【マツコ夜の巷を徘徊する】バウムクーヘンのお店!アンジーの通販や値段は?

スポンサーリンク

12月21日の

「マツコ夜の巷を徘徊する」では、

千葉のドイツ村の中にある、

バウムクーヘン専門店「Anjie(アンジー)」

でマツコさんが大量買い!

アイスが入った商品やカラメルで

コーティングされたものなど、

11種類のバウムクーヘンを大量に買った

マツコさんですが、

スタッフさんなどに、あげているのでしょうか?

奥浅草では、

柿の種を大量購入されていましたよね~。

マツコさんが買ったアンジーの

バウムクーヘンもきっと放送後には

ものすごい売れるのでしょうね^^

通販で買えるのなら

食べてみたいので、値段と合わせて

調べてみました!

東京ドイツ村とは?

東京ドイツ村は、

2001年3月8日にオープンした

千葉県袖ケ浦市にあるテーマパークです。

千葉県にあるのですが、

「東京ドイツ村」という名前はなんだか

不思議ですよね(笑)

すでに群馬県に別のドイツ村があったそうで、

「ドイツ村」だけでは商標登録が

できなかったので、

「東京」とつけたのですが、

千葉よりは東京のほうが、

国際的なイメージが強いということで、

「東京」をつけたのだそうです。

東京ドーム約19倍という広大な敷地内には、

東京ドイツ村のコンセプトでもある

「自然と人が共に過ごす」ことを

実感できるエリアがたくさんあります。

・芝生の丘やボート池

・フラワーガーデン

・アミューズメントエリア

・貴重な体験ができるこども動物園  など。

もちろん、

ドイツ料理やドイツビールなどを

楽しめるレストランもあります!

ドイツ村のバウムクーヘン専門店!Anjieのメニューや値段は?

ピンクと白を基調とした店内では、

約20種類のバウムクーヘンがあります!

その一部をご紹介します!

■ドイツ国旗柄オリジナルのバウムクーヘン
\1200

■ビールジョッキ型のバウムクーヘン
\1600

■アイスバウム(イチゴ・バナナ・チョコ)
\各380

■低温熟成バウム
\600

ドイツ菓子のバウムクーヘンは、

ビールやソーセージと並び

同園のおみやげとして最も人気が高いので、

専門店になったそうですよ^^

http://t-doitsumura.co.jp/

Anjieのバウムクーヘンの場所は?

千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村。

場所はこちらです!

スポンサーリンク
東京ドイツ村
〒299-0204
千葉県袖ケ浦市永吉419営業時間
◆イルミネーション(2018/11/1~2019/4/7)
9:30~20:00 (最終入園 19:30)◆通常営業日(上記以外)
9:30~17:00 (最終入園 16:00)
年中無休東京ドイツ村HP

Anjieは山の方に位置する、

マルクドプラッツというところにあります。

http://t-doitsumura.co.jp/parkguide/map/

■入園パスポート(入園のみ)
大人 \4,000円
小人 \3,000円

■ALLパスポート(入園+アトラクション)
大人 \8,000円
小人 \6,000円

詳しい料金はこちら!

Anjieのバウムクーヘンの通販はできる?

こちらのバウムクーヘンの通販は

行なっておりませんが、

石川県「メルヘン日進堂」さんで

ビールジョッキ型など

一部の商品を取り扱っていました!

ぜひ食べてみたいですね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする