長瀧矢永子(ながたきやえこ)の大学と学費やパイロットの年収は?副操縦士の仕事や資格とは?

スポンサーリンク

セブンルール出演の

長瀧矢永子(ながたきやえこ)さんは、

格安航空会社ジェットスター初の

女性パイロットです!

飛行機のパイロットとは、男性の職業という

イメージが強いですが、

男性のみの職業ではないのですね。

しかし、

世界の航空会社全体における旅客機の

女性パイロットの割合は5%!

やはり女性パイロットはレアなのですね。

今回は、数少ない女性パイロットの

長瀧矢永子さんの

プロフィールや経歴、仕事内容や年収情報について

ご紹介します^^

長瀧矢永子の年齢や高校大学などのプロフィールは?

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31771470U8A610C1XQH000/

【名前】長瀧矢永子
【生年月日】1994年
【年齢】24歳(2018年現在)
【出身】大阪府
【出身高校】不明
【出身大学大学】桜美林大学
【職業】パイロット

とってもきれいな長瀧矢永子さん。

女性らしい外見とは違い、

仕事には男らしくまっすぐに向き合っておられます。

どんな仕事でも男女関係なく

努力される人って素敵ですよね^^

長瀧矢永子さんは、

「飛行機に乗れば男性も女性も関係なく、

一人のパイロットとして乗務することになり、

必ず安全に下ろす選択しかない。

何があっても最後までやりきることを

自身のモットーにしている」

とインタビューで語っておられます。

長瀧矢永子さんが勤務する

ジェットスターでは、パイロットは

約180人がいる中で女性は3人です。

長瀧矢永子のように、

女性パイロットが増えれば、

その活躍を知って志す女性も増えるかも

しれませんね。

長瀧矢永子のパイロット経歴は?

1994年に大阪府で出生した長瀧矢永子さんは、

小さい頃からスポーツ万能の女性でした。

水泳女子として

毎日スイミングスクールに通い、

小学生のときに水泳の

「全国JOCジュニアオリンピックカップ」

に出場したことがあるそうです。

小学生の頃から水泳の選手として

注目されていたこともあって、

将来水泳選手としての期待もありました。

しかし、中学、高校となかなか上位の

大会で上位に入ることができず

伸び悩んでいたそうです。

そんな時に若手のパイロットが活躍している

ドラマを見たことをきっかけに

長瀧矢永子さんはパイロットを

目指そうと心がけました。

パイロットになるためには

特殊な勉強や英語、

飛行機の操縦操作を学ぶ必要があります。

そのため高校卒業後は、

桜美林大学パイロット養成コースに進学し、

パイロットになるための様々な知識を学びました。

2017年4月には、

ジェットスター・ジャパンに入社し、

その後1年間にわたって、

国土交通省による副操縦士への

昇格訓練の汗を流しました。

そしてジェットスター・ジャパン

入社後から1年、

一緒に受講していた4人の仲間たちと合格し、

2018年7月より女性パイロットとしての

人生を歩むことになりました。

長瀧矢永子は副操縦士で仕事内容や資格は?

セブンルールをご覧になって、

「長瀧矢永子さんのような
パイロットになりたい!」

という人も多くいたはずです。

実際に副操縦士はどんな仕事をするの?

また、資格やパイロットになる方法をご紹介します。

飛行機は通常、

機長と副操縦士の2名で担当します。

長距離便になると3名ということも

あるそうですが、

現在は2名が基本となっているそうです。

わかりやすく言えば、

副操縦士は機長の補佐(アシスタント)

の業務がメインです。

基本的には操縦を機長が行うので、

機長の操縦が間違っていないか

副操縦士の立場から確認したり、

各管制塔と連絡するのは

副操縦士の仕事となっています。

機長が操縦する飛行機を安定させるためには、

副操縦士の存在やスキルも大切とのことです。

そんな副操縦士になるためには

高校卒業後に航空大学校に進学するか、

自社養成コース(大卒のみの可能性があり)

に進学する必要があります。

航空大学校はパイロット操作を

学ぶ学校なので、

授業料を払ってパイロットになるための勉強をします。

その後航空大学校を卒業し、航空会社に就職。

スポンサーリンク

半年ほど地上勤務をしてその後は

パイロットになるための操縦訓練を

入社した会社で行います。

何度もシュミレーター訓練などを行い、

厳しい試験を合格した人が晴れて

パイロットになることができます。

前述でも紹介したように大学卒業後に

大手航空会社に入社し、

パイロット養成コースに入ることも可能です。

しかし、その道に関しては難しく、

英語や厳しい身体検査など、

航空大学校を卒業している人よりも

ハードな基準を設けられていることがあります。

そのため、

現在日本国内でパイロットになるためには、

前者の

「航空大学校」⇒「国内航空会社入社」⇒
「地上勤務」⇒「操縦訓練」⇒「副操縦士」

という順番がオーソドックスとなっているそうです。

https://clabel.me/occupations/1263

資格に関しては、

航空従事者国家資格のうちの1つである

事業用操縦士の資格が必要です。

また、

法律上は必要ありませんが、

日本国内の航空会社では

機長になることを前提にパイロットを雇うので、

定期運送用操縦士という資格も

必須にしていることがあります。

(定期運送用操縦士は機長になるために必須の資格)

長瀧矢永子の学費がスゴイ?

最近は私立大学も増えて、

専門的なことを学べる学校が増えている反面、

学費の高騰が問題視されて家庭環境によって

進学できる場所が

限られていることもありますよね。

そんな長瀧矢永子さんが進学した大学も

私立大学ということで

かなりの学費が必要だったことが予想されます。

桜美林大学パイロット養成コースは、

4年制。

1年次に約250万円の学費。

その後も、

2年、3年、4年も250万円の学費が必要。

ということなので、

卒業するまでの4年間で

1000万円の学費が必要とのことです。

それにしても1000万円って、

田舎の中古マンションが買えそうな

金額ですよね。

前述の1000万円という学費に加えて

長瀧矢永子さんの場合は寮費や教科書代、

雑費など様々な出費が4年間で

1000万円近くかかったそうなので、

トータルで計算すると2000万円ほど

大学時代に使ったことがわかります。

この数字だけ見ると4年間で2000万円

という金額を支払える家庭でなければ、

進学できないことがわかるはずです。

パイロットの給料は、

日本の平均年収と比べて3倍ほど

良いことを考慮すると、

確実に学費費用を賄えますが

決して安い金額というわけではないですね。

長瀧矢永子の年収もスゴイ?

パイロットといえば誰もが簡単にできる

仕事ではないことから、

高額年収という噂が出回っていますよね。

実際にはパイロットの年収相場は

いくらくらいなのでしょうか?

今回は長瀧矢永子さんの年収と

パイロットの年収相場をご紹介します。

長瀧矢永子さんの年収を

ピンポイントで調べても年収の情報は

出回っていませんでした。

そんな長瀧矢永子さんが所属する

ジェットスター・ジャパンは、

日本国内で運営している格安航空会社のため、

国内で運営している

大手2社と比べると年収が低いそうです。

しかし、年収が低いといっても

一般サラリーマンとは桁違いの

年収となっていて、

格安航空会社のパイロットでも

約1200万円と言われているそうです。

長瀧矢永子さんの場合は入社して1年ほど、

実務経験が少ないという部分を考慮すると

600万~という年収と推測していますが、

20代前半の平均年収から考えれば、

確実に稼いでいることがわかります。

ちなみに、

日本国内で大手航空会社と言われている

ANAやJALに関しては、

機長クラスで年収1800万円とのことです。

しかも、家に帰ることが難しく休みも

不定期ということを考えると、

年収1800万円というお金を使い切れなさそうですよね。

まとめ

いかがでしたか?

セブンルールに出演された

長瀧矢永子さんについてご紹介しました。

国内格安航空会社の

ジェットスター・ジャパンの

初の女性パイロットとして2018年7月にデビュー。

現在は機長の補佐役として大空を

飛び回っているパイロットです。

前述で紹介した航空大学校(養成大学を含む)

へ進学するための学費の金額には驚きでした。

しかし、パイロットは

機長クラスになれば年収1000万円を超えると

言われていますので、

ちょっとした自己投資という考え方もできそうですね。

そんな長瀧矢永子さんですが、

ハードな勤務スケジュールを男性に負けないように

頑張っているわけですから、

体調不良などは気をつけて欲しいところです。

長瀧矢永子さんが機長になり、操縦する飛行便に

搭乗する日もくるかもしれませんね^^

スポンサーリンク