岡崎遥海(カヌー)の高校や大学と身長は?成績やスポンサーとスラロームとは?

スポンサーリンク

岡崎遥海(おかざきはるか)さんは、
ミライ☆モンスター出演のカヌー選手で、

U23日本代表であり、
五輪代表を目指しています!

カヌーと言えば、
リオ五輪で銅メダリストになった羽根田選手が
有名ですが、

岡崎遥海選手も幼いころから
カヌーを始めて、
様々な大会で実績を残しています。

どんなきっかけで、
カヌーを始めたのでしょうか?

岡崎遥海の年齢や高校や大学などのプロフィールは?

https://ssl.allez-japan.com/athlete/kanoe_okazaki.html

名前  :岡崎 遥海(おかざき はるか)
生年月日:1998年7月3日
年齢  :20歳
出身地 :広島県安芸高田市
高校  :山口県立萩商工高校
大学  :至誠館大学

岡崎遥海選手は、オリンピックを目指すほどに
カヌーの実力が高い選手ですが、

出身地の広島は、
スラローム競技に適しているとは言えず環境的に不利
なのだそうです。

というのも、
スラローム競技は複雑で速い水流上で
カヌーをコントロールし、加速するスポーツであるので、

練習拠点の川のレベルが実力の上限に
直結するといっても過言ではなく、

ほとんどの選手は、腕を磨くのに
適した急流を地元に持っているようです。

そのため広島県の選手がカヌー競技を行うのならば、
ダム湖等の静水面で行うカヌー スプリント競技が
選択肢として優位に来るんです。

しかし、岡崎遥海選手は、
スプリントではなく、
スラロームを選択して競技されています。

静水面より、急流でカヌーに乗る方が
性に合っていて楽しかったのでしょうね。

環境的に不利な岡崎遥海選手が
成長できたのは、

2011年に行われた
山口国体の影響で山口県萩市にスラロームの
練習拠点が整備され、
山口県萩市に強豪選手が集まってきたこと。

岡崎遥海選手は中学生の時に
平日は地元(安芸高田市)の水路で一人練習し、

週末は電車で山口県まで通い、
そのチームに合流し練習をするという生活を
されていました。

高校もその練習が続けられるように、
トレーニングが出来る場所から近い
萩市の山口県立萩商工高校に進学。

岡崎遥海さんは現在至誠館大学2年生で、
至誠館大学も萩市にあるので、

カヌー・スラロームが思い切り出来る
環境の大学を選択されたのでしょうね。

岡崎遥海の経歴は?

羽根田選手がリオ五輪で銅メダルを獲っていますが、
日本ではカヌー競技はまだどちらかというと、
マイナーなスポーツでしょう。

岡崎遥海選手がカヌーを始めた
きっかけは何だったのでしょうか?

岡崎遥海選手の父親がアウトドア好きで、
いろいろな野外体験をされたなかの
一つがカヌーだったようですね。

小学一年生の時に広島県三次市江の川にある、
作木(さくぎ)という川で初めてカヌーに乗り、
インストラクターに指導してもらい、
川でのカヌーが面白いと感じたことだったそうです。

最初はレク的な楽しむカヌーだったのですが、
インストラクターが技術的なことも
たくさん教えてくれたため、

小学校2年生の時に大会に出場!
しかし、最下位になり、悔しかったので
本気でスラロームをしてやろうと思い始めます。

どんどん上達し、

父親もカヌー初心者でしたが、
岡崎遥海さんに付き合ってカヌーを
楽しむようになったのだとか^^

きっかけは父の提案で、娘がそれにのめり込み、
親子で楽しむことが出来るって
楽しそうですね!

しかも、楽しく始めたカヌーで
オリンピックを目指す程になるとは、
父を始め、家族も嬉しいでしょうね^^

そしてさらに
本格的にスラローム競技を始めたのは
中学生になってからで、
上記のように広島から山口県に毎週末通っていたようですね。

岡崎遥海の身長や体重は?

岡崎遥海選手の公式な
身長と体重は公表されていませんでしたが、

こちらの画像の、
一番右に写っている足立和也さんの
身長が175cmだそうです。

スポンサーリンク

http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0708/9p.html

なので、岡崎遥海選手の身長は、
160cmくらいのように見えます。

体重は高校時代に、これからは、
フィジカルトレーニングを取り入れていくと
語っていましたので、
筋肉がしっかりありそうです。

体重は50kgくらいかもしれませんね。

カヌー・スラロームとは?

川の流れの上流から下流、
もしくは逆に
下流から上流に吊るされた

ゲートを通過する技術と
スタート地点からゴールまでにかかった
所要時間の両方を競います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カヌースラローム

スキー競技と同様に1艇ずつスタートし、
ゲートに接触したか、非通過のゲートが
有るか否かによる減点ポイントと
所要時間が計算され順位が争われます。

https://ssl.allez-japan.com/athlete/kanoe_okazaki.html

下流から上流に進むってスゴイパワーがいりそうですね!
急流の中でカヌーを操縦する技術は相当難しそうです!

急流の中で楽しむのは
かなりハードルが高いので、
素人の管理人は、簡単そうなボートで楽しむところから
はじめようと思います!

Coleman(コールマン) スーパーカラベルサンニンヨウコンボ 2000009248カヌー カヤック カヌー本体 インフレータブル アウトドアギア
雰囲気だけでも
味わえるでしょうか?(笑)

岡崎遥海の大会成績は?

現在はU23日本代表で、
五輪目指しジャパンカップに挑む岡崎遥海さん。

本格的に競技を始めたのが
中学生からだったようですが、

カヌーを始めた小学生の時から
大会に出場して優勝経験がありました!

カヌーのインストクターも、
岡崎遥海選手のセンスを感じていたからこそ、
いろんな技を教えていったのではないでしょうか?

【小学生時代】

小3 B&G 全国少年少女カヌー大会  準優勝
小6 B&G 全国少年少女カヌー大会  優勝
「B&Gドリームキャンプ」に招待され、
沖縄でのカヌー短期合宿に参加

【中学生時代】

中1 JAPAN CUP 阿武隅側     3位
中2 ジュニアナショナルBチーム
中3 ジュニア選手権        優勝
中3 ジュニアナショナルAチーム
中3 アジア選手権大会(台湾)   3位
中3 ジュニア選手権        2位

中学生時代には国際大会に出場し始めています。

【高校時代】

高2 ジュニア選手権        1位
高2 ICF カヌースラロームジュニア&U-23世界選手権
(ブラジル)セミファイナル
高3 アジア選手権チーム優勝

2年生にしてジュニア(18歳未満)ではなく、
A代表と呼ばれるシニア日本代表(枠は3名)を
狙う位置へ!

【大学時代】

スラロームジャパンカップ第4戦  優勝

現在はU23日本代表で、
オリンピックを狙う位置までランキングを上げてきました。

岡崎遥海のスポンサーは?

カヌーは国内に各県ごとにカヌー協会があり、
国体競技などに出る場合は
一部補助などがある場合があります。

しかし、
競技人口が少ないので予算も限りなく少なく、
スラローム競技は高校でクラブ活動もなく
インターハイもないので学校からも補助が
無いのが現状だそうです。

ですので、カヌー競技を続けるには
かなりの額を実費で捻出しなければならないようです。

野球やサッカーのように身一つで
新幹線や飛行機で移動することが不可能であり、

艇は約30万程で1.5年程度の使用で買い替え、
年間通して遠征や県外合宿、
ナショナルチーム合宿など、

ジュニア時期でも県のカヌー協会などの補助を受けても
100万程度の実費が必要になるのだとか。

岡遥海選手が競技を続け、
オリンピックに出場するためには
海外遠征は欠かせませんので、
活動資金を援助するスポンサーが必要ですね。

こちらから、スポンサーについて
お問い合わせができるようです。

【お問い合わせ先】

郵便番号
731-0521
広島県安芸高田市吉田町常友1257-2
岡崎 正喜
TEL
090-9061-7432

Mail
makisiki@mail.goo.ne.jp

まとめ

オリンピックを目指して練習に励む
岡崎遥海さん。

スポンサーによる支援体制も
整っていくことを願います^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする