毛塚千穂の経歴と結婚は?大学や獣医師の年収と水族館の場所はどこ?

スポンサーリンク

セブンルールに出演の獣医師の毛塚千穂(けづか ちほ)さん。

神戸市立須磨海浜水族園で働く毛塚千穂さんは、
獣医師がたった一人という環境で勤務されています。

大阪府立大学生命環境科学部獣医学科で学び、
卒後にすぐ須磨海浜水族に園に獣医師として就職したので、

新人のころから、
今までほぼ一人で業務をこなしてきたのでしょうか?

この須磨海浜水族園には、600種・1万3千匹もの
生き物がいるので、
一人で全て診て回るのは、ものすごく
大変そうですね。

毛塚千穂さんの年齢や結婚しているのか、
獣医の年収などについて調べてみました!

毛塚千穂の年齢や出身などのプロフィールは?

毛塚千穂

http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2017/06/27/chiho_keduka_kankeiron/

名前  :毛塚千穂(けづか ちほ)
生年月日:1986年or1987年
年齢  :31歳
出身  :埼玉県
高校  :新潟県立新潟高校
大学  :大阪府立大学 生命環境科学部獣医学科
職業  :獣医師
所属  :神戸市立須磨海浜水族園

毛塚千穂さんは、出身は埼玉県ですが、
高校は新潟高校を卒業されています。

大学でソフトボール部に所属されていたそうなので、
スポーツの為に新潟高校を受験されたのかと
思いましたが、

新潟高校は公立の進学高校で、
進学校として新潟県内で一番!
東京大学や京都大学などの難関大学への合格者を
毎年輩出しています。

そして特段ソフトボールが強いというわけでも
無さそう・・・というか、
現在はソフトボール部そのものも無いようです。

産まれた出生地は埼玉で、小学生か中学生のころに
家族の転勤などで新潟に引っ越しされたのでしょうか?

寒い所が苦手という毛塚千穂さんなので、
埼玉から新潟に行った時は、
なかなか大変だったのかもしれませんね^^

毛塚千穂さんの経歴は?

毛塚千穂さんは新潟高校を卒業後、
大阪の大阪府立大学 生命環境科学部獣医学科に進学。

毛塚千穂さんは、
幼い頃から動物が好きで、将来働くなら
好きなことに関われる仕事がしたいと思ったから
獣医師を目指したのだそうです。

新潟から大阪の大学に進学されているのは、
寒いところが苦手ということと、

獣医学科の学舎が中百舌鳥キャンパスにあり、
「都会の中の田舎」の雰囲気があって魅力的だったとのこと。

獣医学部がある大学は全国に16大学しかなく、
新潟には獣医学部のある大学はありませんので、
自ずと県外の大学を視野にいれることになったのでしょう。

大学に入る時点で狭き門なのですね~。

そして、

6年間通うので学費は
国公立で1年535,800円×6=約324万円
私立で1年200~230万円×6=約1200万~1380万円
(入学金除く)

と私立はやはり高額になります。

1000万円も学費が違うのですね!
獣医学部を目指す家庭は裕福な家庭が多いのも
分かる気がします。

そして、

多くの獣医師は卒業後、個人の動物病院に勤務しながら、
研鑽し、自分の動物病院を開業というパターンが多く、

その他は、農協や製薬・食品会社・検疫所等で
働く獣医師もいるそうです。

獣医師の毛塚千穂さんは、
神戸市立須磨海浜水族園に勤務されています。

動物のなかでも特に大動物や野生動物が好きで、
野生動物に関われる仕事がしたかったから
水族館に就職したのだそうです。

また、獣医師としての仕事の中では、
「獣医師になった時からずっと繁殖に関わりたかった」

と語っております。
命を守り繋ぐことに獣医師としての
やりがいを感じるのだそうです。
水族館で獣医として働くのは
本当に大変かと思います。
水族館にいる海獣は
飼育動物でありながらも、来館者には野生の能力も
観て楽しんでもらわなければいけないので、
一筋縄ではいきません。
相手から敵対的な行動を感じ取ったら
すぐに野生に戻るうえに、
弱みを見せないよう病気であることを隠してしまうのです。
したがって、できれば病気になる前に
予防措置をとっておくことが重要となり、
日ごろから個体ごとの様子を観察しておく必要があります。
また、
絶滅が危惧されている生き物の
繁殖について研究をしています。
そうした社会貢献も水族館の使命であり、
そこに医療のスペシャリストとして関わる
獣医さんの大きな役割があります。
http://www.homemate-research-aquarium.com/useful/13849_aquar_034/
毛塚千穂さんも過去に、
日本の水族館では数が減少している
ラッコの飼育について加齢による病気の
原因を探るため、
母校である大阪府立大学に依頼し、
共同で研究発表もされたことがあるそうです。
昔と違い、海の環境も変化しているので、
海の動物たちも影響をうけ、
原因不明の病気もあるのでしょうか?
一度こういう本を読んでおいたいですね。

スポンサーリンク

海と環境の図鑑 [ ジョン・ファーンドン ]

水族園には600種・1万3千匹もの生物がいて、
600通りの治療法が求められ、
日々観察し続けるのは大変なことです。

しかもこの水族園には毛塚千穂さん一人しか
獣医師はおらず、
さらに新卒でずっと一人きりだったというのが
驚きです!

どんなお仕事でも、
最初は一人では右も左も分からないので、
先輩に聞いて経験と知識をつんでいくものです。

小塚千穂さんには獣医師の先輩はおらず、
新卒から全ての問題を自分で考え、検証し、
行動してきたのでしょう。

命を扱う獣医の仕事ですから、
その責任感は計り知れませんね!

それほどまでに動物を愛し、
獣医師の仕事にやりがいを持っているのでしょう。

毛塚千穂さんの年収は?

先述したように、
獣医師は大学を卒業後、様々な就職先があり、

その規模や職種によって収入の変動はあるかと
思います。

獣医師の平均年収は、

全体:525万4900円
男性:535万4900円
女性:489万1400円

https://www.nenshuu.net/shoku/cnt/shoku.php?shoku_id=10

となっています。

月収にすると、およそ
34万円~37万円です。

毛塚千穂さんの実際の年収ではありませんが、
これに近い年収だとしたら、

毛塚千穂さんのように1万3千匹もの
生物を一人で管理している獣医さんにしては
少ないのかなぁという印象です。

近年では動物病院は飽和状態にあり、
動物病院を開業しても1000万円の年収にも
満たないこともあるようです。

また時間外の仕事も多く、
勤務時間も長くなる傾向があります。
(生き物なので予想外の出来事などが多い)

6年間大学で学び、
勤務時間長く、拘束されるうえに、
お給料はそれほど高くないというのは
驚きですが、

その現状を知っても獣医として
働き続けるということは、
本当に動物が好きなのだなと思います。

毛塚千穂さんの結婚は?

毛塚千穂さんが結婚しているかとの情報は
ありませんでした。

とっても可愛いので、
彼氏くらいはいるのかもしれませんが、

忙しいので
なかなか会えなかったりするんでしょうね。

毛塚千穂さんが勤務する水族館は?

出典

毛塚千穂さんは、
神戸市立須磨海浜水族園で日々頑張っていらっしゃいます。

神戸市須磨区の須磨海浜公園内にある水族館で、
愛称「スマスイ」と呼ばれています。

【所在地】
〒654-0049 兵庫県 神戸市須磨区若宮町1丁目3−5

【開園時間】午前9時~午後5時
【電話】 078-731-7301

【入園料】
大人(18歳以上)   1,300円
中人(15歳~17歳)  800円
小人(小・中学生)500円
幼児       無料

【HP】www.sumasui.jp/
Instagram
Facebook

生き物だけではなく、アトラクションも
楽しめるようなので、
夏休みのお出かけにいいですね^^

スポンサーリンク