マツコの知らない養殖ウナギの世界に高城親子が!おすすめやお店と通販は?

スポンサーリンク

マツコの知らない養殖ウナギの世界に

登場した高木久・高木光寿親子って

どんな人なのでしょうか?

全国のうなぎ店を食べ歩いたという

高木親子のプロフィールや経歴と

おすすめ養殖ウナギについて

調べてみました!

高城 久・高城光寿親子はどんな人?

http://music-book.jp/video/news/news/209682

名前  :高城 久
生年月日: 1962年2月7日
出身  : 千葉県佐倉市
最終学歴 :帝京医学技術専門学校柔道整復科経歴 :
柏長生館高城整復院開設(1989年)
うなぎ大好きドットコム 開設(2004年)

高木久さんのご子息である、

高城光寿さんについては情報を見つけることが

できませんでしたが、

千葉県で駅伝大会に出場していた

中学生の名前の中に光寿さんの名前がありました。

中学生、高校生くらいに

陸上選手だったかもしれませんね。

お父さんの久さんは高校卒業後、

専門学校に通い整復士となっています。

高校時代はラガーマンであり

地元柏のサッカークラブ

柏レイソルのサポーターでもあるようです。

スポーツマンはスポーツをするのも観るのも

好きな場合が多いですが

高城久さんもそのようですね。

高木久さんがウナギ好きな理由は?

うなぎマニアにはなぜなったのか調べてみると、

千葉県佐倉市はもともとうなぎの

名産地だったようです。

印旛沼のある佐倉市ですから

うなぎのみならず、

川魚の水揚げの多い町だったことは想像できますよね。

うなぎの産地でもある佐倉市で

外食といえばうなぎだったようです。

行きつけのうなぎ屋が立て続けに

閉店してしまったこと。

それがきっかけで食べ歩きを始め、

小遣いを切り詰めては

週2回のペースで食べ歩いているという。

一方、息子の光寿さんは父の影響で、

アパレル業界からうなぎ問屋に転職したのだとか。

そして、

近年徐々に減少していく

うなぎ屋さんを応援するために

応援サイトを立ち上げたとのことです。

地元の食文化を守るためとは素晴らしいですね!

さらに、

うなぎを食べることが好きなのでしょう。

サイトを立ち上げてからは

全国のうなぎを食べ歩いており、

その情報を応援サイトを通じて

全国に発信しています。

整復士でもうなぎマニアでもない顔を

もう一つ高城久さんは持っています。

それは己書といい自分独自の表現で

自分だけの書を作るというものです。

己書も出会いはうなぎ屋さんだったようで

名古屋のうなぎ屋さんで

うなぎ昇りの己書を見て始め、

2017年にはなんと師範として認定されています。

各所でこの己書を広めるための活動や

講義を行っています。

きっとはじめて訪れた街で

うなぎ屋さんを探して食べていることでしょう。

このことからも何事にも精力的に

活動される人であることがわかります。

息子である光寿さんは

久さんの活動を引き継ぐのかも気になります。

整復士、うなぎマニア、己書師範と、

すべて引き継ぐのは難しくとも、

うなぎマニアは是非引き継いで

サイトとともに長く継続してほしいと思います^^

天然ウナギと養殖ウナギの違いは?

天然うなぎと呼ばれているうなぎは

ニホンウナギと呼ばれている

「アンギラ・ジャポニカ種」です。

天然うなぎは高級食材として知られており、

背中が灰色、腹部が白色に綺麗に

分かれているのが外見上の特徴です。

これに対して養殖うなぎは

背中が青みがかった黒色で

腹部が白色であるため色彩の違いで

簡単に見分けることができます。

https://item.rakuten.co.jp/uosata/ten_una160/

天然うなぎの旬は5月から11月です。

天然うなぎの若干泥臭さが感じられる

味に対して養殖うなぎは旬はありませんが

環境によって品質の差が現れます。

養殖の環境でムラのないうなぎを

育てることができて、他の養殖との差別化も

可能となるのが養殖うなぎの魅力と

言えるのではないでしょうか。

市場に出回るうなぎの

97パーセントが養殖うなぎであり、

残り3パーセントが天然うなぎとなっています。

私たちの食べるうなぎのほとんどが

養殖うなぎということになりますね。

独特の泥臭さが天然うなぎにはありますが

育った川で泥臭さも違うため

食べ慣れた人は泥臭さでどこの川で

取れたうなぎがわかるらしいです!

四万十川のうなぎなら泥臭さも

少ないかもしれませんね。

食べてみたいところですが

国内流通量の3%ですから

とても高価な食材のはずで、

庶民にはなかなか手が出せない代物ではないでしょうか。

いつかは食べてみたいうなぎですよね。

養殖ウナギのブランド化?種類は?

養殖ウナギは環境によって品質の差が現れますが、

どんな種類があるのでしょうか?

1、うなぎ坂東太郎

千葉県銚子市にあるうなぎの

卸問屋「忠平」が25年前に売り出した

スポンサーリンク

うなぎブランドです。

養殖うなぎの味が美味しくなく、

どうすれば美味しくなるのかという動機で

研究が始まったのがブランド化のキッカケです。

エサを白身魚のホワイトミールと

アジのすり身を混ぜたものに変えて

脂の乗ったうなぎを育てることに成功しました。

利根川の別名である坂東太郎を使い

全国に知られるようになりました。

年間60トンの生産量を全国30軒の

うなぎ屋さんで取り扱っています。

ゼラチンの多い身に旨味を感じる脂が

乗っていてかなり美味しい養殖うなぎのようです。

2、共水うなぎ

https://twitter.com/hashtag/共水うなぎ

静岡県焼津市にある「共水」が売り出した

うなぎブランドです。

昭和50年代からの歴史を誇るブランドで、

うなぎ坂東太郎同様に養殖うなぎの味を

美味しくしようと当時の社長が品質研究を

始めたことが商品化のきっかけのようです。

品質研究の際には日本橋の老舗うなぎ店の

協力も受けながら開発したそうです。

大井川の伏流水を温度調節する事で

四季に近い環境を作り上げて通常の養殖期間より

3倍近く長い18ヶ月の時間を掛けて育てて

熟成させるそうです。

この養殖方法によって甘い香りと味を

持たせることに成功しています。

通販購入はこちら!

共水うなぎ直販部

3、横山さんの鰻

横山さんの鰻は九州 は鹿児島の大隈半島にある

泰正養鰻で養殖されているうなぎです。

泰正養鰻は家族経営の小規模な養鰻場ですが、

独自の飼料を成長の度合いに合わせて

変化させて出荷まで薬品を使わずに育てています。

大隈半島の豊富な湧水と餌やり、

温度管理などがキチンとされておりストレスを

極力減らした環境で育てられたうなぎは、

身が厚くフワフワの食感が楽しめます。

中でもS級鰻と呼ばれる厳選されたうなぎは

在庫切れのことが多い入手するのが

難しい商品となっています。

4、三河鰻咲

愛知県西尾市一色地区は、

日本一の生産量を誇るうなぎの町です。

明治37年から始まった養殖は歴史も古く、

三河湾とその三河湾に流れ込む矢作川に

近いことから、

矢作川の水を使った養殖を古くから行っています。

養鰻用の水路を設けて地域が一体となって

養殖を営んでいます。

味の特徴は身も皮も柔らかいことです。

蒸しではなく焼きに向いているうなぎだと

言うことです。

愛知県以西では焼きで調理することが多く

焼いた時に身に火が入るのに身の柔らかさが

重要とのことです。

日本一の生産量を誇る一色うなぎですから

皆さんも食べたことがあるかもしれませんね。

高城 久・高城光寿親子おすすめの養殖ウナギは?

全国のうなぎ店を食べ歩いた

高城 久・高城光寿親子おすすめの

養殖ウナギは、

おそらく2大養殖うなぎブランドである、

「うなぎ坂東太郎」

「共水うなぎ」

ではないでしょうか。

おすすめのうなぎ店を見てみると

この2つのブランドうなぎを

使用している店が多いことからの

推測ではありますが果てしてどうなるでしょうか。

「横山さんのうなぎ」

「三河鰻咲」

もとても美味しいと評判のうなぎですし、

うなぎ産地としては有名なところですから

期待できる品質だと思います。

うなぎ店の情報などは、

番組終了後に追記します。

まとめ

いかがでしょうか。

今回マツコの知らない世界に出演する

高城久さん光寿さん親子を紹介しました。

うなぎを食べ歩けるなんて羨ましい限りですが、

うなぎ屋さんの応援のためのサイト運営も

片手間ではなかなか難しい中、

今回のようにメディアに出てうなぎを紹介する

高城さんには全国のうなぎ屋さんも

感謝されていることでしょう。

どこの地区の養殖業者さんも工夫に工夫を

重ねて美味しいうなぎを我々の食卓に

供給してくれています。

養殖うなぎに旬がないということは

年中美味しく食べれるということなので

皆さんも是非うなぎを食べてください。

冬の体調管理にも役立ちそうですね^^

マツコの知らないお菓子箱の世界に出演した 堤信子さん。 今現在はフリーアナウンサーとして 活躍されているのですが、 ...

同日特集のお菓子箱の世界もよかったら

ご覧ください^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする