カシアス内藤の今現在と嫁や息子は?身長と現役の戦績は?ジムの場所は?

カシアス内藤さんは、元・世界ミドル級1位のプロボクサーでした。

引退後の現在はボクシングジムを経営され、

長男の内藤律樹選手と、次男の内藤未来選手もプロボクサーとして活躍されています。

全盛期は、

「和製クレイ」「東洋のクレイ」と呼ばれていましたが、

癌に侵され闘病していたんだそうですね・・・。

カシアス内藤さんの今現在の様子や現役時代を追ってみました!

カシアス内藤の出身や年齢などのプロフィールは?

カシアス内藤

http://blog.livedoor.jp/cm0786/archives/2012-04.html

本名  内藤 純一(ないとう じゅんいち)
階級  ミドル級
誕生日 1949年5月10日(68歳)
出身地 兵庫県神戸市

カシアス内藤さんは黒人のアメリカ兵と日本人女性との間に生まれたハーフで、

神戸生まれの横浜育ちです。

本名は内藤純一さんというそうで、

アメリカ名はロバート・ウィリアムス・ジュニアです。

見た目からは、アメリカ名のほうがしっくりきますね^^

カシアス内藤さんの父は2歳のときに朝鮮戦争で戦死されているので、

女手一つで育てられた感じだそうですね。

でも父が

アメリカ兵だったので強い遺伝子を受け継いでいるのだと思います。

カシアス内藤さんの経歴は?

現役時代は「和製クレイ」「東洋のクレイ」と呼ばれていた内藤カシアスさん。

クレイは、モハメド・アリの改名前の名前のカシアス・クレイからつけられたようですね。

神奈川県の野球の名門・武相高校に進学し、

ボクシング部に入部したカシアス内藤さんは、アメリカ兵の父の強い遺伝子と努力で

1967年にはミドル級の高校チャンピオンに輝いています。

素質に目をつけた船橋ジムの石川昭二会長が自宅に同居させて、

船橋ジムから1968年11月にプロ入りしました。

リングネームの”カシアス”は元世界ヘビー級王者の

カシアス・クレイ(米国=モハメッド・アリ)にあやかり、石川会長が命名したものです。

本人は偉大なボクサーの名前をつけることに気が重かったようで、

本当は、

父からもらった”ロバート・ウィリアムス・ジュニア”という名前を

そのままリングネームに使いたかったそうです。

重量級ですがスピードが売り物のサウスポーで、

強打と黒人とのハーフ特有の精悍な風貌もあり、人気が沸騰しました。

メキメキと実力を発揮し始め、層が薄い日本ミドル級で、

たいした壁もなくトントン拍子に勝ち上がりました。

1969年12月には新鋭賞を受賞。

1970年2月に無敗のまま15戦目となる日本ミドル級タイトルマッチで、

3度のダウンを奪い、鮮やかなKO勝ちで初タイトルを手にします!

1971年1月には、東洋ミドル級王座獲得!

しかし

東洋王座も韓国の柳済斗選手に6回KO負けで初黒星を喫し、

あっさりと手放してしまいます。

もともと気が優しくて精神面が弱かったカシアス内藤さんは、

以降は精彩を欠いた試合を続けるようになり、

1974年に表舞台から姿を消しました。

1974現役を引退します。

しかし、その4年後の1978年に突然復帰して連勝。

その姿に心を打たれたアリスの谷村新司さんは、「チャンピオン」を作詞作曲。

チャンピオンは、カシアス内藤さんの復帰2ヶ月後にリリースされました。

しかし、やはり勝つことが出来ず、1979年末に引退します。

燃え尽きたいのに、燃え尽きることが出来ないまま

39戦27勝(13KO)10敗2分で現役を引退されました。

晩年のことは写真集や、書籍に詳しく書かれているようです。

カシアス内藤さんと練習等の日常生活から実際の試合まで行動を共にした作家の

沢木耕太郎氏が復帰して再起を図るカシアス内藤さんの姿を克明に描いているそうです!

カシアス内藤、エディ・タウンゼント、内藤利朗、沢木耕太郎の4人。
この4人が共に戦ったボクシング世界戦のその後が主に書かれている。
本の4/5が写真となっており、世界戦までの写真と世界戦後の写真とで、
写真から伝わる緊張感が変わるのが分かった。一枚一枚の写真をじっと
見入ってしまう。

肉体と精神を極めた男は引退しても強い人間だなと感じた。

これを読む前に「一瞬の夏」を読めばもっと楽しめたかもしれない。
「一瞬の夏」を是非読みたいと思う。

スポンサーリンク

知人が面白いと言っていたので読んでみたら確かに面白い。ボクシングファンの私にとってはたまらなく面白いです。情景がリアルに書かれていて読んでいて引き込まれます。ボクシング好きな方にお勧めの一冊です。

カシアス内藤の今現在は?

現役を退いてからの2004年に咽頭がんを患ってしまいます。

それも、余命3ヶ月。

医者からは、

「放っておけば、余命は3か月。手術をすれば延命はできるが、
声帯の付け根にあるがんを取り除けば、声が出なくなる可能性がある」

といわれ、カシアス内藤さんが出した答えは、

「手術をせずに化学療法を行う」

でした。

理由は、カシアス内藤さんの恩師で

名トレーナーとして知られるエディ・タウンゼントさんと、

自分のジムを作ると約束していたからです。

「声が出なければボクシングを教えることはできないんです。その瞬間に指導せず、後から筆談で伝えても身体が覚えない。チャンピオンになれるような強い子は育ちません。エディさんの志や教えを、なんとしても次世代へ引き継ぎたかった。」

治療はとてもつらいもので、

放射線治療で喉が焼けただれ、唾液を分泌する部分も焼かれてしまったそうです。

それでも体力維持のために痛みをおして間食を続け、

25回に及ぶ放射線照射に耐え、がんは4分の1以下に縮小されます。

退院後8か月で「E&Jカシアス・ボクシングジム」を開設。

がんの告知から、ちょうど1年。恩師の命日に夢を叶えたんだそうです!

Eは恩師、Jはカシアス内藤さんのアメリカ名からの頭文字だそうですね。

絶対に恩師との約束を叶えるんだという強い気持ちが、免疫を上げたんでしょうか?

「余命3か月といわれたのが、8年生きている。退院後3年くらいまでは抗がん剤が処方されていましたが、実はほとんど飲んでいません。人間の免疫力は捨てたものじゃないですよ。ただし僕のがんは、切除したわけでも死滅したわけでもない。

休眠中というか、小康状態。先生にも『明日、目が覚めないかもしれないよ』といわれるけど、ボクシングの夢があるから病気のことは忘れられるし、がんの進行を気持ちが止めているんだと思う。僕が死ぬまでじっとしていてほしいと願っています」

https://news.mynavi.jp/article/20121228-a044/

カシアス内藤の妻・嫁は?

がんが小さくなっただけなので油断はできない状態のカシアス内藤さん。

今のところ小康状態にあるそうですが、

いつ再発するかわからないですね。

そんな夫をサポートしていたのが妻でした。

少しでも負担を減らして指導に専念してもらうために、

現在は妻がジム経営を切り盛りしてるそうですね。

ちなみに前妻とは二人の姉妹を授かり、死別され、

現在の奥様とは再婚で、

息子さん二人を授かっています。

長男の内藤律樹(ないとうりっき)選手は東洋スーパーライト級チャンピオンに!

次男の内藤未来(ないとうみらい)選手はライト級で活躍!

https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=9432&n=1

自分のジムから世界チャンピオンを生み出すことが夢のカシアス内藤さん、

ふたりの息子さんの頑張りも病と闘う強さになっているのでしょうね。

次男の内藤未来さんの記事はこちら!

内藤未来は120キロでダイエットで65kに!努力でプロボクサーに!

カシアス内藤さんのジムの場所は?

2005年に地元横浜市中区に開設された「ボクシングジム E&Jカシアス」の場所は、

〒231-0024 横浜市中区吉浜町1-9 エトアール吉浜2F
(JR根岸線石川町駅北口より徒歩1分)

TEL・FAX (045)662-9990


会長 カシアス内藤(元東洋ミドル級チャンピオン・元世界ミドル級1位)

営業時間
平日 15:00〜22:00
土曜日 13:00〜20:00
日曜日・祝祭日 休み

女性や子供も入会できるそうですよ!

料金
入会金 15,000円
月会費 一般:13,000円 高校生:10,000円 小・中学生:6,500円

まとめ

念願のジムをオープンし、息子二人とともに世界チャンピオンの夢を追いかける

カシアス内藤さん。

いつの日かリング上で夢が叶う瞬間がくることを願います。

スポンサーリンク