恐怖!兄弟同時に病気になる・・・しかも

スポンサーリンク

秋は保育園・小学校の発表会シーズンですね^^

我が家の子供たちの発表会も近づいてきています。

普段の生活では見られない頑張りがみられるので、

とても楽しみにしていたのですが・・・・・・・。

我が家の第三子(♂ 2歳)、

「手足口病」

にかかってしまいました(涙)

夜に熱があると思っていたら、翌日には発疹がたくさん出てきました><

今はもうじき冬になるというのに、

夏風邪にかかるなんて思ってもみませんでした。

まぁ、この子の発表会までは少し日にちがあるから、大丈夫だろう♪

と思っていたら、

まさかの第2子(一年生・♂)・・・・・

「おたふくかぜ」

にかかってしまいました!

予防接種はしていたのに(涙)

しかも発表会は明日!

発症の次の日から数えて5日間は登校禁止なので、

発表会の日も当然お休みです。

さて、家の中には病人が2人いるわけですが、

二人とも違うウイルス性の病気。

ですので、お互いに感染し合う可能性があります。

今の病気が治った後にまた違う病気になったら・・・・

私は一体何日仕事を休まなければならないのか?

そんな事になったらパート勤務の私の今月の給料は半分になる・・・かも。

それでなくても給料の多くは保育園・学童保育代に飛んでいくのに。

今までは同じ病気に兄弟間でうつることはあっても、

今回みたいなケースは初めてです。

こんなことってあるんですね。     普通ですか?

小児科の看護師さんに、「頑張ってね!」と言われました(笑)

子供が病気になったらあるある?

さて、第2子の一年生(おたふくかぜ)。

顎のあたりは腫れているが、熱もほとんど平熱。

病人とは思えないほど元気。

固いものは食べたくないと言って、大好きな「ゼリー」「プリン」「ヨーグルト」を

エンドレスで要求。ただおやつを食べたいだけ。 ➡あるある①

学校をお休みしてウキウキしたいる。      ➡あるある②

しきりに「今皆は〇時間目~▲▲の勉強だー。」と

スポンサーリンク

上から目線で皆さん頑張ってと言わんばかりにつぶやいてくる。

学校を休んだ優越感でいっぱいの様だ。     ➡あるある③

一方、第3子(手足口病)は深刻そう。

口が口内炎で痛いらしく、

口が閉じられず、よだれをだらだらたらしている。

いつもは食欲の塊だが、全く食べない。

唯一食べるのは牛乳・ゼリーのみ。

喋るのすら痛いようで、

こちらが何か問いかけて、首を縦にうなずいたり、横に振ったり返事をする。

痛みで不安なのか、常にべったりくっついてくる。  ➡あるある④

ちょっとしたことでもグズグズ泣いてしまう。    ➡あるある⑤

お兄ちゃんはあーだこーた食べると指図してくるし、弟はそばを離れないでとくっついてくるので、母は身動きとれず・・・。

弟は常によだれを垂らすので、母の服もシミだらけになっていまいます。

一日中家にはいるんだけれど、家のことは一切できず、ずっと抱っこ&食事の準備です。

これが数日続くので、小さい兄弟の看病は大変です・・・。

兄弟が同時に違う病気になった時に気をつけること

病気に対しては・・・

①母もうがい・手洗いを徹底し、母を介しての兄弟間の感染を防ぐ

②家庭でも作れる次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作り、手を触れる所を消毒する。

③母も睡眠をしっかり取り、うつらないようにする。

我が家では特にこの3つを気につけています。

特に③!母が倒れると、すべてが回らなくなってしまいますので、

出来るだけ子供と一緒に眠るようにしています。

この際家の中がぐちゃぐちゃでも気にしないことにしています。

同じ屋根の下で24時間生活するのだから、感染を防ぐのは、難しいです。

ほとんど「運」

ではないでしょうか?

できるだけの努力はしますが((;´∀`)

こどもたちに対しては・・・

兄弟で病気になったら、

下の子を優先してしまいがちになってしまいますが、

病気の時は上の子も甘えたいですよね。

母子共に自由に外出できず、ストレスがたまり勝ちですが、

イライラしないで優しく接してあげるよう心掛けたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする