることができず、

ギバサに比べて収穫量がとっても少ないので、

貴重な食材のようです。

「ギバサ」と「ジバサ」のおすすめレシピ!

アカモクは生のままだとヒ素を有しているので
必ず加熱する必要があります。

①水で洗う。
生のアカモクには泥などの不純物がついています。
水道水で綺麗になるまで洗いましょう。

②中心の茎から、葉だけを取り出す。
アカモクの茎は固くて食感が悪いので
取り除きましょう。
先端から根の方向に、
手でしごくようにすると簡単に取り外せます。

③取り出した葉の部分だけをすすぎ洗いする。
取りきれなかったゴミを取り除くために、
すすぎ洗いしましょう。

スポンサーリンク

④たっぷりのお湯で茹でる
色が緑色に変わるまで湯がきます。
おおよそ数十秒です。

⑤流水で冷やす
湯がいたアカモクをザルにあけ、
流水で冷やします。

⑥水を切って完了
ペーパータオル等で水を切れば完了です。
様々なお料理にお使い下さい。

海藻なので味がありませんが、

ポン酢やめんつゆ、

お醤油たらしたりしてもいいですし、

味噌でも おいしいんですって!

食べる前によ~く混ぜるのが美味しく食べるコツです。

喉越しがよく、するっと食べられるので、

食欲がない時にもオススメです。

味付けをせずにそばやうどんに入れると、

麺に絡んでおいしさも倍増で、栄養もたっぷりです。

そのまま入れても美味しいとあって、

簡単に食べられるのが高ポイントですね。

その他、ショウガやネギ、みょうがなど

お好みの薬味を混ぜれば味わいはさらに深くなります。

保存は、冷蔵なら1週間程度、

冷凍すれば半年は持つのも嬉しいところです。

「ギバサ」と「ジバサ」の通販は?

ギバサは、

ここまでの下処理をおこなった市販品も販売されています。

ジバサの通販も調べましたが、

通販で扱っているところは、

なさそうです。

ジバサを取り扱っていたサイトは、

品切れに状態です。

もともと収穫量が少ないので、出荷までは

難しいのかもしれません。

秋田県の男鹿市にいけば、

地元の商店や飲食店で購入または、

食べることができるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする