子供3人目は可愛い?大変?

スポンサーリンク

3人のお子さんのお母さん方は、

「3人目の子はかわいい」

とよく言います。

私の場合、

「一人目は初めての事ばかりで自分に余裕がなく、育児を楽しめず。」

「二人目は2歳差の兄弟育児をする事にいっぱいいっぱい。」

そして三人目は・・・

兄弟のいる育児にも慣れ、余裕をもって育児が出来る。」

上の子たちの一般的な育児経験があり、

また兄弟育児がどんな感じなのかが予想できるので、

「全てにおいて余裕をもって接してあげられる」

と言えます。

なぜ3人目の子供を産んだのか?

私は2人兄弟の妹で、上には7つ歳離れた兄がいます。

歳が離れているし性別も違うので、

兄弟でケンカすることはあまりなく、

二人で泥んこになって遊ぶというようなこともありませんでした。

二人でわいわい遊ぶという感じでは無かったんです。

ですので、自分がもし子供を産む時は、

歳の近い兄弟が3人いたらいいなぁと漠然と思っていました。

夫は3人兄弟なので、自分の子は3人欲しいと思っていたようです。

ただ、

子供の教育費や諸々の出費を考えると、3人いて大丈夫かな?

と金銭的な問題でかなり悩みました。

二人も子供いるんだし(しかも男女で)、

金銭的に苦労してまで産まなくても・・・と

かなり夫婦で悩みました。

しかし、

いや、やっぱり3人いた方が賑やかで楽しいはず!

と意見は一致。

3人目の子を産むことにしたのでした。

3人目を妊娠中は・・・

3人目を妊娠中、

上の2人を保育園に通わせながら、臨月までパートで働いていました。

このころは体力的にしんどかったですね。

3人目の出産予定日は2月上旬。

12月・1月の真冬に保育園の送迎はきつかったです。

(夫の仕事は激務なので…私が送迎担当)

また、暑い夏につわりがあり、

その中で当時5歳・3歳の子供を公園に連れて行き、

遊ばせるのも大変でした。

一人目の妊娠中は、

重いものを持たない、高い所に登らないようにしたり気をつけていましたが、

3人目の妊娠中は、重くなった上の子たちを抱っこしましたし、

スポンサーリンク

子供に付き合って、公園で行けるところまでジャングルジム登りました。

とにかく、

ただお腹の出ているおばさんが普通に公園に行くような感じです(笑)

遊び盛りの2人の子の相手をするのは、体的にきつかったですが、

つわりの時期は気が紛れて、根性で乗り切ることができました。

実際に3人目を産んでどうなのか?

これから生まれてくる赤ちゃんと

会えるのを楽しみにしていた上の子供たち。

生まれたのが深夜だったので、子供たちが立ち会うことはできませんでしたが、

生まれたと聞いた長女は涙を流して喜んでいたそうです。

産院から自宅に戻ってくると、上の子たちは

「小さ~い!」 「かわいい!」

といってずっと赤ちゃんのそばを離れません。

興奮して、すやすやと眠る赤ちゃんの周りをぐるぐる回っていました。

小さい子が自分より小さい赤ちゃんを可愛がる姿は癒されますね。

3人目は、とにかく一番小さいので、それだけで可愛いです。

孫のような感じ(笑)

泣いても笑っても、イヤイヤしてても、いたずらしても、

「上の子もこんな感じだったなぁ。懐かしいなぁ。」とか、

「イヤイヤ期、来たな!今日はどんなイヤイヤするんだ?」

と思い、心に余裕をもって育児・・・というか、

可愛いところを見逃さないように観察しながら(笑)接しています。

そして3人目は自分が一番小さい事を分かっていて、

とっても甘え方が上手です。

また、上の子たちがどういう事をするとお母さんに怒られているのか、

よく見ているので、上の子たちが小さい時の頃より、怒る回数も少ない気がします

稀にいたずらの度が過ぎて怒るのですが、ニッコリ笑顔で乗り切ろうとする要領の良さ(笑)

なので、大変な事はありますが、それ以上に可愛さが溢れているので、気になりません。

一人目の育児は初めての事ばかりなので、

肩に力が入ってしまうんでしょうね。

一人目の時からこんな風に余裕をもって育児できたら良かったのに・・・

と後悔しています。

3人目を産んで、

子供ってこんなに可愛いんだと感じながら、日々子育てをしています^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする