今野玲央(REO)の箏(そう)の値段やコンサートとCDは?高校や大学と家族は?

スポンサーリンク

2018年4月15日放送の情熱大陸は【ハタチの情熱 第2夜】として、

箏曲家の今野玲央さんが出演されます、

ハーフで端正な顔立ちと、箏の確かな実力で、

アーティスト名「REO」としてデビューし、今大注目されている青年なのだそうです!

ところで、

箏(そう)ってお琴のことだと思っていたのですが、

箏と琴は違う楽器なのだそうですね!

今野玲央さんの出身や高校と大学、家族についてや、

箏のお値段などについて調べてみました!

今野玲央の出身や家族などのプロフィールは?

https://leokonno.com/

名前:       今野玲央(こんの れお)
生年月日: 1998年2月6日
年齢:   20歳
性別:   男性
出身地:  神奈川県横浜市
身長:   不明
学歴:   小・中・高等部を横浜インターナショナルスクールで学ぶ
現在:   東京藝術大学 音楽学部邦楽科
職業:   箏曲家
得意料理: ハンバーグ・スパゲッティナポリタン

横浜のインターナショナルスクールの出身ですが、

調べてみると、学費が年間200万以上もするそうですね!

小・中・高とインターナショナルスクールだったようなので、

学費は合わせて2400万円!

ご両親はどんな方なのでしょうね?

日本人の母、アメリカ人の父を持つハーフの今野玲央さんですが、

3歳の時にご両親は離婚されており、職業などは不明でした。

父・母どちらにしても高額な学費の支払いが出来るほどの収入があるので、

大企業の出世コース、医者など、それなりの職業なのかなぁと想像します。

今野玲央の経歴や実績と習った先生は?

今野玲央さんは、

横浜インターナショナルスクールで9歳の時に箏の演奏に衝撃を受けて習い始めます。

初めて聴いたときに、

「cool!」

と思ったようですね。

日本語でいう、「カッコイイ!」という感じですね^^

このインターナショナルスクールでは、

小学校4年生と5年生で必修科目として「琴」があったそうです。

教えている先生はシカゴ出身のカーティス・パターソン先生です。

https://www.nippon.com/ja/views/b02328/

音楽教師であり箏曲家としても有名で、

アルバムを出す程の実力者なのだそうですよ!

カーティス・パターソン氏に師事し、英語での厳しい指導を受けた

今野玲央さんは、実力を伸ばしていきます。

そして、13歳の時、

カーティス・パターソン氏につれられ、

箏曲家・沢井一恵氏のもとへ。

沢井一恵氏は、カーティス・パターソン氏の師でもあります。

亡くなった旦那様の沢井忠夫さんも箏曲家ですね。

http://sawaisoukyokuin.com/sawaikazue

その時のことを、沢井一恵氏は、

LEO今野君が初めて私の前に現れたのは、彼13歳の時。
カーティス・パターソン先生につれられて
沢井忠夫作曲の「讃歌」を弾いてでした。

“ほとばしる感性”その時に感じた強い印象です。

その当時、すでに“箏演奏家になりたい!”
と自分の意志は決まっていたのです。

そのような彼を誕み出してきたのは、小学生から高校生まで箏を弾ける環境を作っている「横浜インターナショナルスクール」の音楽教育法でした。

http://columbia.jp/artist-info/leo/discography/COCJ-39898.html

と語っていました。

中学生のころから、プロになろうと思っていた今野玲央さん。

有名な箏曲家・沢井一恵氏を唸らせる感性も備わっていたのですね!

さらに実力をつけた今野玲央さんは、

2012年、14歳で「第30回全国小中学生箏曲コンクール」でグランプリを受賞。

2014年、16歳で「第20回くまもと全国邦楽コンクール」でコンクール史上最年少で最優秀賞・文部科学大臣賞受賞を受賞。

※このコンクールは、
「箏曲」、「尺八・笛音楽」、「三味線音楽」、「琵琶学」、「三曲等合奏」の
五つの部門で競われる日本の伝統音楽を代表する権威のあるコンクールで、
ここでの受賞はとても名誉な事とされている。

2015年、邦楽新鋭展にて熊本城本丸御殿で演奏

同年、第2回国際平和コンサート出演。この時は東京芸術劇場で箏コンチェルトのソリストとして演奏。

2016年、バイオリニスト五嶋みどり設立の「みどり教育財団」の招待により、ニューヨークワークショップツアーを開催。

同年、 第23回賢順記念全国箏曲コンクールで銀賞!

ここで一躍注目された今野玲央さん。

2016年は飛躍の年となり、

バンカートスタジオNYK 1F カワマタホール(横浜)とムジカーザ(東京)にて、

玲央1stCD発売記念ライブを開催!

現在は沢井一恵氏に師事しながら、

沢井一恵氏の箏曲院、「沢井箏曲院講師」となり、

箏曲家として活動されています。

ハーフのインターナショナル学校育ちの男子学生が、

外国人講師に日本の和楽器を習い、大成するという・・・。

日本人要素はあまりないのが面白いと思いました。

なぜ、こんなにも箏に打ち込めるのか、

インタビューの中で、今野玲央さんはこう答えていました。

僕は箏に出合えたことで「自分は日本人だ」と確かめられたと思う。

それまではハーフの自分が米国人なのか、日本人なのか、
よく分からなかった。

家庭では日本語で育ったので、当時は英語もそんなにできなくて、
学校ではおとなしい子供でした。

でも、箏を上手に弾くと周囲が注目してくれる。
言葉ではなく音楽を通じ、自分を発信できた。

箏が自分のアイデンティティーとなり、
演奏で自分が解放される快感を味わいましたね。

http://www.sankei.com/entertainments/news/170820/ent1708200007-n1.html

ハーフの子供(大人も)はこのように自分が何人なのか?

生粋の日本人ではないことで、葛藤する時期があることが多いようです。

今野玲央さんは、箏を通じて、自分のアイデンティティーを感じられたのですね^^

箏を習う傍らで、ピアノやギターも習ったそうですが、

落ち込んでいるときは音が暗くなり、

楽しいときは弾み、

内面が一番正直に出る「箏」が一番自分を表現しやすいそうです。

「箏」と「琴」との違いは?

「箏(そう)」と「琴(こと)」は違うものであるって知らなかったので、

ちょっと調べてみました!

2つの楽器の大きな違いは「柱(じ)」と呼ばれる、

真ん中にたくさん立つブリッジがあるかないかだそうです。

箏(そう)とは?

https://latte.la/column/33219747

柱を動かして音の高さを変えるのが、箏です。

写真の箏は、最もスタンダードな十三絃。

琴(こと)とは?

スポンサーリンク

https://latte.la/column/33219747

琴は柱がなく、

絃を押さえる指のポジションを変えることで音の高さが変わる楽器です。

一絃琴・二絃琴・七絃琴・大正琴というのは、正にこれにあたります。

どうして琴が有名なのか?

箏はもともと中国から伝わってきた弦楽器で、13本の絃を使って奏でます。

なぜ「箏」と「琴」と間違えやすくなったのかというと、

昔の表記から現代に表記に移って行く過程での事で変わっていった

背景があるようです。

もともと「こと」は弦楽器の総称だったそうです。

「こと」持ってる? = 「弦楽器」もってる?

という感じですね。

実際に紫式部の代表作「源氏物語」の中にも登場していて、

そこでは「こと」の種類として、

「箏(そう)のコト」
「琴(きん)のコト」
「琵琶(びわ)のコト」

という記述があります。

その後、時代の流れに合わせて「箏(そう)のコト」が一番人気があったことから、

「箏(そう)」も「こと」と呼ばれるようになったそうです。

ちなみに、

「琴(きん)のコト」は事(こと)、

「琵琶(びわ)のコト」は琵琶(びわ)

と呼ばれるようになりました。

正式には「箏」であるのに、

なぜ、正しくない漢字の「琴」が使われるようになったのかというと、

これはただ単に、

常用漢字に「箏」という字が含まれていなかったから。

だそうです。

今では「箏」も常用漢字の仲間入りをして、パソコン変換もできますが、

まだまだ世の中では「琴」がポピュラーですね。

今野玲央の箏の値段は?

さて、この「箏」のお値段はどのくらいなのでしょうか?

どんな楽器もそうですが、

基本的には演奏者のレベルに合わせた金額の箏を使うことが勧められているようです。

箏一式をそろえると、

・箏

・琴柱

・琴台(鳥居台)…座奏用

・譜面台

・爪(生田流)

・チューナー

などが必要だそうです。

激安通販などでは一式で3万円なんてものもあるようですが、

師匠について、習うということであれば、

10万円程度で国産のものがお勧めのようです。

和楽器ですが、激安は外国産の箏も多く、

それらのものは安いですが、壊れやすいというトラブルがあります。

また修理も外国に出すことになるので、時間がかかるのだそうです。

中古の箏も販売されているようですので、

手軽に始めたい方は、和楽器家さんで中古を探してもらうのもいいそうです。

保管の状況によっては、

歪みが生じていたり傷や凹みなどがあって音程が狂っているものもあり、

初心者にはこういった傷や音の狂いはなかなか、見つけられませんので、

ネットでの購入は控えたほうが良さそうです。

ですので、

信頼できる楽器屋さんで、調整済みの中古品を購入するのがお勧めです。

箏の値段の相場は?

どんな楽器も、お稽古用のもの初心者用のリーズナブルなものから

プロ演奏者向けの数百万円もするものまで価格帯に幅があります。

箏も同様で、

5万円程度の初心者向けのものから100万円以上もするものまで

品揃えがあります。

学校教育用に販売もされているようです。

【楽天 和楽器ランキング1位受賞店!】人気・和楽器!全音・ゼンオン zen-on / 文化箏上級立柱ケースセット・学校教育用

こちらは、桐材てつくられた超高級の箏で、

お値段は165万円!

木目が隙間なく入った大変美しい品質です。

弦注文を受けてから張るそうです。


https://www.wagakki-ichiba.com/wkt8115.html

やはり高い箏は音色が良く、音程も狂いにくく、

キレイな装飾がされているので見た目にも美しいのだそうです。

一度弾いてみたいと思った方は、

中古品や学校用のお求めやすい箏を購入して始められるのもいいかもしれませんね^^

今野玲央のコンサートやCD情報!

今野玲央さんは、

2017年3月に1stアルバム「玲央1st」(日本コロムビアより)を発表されています!

内容は、日本の名曲や現代箏曲を若々しく、

そして情感豊かに表現したファーストアルバムで華々しいメジャーデビューをとなりました!

1.讃歌 Sanka

2.テイク・ファイブ Take Five

3.春の海 Haru No Umi

4.斜影 Sha-ei

5.百花譜 Hyakkafu

6.トルコマーチ Rondo Alla Turca

7.十七絃箏のための さくら変奏曲 Sakura

3番の春の海なんかは、お正月でお馴染みの

「タン♪ タタタタタタタンッ♪」

と聞きやすい曲ですね^^

他にもトルコマーチなども有名な曲なので、

箏に詳しくなくとも楽しめる内容になっていますね^^

また、今回のアルバムの中の曲に関して、

男性と女性の演奏家では、箏の音色も違うんです。

タッチの強さや、体の構造からなのか、力強い芯のある音が出せると思う。

特に十七絃の箏は、普通の箏(十三絃)よりも大きく、
楽器の大きさも2メートルくらいありますから、

演奏時は半分立って全身で弾くので、体力勝負なんです。

十三絃とは響きが違い、伸びのある音やベース的な低音の魅力がある。

CD(玲央 1st)に、
自分で作曲した「十七絃箏のためのさくら変奏曲」を入れたのも、
十七絃の素晴らしさを知ってほしいとの思いからです。

と語っていました。

自分で作曲も出来るんですね!

購入はこちら!

玲央 1st[CD] / LEO

そして、

2018年のライブはまだ公式サイトには発表されていませんでした!

その代わりといってはなんですが、こちらの演奏を是非聴いてみてください!


昨年のLEO 玲央1st CD発売記念ライブではチケットが完売したそうなので、

気になるかたは、公式サイトをチェックされていたほうがいいですね!

まとめ

今までは箏の現代曲ばかりやってきたという今野玲央さん。

東京芸大に入学し、箏の古典曲や、基礎となる地唄の勉強もされているそうです。

箏が面白い楽器であることを世界に知ってほしいと活動されていますが、

今回の情熱大陸出演で、人気に火がつくかもしれませんね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする