久住有生の年収や結婚と左官鏝(こて)は?経歴や修行時代と作品がスゴイ!

スポンサーリンク

久住有生(くすみ なおき)さんは、左官職人で
3歳のときから左官職人が使う鏝(こて)を持ち、
天才左官職人だった父の手ほどきを受けていました!

今や日本だけではなく、
世界中から重要文化財などの歴史的価値の高い
建築物の修復ができる左官職人として、
オファーが絶えない久住有生さん。

幼い頃は、父から怒られてばかりで
左官の仕事は嫌だったそうですが、

ある建物を見たことをきっかけに
左官職人の道を極めようと思ったとのこと。

久住有生さんの生い立ちや、
結婚や子供、
使用している鏝などについて
調べてみました。

久住有生さんの年齢や出身などのプロフィールは?

http://www.bsfuji.tv/maestro/22.html

名前  :久住有生(くすみ なおき)
生年  :1972年
年齢  :46歳or45歳
出身  :兵庫県淡路島
趣味  :サーフィン・釣り

久住有生さんはサーフィンと釣りをこよなく愛する
左官職人です!

日本の伝統的な建築物を手掛ける
職人さんなので、
サーフィンが趣味とはちょっと意外だったのですが、

今から10年くらい前(35歳頃)の写真をみると、
サーフィンが好きそうな爽やかな雰囲気でした!
(もちろん今現在も素敵な方です)

https://diamond.jp/articles/-/4865

この趣味のサーフィンですが、
左官の仕事にとても影響を与えていて、

「自然に出来る景色って、ほんとに一瞬で
どんどんどんどん形が変わって来て、

デザインじゃないんですけど
凄い綺麗な模様が簡単に創られていって。

何かそういうの見ると、
自分のデザインに影響受けたりとか、
あ、こういうものを形で創ってみたい、
壁にしてみたいって思うんで、

サーフィンって僕が欲しいものを全部与えてくれるものです。」

https://www.fujitv.co.jp/1HSense/bn/story169.html

左官職人ならではの感性でサーフィンを
楽しまれているんですね!

海のある淡路島出身の久住有生さんは、
海がないと、

「自分が維持できない・狂ってくる」

とおっしゃっているので、
生活おいて大切にされており、
故郷を想い何か原点に還る場所なのでしょうか^^

久住有生さんの家族や経歴は?

久住有生さんの祖父は左官職人、
父親の久住章氏は、
業界では知らない人はいないほどの、
日本を代表するカリスマ左官職人です!

http://tomizawakenzai.com/weblog/2007/07/post_92.html

二歳年下の弟の久住鴻介氏も「久住左官」を経営する
左官職人という左官一家です。

http://www.kusumisakan.com/about

そんな代々続く左官職人の家に生まれた
久住有生さんは、
何と3歳のころから左官職人の道具である
鏝(こて)を使っての英才教育を受けています。

父の章氏はとても厳しく、

■家で壁を塗る練習をしないと
ご飯を食べさせてもらえない。

■夏休みは弟と二人で現場に連れていかれて、
大きな砂山を一週間で全部篩(ふる)っておけと言われ、
朝から晩まで篩い続ける・・・。

■押し入れに入って押し入れの壁を塗っておけと言われる。

■広告の裏に竜の絵を百枚書け。

■千羽鶴を作れ。

■お土産は左官鏝(こて)

■漆喰に含まれる石灰のアルカリが強すぎて、
手のタンパク質が溶けて指に穴が空き、
血を吹き出しながら製作させられる。

などなど、ちょっと気の毒なくらいです・・。

久住有生さん曰く、
「毎日が巨人の星状態」で、
もの凄く厳しかったんです。

幼いころから鏝を握り続けた久住有生さんの握力は
何と70㎏!成人男性の平均は45~50㎏なので、
すごいですね!
リンゴを指2本で潰せるんですって!

父の章氏は左官の仕事が好きで、
息子たちにも楽しさを知ってもらいたくて
教えていたそうですが、

厳しすぎる修行に、
左官の仕事は嫌いになり、

中学生になると、
左官職人にならさせることを回避するために、
左官以外に自分にできることを探そうと、
バイトを始めます。

そこで出会ったのが「ケーキ」

厳しい修行のおかげで
とても手先が器用な久住有生さんは、
バイト代も一番良く、
新店舗出店の際にスカウトされたそうです。

やっぱり生クリームとか塗るのは早くて
キレイだったみたいですね^^

高校3年生で進路を決める際に、
ケーキ屋になりたいと父に言うと、
もちろん反対され、旅をしてこいと20万円を渡された
久住有生さん。

夏休みに一か月半ヨーロッパへ行って野宿や
日本庭園でバイトをしながら、
様々な所を見て回ります。

その中でも、
スペインのアントニ・ガウディのサグラダファミリアを見て、

「左官って、こんなことができるんや」
「これを作った人は人間じゃない。」

と衝撃を受けます。

ヨーロッパで出合った、
何百年、何千年と残る建造物の魅力に気づき、

自分ももしかしたらこのような
建築物を作り出すことが出来るかもしれない
と思ったら
左官職人を目指したいと思ったのでしょう。

しかし、

ケーキ屋になる夢と迷い、
最終的には、「ケーキは食べたらなくなるけれども、
左官の仕事は死んでも残る」

と父の章氏が言った言葉で、
左官職人になることを決意されました。

久住有生さんの修行時代がスゴイ!

天才と言われるほどの左官職人の
父をもつ久住有生さん。

左官職人になると決めたからには
父にだけは負けたくないと思い、
30歳までに日本一、世界一の職人になりたいと目標を立てます。

父との30年ぐらいの差を縮めようと、
様々な親方の元で、
一日20時間くらいを左官の仕事に充てるように、
寝る間を惜しんで、

ご飯は5分、お風呂も3分と
縮められるだけ時間を縮めて、
左官以外のことは何も考えず、
名人になるためにひたすら訓練されました。

この集中力の高さは
職人の父譲りだったのでしょうか?
やると決めたら徹底的にやりきる
精神力が一般のそれとは一線を画している
感じがしますね。

子どものころからの
父の厳しい修行のおかげで、
目をつぶっていても、壁をまっすぐに塗れるくらい、
道具が体の一部になっている久住有生さんでしたから、

仕事を覚えるのも早く、
京都の有名な文化財の仕事にも若くして
呼んでもらえたり、

普通は40年、50年やった名人が塗らせてもらえるような
最難関とされる京都御所の外壁修復に
20歳にして携わったそうです!

1995年、23歳にて
「株式会社 久住有生左官」を設立し、独立。

現在は、
重要文化財などの歴史的価値の高い建築物の
修復ができる左官職人として、

商業施設や教育関連施設、
個人邸の内装や
外装を手がけています。

現場では企画段階から参加することが多く、
デザイン提案なども積極的に行い、
伝統的な左官技術とオリジナティ溢れるアイデアが、
国内外での大きな評価につながっています!

スペインで開催された技術競技会に参加した
久住有生さんは、ヨーロッパの職人に比べると
体格も小さかったのですが、

「3分の1の大きさの道具で3倍の速さで塗る」と評判になり、

日本人の左官の技術は世界トップレベルということを証明しています!

久住有生さんは鏝(こて)一つ持って、
世界中の建築現場を渡り歩き、
壁に使う材料には、必ずその土地の土を使うそうです。

どんなものでも形にできるというところが
職人の凄い所で、
この土でないと仕上げられないということはなく、
その土地へ行ってそこの土で仕上げるということが
久住有生さん、職人の真骨頂なのです。

そんな久住有生さんは、
このようなことをおっしゃっていました。

世の中のもので一番長持ちするのは想いです。
人が想いをもって作ったものは、
あの時あの人がこういう想いで作ったのだから
大事にしようということになります。

人が大事にするものが一番長持ちするものです。
これは僕が死んでもその先に残っていくものだと思います。

http://www.kobegakkou-blog.com/blog/2015/11/post-d9b6.html

ですので、
久住有生さんは納得するまで
想いを込めて何度でもやり直すのだそうです。

久住有生さんの建築作品は?

2009年に新潟の美術館で開かれた
「水と土の芸術祭」に出品したオブジェ「土の一瞬」

スポンサーリンク

http://www.kusuminaoki.com/html/project.html?project_type=com

2006年に愛知県常滑市の
INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」

http://www.kusuminaoki.com/html/project_com_resi_2006_doronco.html

三田にあるロールケーキのes koyamaのROZILLA

http://www.kusuminaoki.com/html/project_com_2013_eskoyamarozilla.html

2002年 金閣寺 平成の院「茶室」
伝統的な左官工事の一つである茶室。

http://www.kusuminaoki.com/html/project_trad_2002_kinkaku.html

2011年(千葉県富津市)富津金谷「石蔵」
※登録有形文化財

http://www.kusuminaoki.com/html/project_trad_2011_fttsukanaya_rest.html

2014年(シンガポール)キャピタグリーン

http://www.kusuminaoki.com/html/project_com_2014_capitaland.html

2016年東急ハーヴェストクラブ伊東

http://www.kusuminaoki.com/html/project_com_2016_tokyu_harvest.html

久住有生さんは結婚している?子供は?

久住有生さんが結婚されているのかどうかは不明でしたので
4代目となるお子さんがいるのかどうかも不明でした。

こちらの久住有生さんの会社HP画像では、
左手に指輪?されているようにもみえますので、
もしかしたらご結婚されているのかもしれませんね^^

http://www.kusuminaoki.com/html/naoki.html

久住有生さんの年収や鏝の値段は?

左官職人の一般的な年収は
350万円~450万円くらいだそうで、

決して高級取りではないようです。

しかし、久住有生さんは、
23歳で独立され、デザインを提案し、
日本中からオファーが絶えないという人気と実力がありますので、

一般的な左官職人よりも
多くの収入を得ていると思われます。

左官職人として現場作業以外の収入も多く、
現場と同じ位の収入があったとして、
あくまで予想ですが、

年収は900~1000万円くらいはありそうです。

久住有生さんは左官職人として一流の仕事をするために、
800種類もの鏝(こて)を所有し、
一流の道具を揃えています。

楽天にもこのようなお手頃価格の
鏝もありますが、

兵庫県の三木市は鏝鍛冶が集中していて
鏝鍛冶の組合もあります。

また、
新神戸駅近くの竹中大工道具館には、
鏝を研究している学芸員の方が一人おり、

その方に聞いて買うのがお勧めなんだそうです。

まとめ

世の中はクレーム重視で、
壊れない・壊れても直しやすいことを基準にする
傾向があり、

壁・建築が固くて壊れない単なる物質として建てられることに
異議を唱え、
壊れやすいものだからこそ、
壁やものを大事にする心を大事にしたいという
久住有生さん。

久住有生さんのような考えをもった職人さんが
日本の伝統を守ってくれているのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする