向井聡美(パティシエ)の年齢や結婚やお店は?経歴やケーキ作品がスゴイ!

スポンサーリンク

パティシエの向井聡美さんがナカイの窓に出演され、
芸術的なスイーツ作品を披露されていました!

向井聡美さんはパティシエでありながら、
美人で今後もTV等で注目されそうですね!

これまでに数々のコンクールでの受賞歴があり、
素晴らしい作品を創ってきた向井聡美さんの
経歴や年齢等を調べてみました!

向井聡美さんの学校や出身などのプロフィールは?

向井聡美

http://www.lecole.jp/topics/blog/detail/1207.php

名前 :向井聡美
出身 :北海道札幌市
学校 :レコールバンタン専門学校(グラン・パティシエ科)
職業 :パティシエ

向井聡美さんは、フリーのパティシエとして、
企業のレシピ開発やお店の立ち上げなどに携わる傍ら、
製菓専門学校の講師も務められています。

パティシエのフリーというのは
あまり聞いたことがなかったので、
驚きでした!

何においてもフリーで働くということは、
それ相応の実力が無ければ
やって行けないはずなので、

向井聡子さんはパティシエとして
実力があり、
企業などからの信頼もあるのでしょうね^^

一般的に店舗で修業を積むパティシエは
朝6時から夜遅くまで働き、そこから自分の練習をするので、
幅広い技術と忍耐力、経験が早くに身につくのだそうです。

製菓学校卒業後、
直ぐにフリーになった向井聡美さんは、
こういった経験を埋めるため、

フリーとしての業務の合間には、
世界大会に出場されたパティシエの方の
プロ向け講習会のアシスタントをしたり、

クリスマスなどの繁忙期には、
お店でお手伝いをしたりと、

自ら学ぶ機会を作り、
技術や知識の向上に努められています。

向井聡美さんのスイーツコンテスト受賞歴は?

向井聡美さんの受賞歴は、

2011年 BUKOクリームチーズコンテスト優勝

2012年 第11回キリ クリームチーズコンクール銅賞

https://ameblo.jp/vantan-press/entry-11586671969.html

2013年 ジャパン・ケーキショー
東京 プティ・ガトー部門連合会会長賞(優勝)

http://39campus.jp/kakuhito_01.html

2013年 ジャパン・ベルコラーデ・アワード2013銅賞

2015年 第1回内海会味覚コンクール 金賞

2016年 クープ・デュ・モンド・
ドゥ・ラ・パティスリー 日本国内予選 準優勝

http://www.tfoods.com/community/event-report/16032324/index.html

毎年のように受賞されていますね。

2011年のBUKOクリームチーズコンテストでは、

故郷・北海道への思いをこめ、
地元の名産「ハスカップ」を使った焼き菓子を作っています。

http://www.buko.jp/Default.aspx?ID=433

このクリームチーズBUKO(ブコ)は、
豊かな自然の中で健やかに育った牛の良質な生乳をはじめ、
厳選された天然の原材料のみで作られた
ナチュラルクリームチーズだそうです!

コクがありながらクセがなく、
ミルクのフレッシュな風味が生きる味わいは、
さまざまな素材の味を引き立て、

スポンサーリンク

お菓子作りにピッタリです!

ケーキもありました^^

向井聡美さんの経歴は?

北海道札幌市に生まれた向井聡美さんは、
幼いころから、お菓子作りが好きで、
母親に手伝ってもらいながら、
よく作っていたそうです。

自分で作っておいしかったレシピは
ノートに清書して書き留めておいたそうで、

このころから、今でもずっと、
手書きのノートにアイディアなどを
書き留めています。

本格的にお菓子作りを始めたのは
高校生のころ。

テレビチャンピョンの「パティシエ王」という企画で、
番組内でパティシエたちが、
アート作品のような飴細工を作っていたのをみて、

自分を表現できる!と思ったのだそうです。

しかし、好きなことを仕事にしたくないと
思った向井聡美さんは、
4年制大学の経済学部に入学。

でも結局は夢を捨てきれず、
レコールバンタン専門学校(グラン・パティシエ科)に
入学し、製菓を学び始めます。


http://www.lecole.jp/faculty/grandpatissier/course/course1.php

この学校ではフランスでの実習もあり、
本場のスイーツ作りに触れ、
大いに刺激をうけ、

また、レコールバンタン製菓学校で
指導を受けていた先生のアシスタントとして
パティシエのオリンピックのような世界規模の大会に
ついていき、

間近で世界トップレベルの作品に触れることで、
自分も挑戦してみたいと思い、

大好きなクリームチーズに関するコンクールに応募すると、
なんといきなり優勝してしまいます!
(2011年 BUKOクリームチーズコンテスト優勝)

向井聡美さんのスイーツのお店は?

向井聡美さんは、もともと細かいものを作るのが好きで、
実は、
ネイルアーティストかパティシエか迷っていたそうです。

今でも美容関係も諦めておらず、
いつかは美容に良いお菓子や

美容室やネイルサロンに置いてもらえるような
デコレーションされた細工モノのお菓子も
作りたいと思っているのだとか。

しかし今は、
コンクールに力をいれているようで、

自分の力を確認できる場であると同時に、
たくさんのパティシエやシェフとお会いし、
色々なお話を出来ることが楽しみな場でもあります。

皆さんとお話することで知識が増え、
向上心も上がります。

今後の夢の実現のためにも、
今はコンクールに挑戦し、自分の技術を磨き、
そして将来につなげていきたいと考えています。

http://39campus.jp/kakuhito_01.html

と語っております。

向井聡美さんは、現在フリーのパティシエとして、
コンクールに積極的に出場されていますが、

コンクールで結果を出せるようになったことで、
業界の知り合いが増えたり、
顔を覚えてもらったりする機会が増え、
人脈が広がったのだそうです。

コンクール出場がフリーとしての活動を後押しし、
お仕事も入ってくるのですね。

今現在は、向井聡美さん
自身のお店はありませんが、

将来的には、

お土産専門で、御呼ばれに持っていっていただけるような
お菓子を提供するお店を出したいです。

もちろん健康や美容に良いもので、
ターゲットは女性や、女性におみやげを買っていく男性。

野菜スイーツという感じをそう出さずに、
見た目にもキラキラ美しく、美味しそう!
と思っていただけて、実際にも美味しく、
体に良いお菓子を作りたいです。

http://39campus.jp/kakuhito_01.html

と考えられているので、
近い将来に店舗をオープンされるかもしれませんね^^

向井聡美さんの年齢や結婚は?

向井聡美さんは高校卒業後、
4年生大学の経済学部をご卒業され、

レコールバンタン製菓専門学校の
2.5年制のグラン・パティシエ科に入学されています。
なので、卒業時には24歳だったと思われます。

そして、
2011年に
BUKOクリームチーズコンテストで優勝されていますが、
応募資格がプロの方となっていました。

しかし、学生時代にコンクールでグランプリ受賞
との情報もあります。

なので仮に、

卒業後直後くらいに
このコンテストに応募されていたとすると、

2011年の時点で24~25歳と仮定し、
現在は、31~32歳くらいなのかもしれませんし、

学生時代にこのコンテストで
優勝されているならば、
現在は、30歳くらいかもしれません。

外見がとても綺麗なので、
20代といっても分からないくらいですね~^^

そして現在のところ、
結婚の情報はありませんでしたが、

これだけキレイなので、
結婚していてもおかしくないですし、
彼氏くらいはいるかもしれませんね^^

まとめ

美しい芸術作品の様なスイーツをつくる
向井聡美さんが、

お店をオープンさせる日が楽しみです。

きっと大繁盛するでしょうね~^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする