小島一朗容疑者の動機は?出身や高校と家族は?精神科入院の過去あり?

スポンサーリンク

新幹線の中で凶器を振り回し、殺人を犯した
小島一朗容疑者。動機は「むしゃくしゃしてやった」

と語っていますが、過去に精神科に入院されていたとの
情報もあるのですが、

むしゃくしゃしたという原因はなんだったのでしょうか?

事件の概要は?

9日午後9時50分頃、神奈川県の新横浜駅―小田原駅間を走行していた東海道新幹線東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、ナタを持った男が暴れ、乗り合わせた乗客の男女3人が首などを切りつけられて負傷した。

このうち30歳代の男性が搬送先の病院で死亡、20歳代の女性2人も治療を受けているが、命に別条はないという。のぞみ265号は小田原駅で臨時停車し、駆けつけた県警捜査員が、男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

県警の発表では、男は自称愛知県岡崎市蓑川町、無職小島一朗容疑者(22)。調べに対し、「殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認め、「むしゃくしゃしてやった。(襲う相手は)誰でもよかった」とも供述しているという。死亡した男性は、大阪市内で働く会社員とみられ、神奈川県警が身元を確認している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00050144-yom-soci

小島一朗の中学や高校と経歴は?

名前:小島一朗(こじまいちろう)
年齢:22歳
職業:現在無職
住所:愛知県岡崎市蓑川町

愛知県一宮市出身の小島一朗容疑者は、

定時制高校を卒業し、

職業訓練校を経て埼玉県内の会社に就職したが、

約1年後に「人間関係が合わない」と言って退職。

家族と折り合いが悪く、

トラブルがあったため、2016年4月ごろから

同県岡崎市の伯父方で暮らすようになったという。

伯父方では2階の部屋に引きこもってパソコンを触っていたようです。

自閉症と診断され、

昨年2~3月には岡崎市内の精神科病院に入院していた過去があります。

小島一朗容疑者の動機は?

今年1月に「旅に出る」と言い残し、

自転車に乗って自宅を出ていたという小島一朗容疑者。

それ以前にも何度か家出したことがあったといい、

伯父宅では、

「自分は価値のない人間だ。自由に生きたい。
それが許されないのなら死にたい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000009-mai-soci

などと話していたといいます。

会社を辞めたことによって、

スポンサーリンク

社会との繫がりがなくなり、

病気のこともあって自暴自棄になっていたのでしょうか。

専門家は、

「むしゃくしゃして」は、凶器を用意し殺害を考える動機としては、常識的には考えられないことでしょう。

今までの犯罪例では、犯行のしばらく前から人生が上手くいかなくなり、自己否定の思いが高まり、さらに社会全体を否定する思いが強くなります。そのような自暴自棄の思いでの生活が続く中、何かのきっかけでイライラが極度に高まって犯行に到った時に、彼らはしばしば「むしゃくしゃしてやった」と表現します。

「誰でもいいから殺したかった」などと無差別で多数の人に危害を加える人は、すでに自分の人生や生活も大切にできなくなっています。だから、大勢の目撃者の前で犯行を実行し逃亡も考えません。

列車内テロは現実的な脅威として国土交通省も対策を考えてはいるのですが、個人による突発的な犯罪は、組織的テロ以上に防止が難しい面があります。本当は、若者が希望を持てる社会にすることが、テロや個人犯罪の防止につながるのですが。

https://news.yahoo.co.jp/profile/author/usuimafumi/comments/

と語っており、

小島一朗容疑者も生活に不満がある中、

何かがきっかけになって犯行に及んだのでしょう。

伯父宅で暮らす小島一朗容疑者。

ご両親との確執のようなものもがあり、

心にくすぶっていたのかもしれません。

いくら親戚宅に暮らしていても、

親子のつながりは良い意味でも悪い意味でも

消えることはないでしょうから、

家族間であったトラブルが

何らかの影響があったのではないかと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする