子供が歯磨きを嫌がるのはなぜ?

スポンサーリンク

小さいお子さんを育てている保護者の皆さんのお悩みに「歯磨きを嫌がる」があります。

歯磨きをしようとすると、いつもはかわいいわが子が怪獣に変身!走って逃げたり、泣き暴れたり・・・。

それを押さえつけて無理やり磨くのは可哀そうだけれど、虫歯が心配だから磨かないわけにもいかないと思っている方も多いのではないでしょうか?

最近では保護者自身が歯のことで苦労をした経験から、わが子には同じ思いをさせまいと、虫歯予防に熱心な保護者が増えてきました。

わが子には綺麗な歯でいて欲しいですよね.

虫歯予防に大事な歯磨きですが、(虫歯予防は食事も大変重要です。)

子供がなぜ歯磨きを嫌がるのか、好きになってもらうにはどうしたら良いのか、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

嫌がる原因と解決法

1.歯ブラシが痛い

硬い毛の歯ブラシを使うと、小さいお子さんの歯茎はデリケートなので痛みを感じます。

保護者が磨く力が強くても痛みを感じるので、歯ブラシは鉛筆を持つように握り、100~150gの力(キッチンスケールで測ると良いですね)で磨くようにしましょう。

また、上の唇の裏側にひだ(小帯といいます)があるのですが、ここに歯ブラシが当たるとものすごく痛いので注意しましょう。

2.歯磨き粉の味や感触が嫌

歯磨き粉独特の香味が嫌だったり、ザラザラとした感触が嫌だったりすることがあります。

味が嫌な場合、お子さんと「一緒に」好きな味を選ぶと喜んで磨くこともあります。

ドラックストアやネット、歯科医院にたくさんの香味の歯磨き粉が売られていますので、2~3種類そろえて、その日の気分で変えてもよいですね。

単純に味が嫌なのではなく、感触が嫌な場合は、ジェルタイプの歯磨き粉がお勧めです。

通常の歯磨き粉よりも泡立ちが少なく、ザラザラとした感触が無いので、抵抗が少ないです。

3、他の欲求がある。

まだ遊びたい時は、ある程度満足するまで遊ばせてあげましょう。

その遊びの中に歯磨きをこっそり取り入れると、楽しい雰囲気で始められます。(例:おままごとの中に歯磨きを取り入れる。ぬいぐるみで声真似しながら磨く・・等)

眠たい時はぐずりがちになるので、眠気を感じる前に磨けるように生活習慣を整えられると良いですね。

4.磨く時の保護者が怖い

一生懸命に磨こうとすると、つい顔が真剣になり、お子さんから見るを怖く映っているかもしれません。

お子さんの好きな歌を歌ったり、音楽を流したり、TVやDVDを見せ、楽しい雰囲気で磨きましょう。

自己主張が強くなる1歳前後からイヤイヤ期(2~3歳)までは歯磨きもその他の生活も大変ですが、カタコトの言葉が可愛い時期ですよね。

我が家の子供達は3歳を過ぎた頃から、少しづつイヤイヤが少なくなり、歯磨きタイムに泣くことがなくなりました。
貴重な可愛い時期の成長を楽しみながら過ごしましょうね.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする