小林優香の成績や獲得賞金は?体重や太もものサイズは?画像あり!

スポンサーリンク

ガールズ競輪の小林優香選手が、NHK「グッと!スポーツ」に出演されます。

類い稀な身体能力で、デビュー直後から好成績を収めてきた小林優香さんの

プロフィールや成績、獲得賞金、体重や太もものサイズ等について調べてみました!

スポンサーリンク

小林優香のプロフィール・経歴

まずはプロフィールから。小林優香

・名前    小林優香

・生年月日  1994年1月18日

・出身    佐賀県鳥栖市

・血液型   A型

体格がさすがアスリートです!

・身長  164.0cm

・体重  64.7Kg

太もも 63.0cm小林優香

・背筋力 131.0Kg   (成人女性平均85Kg)

・肺活量 3900㏄   (成人女性平均2780㏄)

続いて経歴は、

母親が元バレーボール実業団の選手だった影響で、バレーボールを始め、

熊本市立必由館高校時代には、インターハイにも出場されています。

垂直飛びで60cmを超す程の跳躍力がありますが、

【ちなみに高校女子の垂直飛び平均は44cm。

高校男子の平均が62cmなので、男子並みの跳躍力です!】

バレーボール選手としては身長が164㎝と小柄な小林優香選手は、

リベロやセッターなどの決まったポジションに限られ、

バレーボールには限界を感じていたようです。

スポンサーリンク

以下本人インタビューで語っていたことです。

「(ポジションは)もともとレフトで、中学ではレフトとセッターを両立して、高校ではセッターとリベロをやっていました。でも、自分はバレーボールだと身長が低い方だったので、上の世界に行っても、自分がやりたいポジションではやることができないというところがあって…。それで、バレーをこのまま続けていくのか、就職を考えるかを一年間くらい悩んでいました」

http://students.girlskeirin.com/report/2013/11/kobayashi-23.html

2012年、TVでたまたま見ていたオリンピックの男子競輪チームスプリントを見て、

ガールズ競輪を目指す事を決めたそうです。

元々自転車は好きだったという小林優香選手。

地元佐賀の鳥栖から博多まで、一山越えてラーメンを食べて帰ってくるという

伝説?もあります。

現役の競輪選手の中には入学試験に2~3回落ちてしまった方もいるなか、

小林優香選手は一発合格しました。

元々競輪選手としての才能があったのでしょう。

入学直後の4種目記録会で

競輪学校の最高基準をすべて3回連続で上回る新記録を打ち立てます。

小林優香選手の成績や獲得賞金は?

小林優香選手は、2014年競輪選手としてのデビュー戦で、

2着の選手に6車身差をつけて圧勝。

デビューから22連勝したそうで、2017年まではこの記録は抜かれなかったそうです。

デビューから2016年末までの成績は

153走 1着140回

2着4回

3着4回

着外1回

棄権2回

失格3回

優勝46回

*優勝はその1開催3~4日の決勝に進み、1着を取った場合

*1着はそのレースでの順位

素晴らしい勝率ですね!スポーツ新聞等では、

「怪物少女」「絶対女王」と呼ばれているそうですよ。

獲得賞金は2015年で 29,767,000円

2016年で 7,528,600円   でした。

2016年は他の選手を落車させたことから失格、小林優香選手も意識不明の重体となり、

また、

海外遠征先の台湾でも落車、骨の移植手術・リハビリのために、レースから長期間離れていたそうです。

2017年の獲得賞金はまだですが、ケガから復帰した小林優香選手は2016年の賞金を上回ることでしょう。

まとめ

2020年の東京オリンピックでの活躍を期待されている小林優香選手。

オリンピック強化選手にも指定されています。

今後も注目していきたい選手ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする