離乳食を食べない子

スポンサーリンク

離乳食を食べる赤ちゃん。

小さなお口で一生懸命「あーん」と食べる姿は可愛いですよね。

私は始めての子を出産後、離乳食を作ってあげるのを楽しみにしていました。

母乳から食事へ。

歯科衛生士として、食べ方や食材などになるべくこだわって、

離乳食を頑張ろうと思っていました。

でもまだまだ母親になって数か月。

思うようにはいきませんでした。

我が家の長女(現在小3)は生まれた時からよく寝る子でした。

放っておくと5~6時間ずっと寝てしまうので、

タイミングをみて起こして授乳していました。

ですが、

睡眠欲の方が強いのか、あまり飲みません。

助産師さんが「これでは母乳の量が足りない!」

とミルクを飲まされると吐く始末。そして哺乳瓶嫌いに・・・。

長女は生まれながらに小食だったようです。

母乳は飲まず、哺乳瓶からミルクは飲まず、途方にくれてしまいました。

体重も成長曲線の下の方で、小柄でした。

母乳がダメなら、離乳食で体重挽回だ!

と思って離乳食を頑張ろうと思っていたのですが・・・

スポンサーリンク

全く食べない。

雑誌や離乳食教室で教えてくれる事や、

「離乳食 食べない」でネットを検索してあらゆることを試しました。

  • ブレンダーを使って滑らかにする
  • お米がダメならパンがゆを
  • 市販のベビーフードを使う
  • 月齢より柔らかくor固めにしてみる
  • スプーンの素材をプラスチック・金属どちらも使う
  • おやつは控える
  • たくさん遊んでお腹をすかせる
  • ふりかけ・ケチャップ等の調味料を使う      などなど

色々試しましたが、あまり効果ありませんでしたね(涙)

何をやってもうまくいかないし、食材・手間暇は無駄になるし、

これが1日3回、何か月も続くとイライラしてきちゃうんですよね。

周りのママ友の子たちは、反対によく食べる子で、

焦る気持ちが強くなってしまいました。

この当時の私は、

「育児がうまくいかないのは母親の勉強不足のせい」

「自分がしっかりしなければ」

「ちゃんと育てなければ」

と、子育てを全部自分で背負いこむ思考になっており、

自分の子を他の子と比べて育児がちゃんとできているのか、

判断していたように思います。

ある時、イライラしながらご飯を与えている私を見かねた母が、

「食べないけど、元気に遊ぶし、よく喋るし、ちゃんと大きくなってるよ。

大きくなったら食べるなって言っても食べるようになるから(笑)」

と言ったんです。

わかっているつもりでしたが、あらためて言われると、ハッとしましたね。

長女なりに食べていて、この子なりに大きくなっているんだから、いいじゃないか。

他の子と比べたり、標準に当てはめる必要はないな。

今までなんでもっと楽しく食べる事を大事にしなかったんだろう』・・・と。

その後、現在はあの頃の悩みは何だったんだろうと思うくらい、

普通の量を食べます。

もういいよっていうくらい食べる時もあります^^

離乳食の時期なんて長い子育ての内の、ほんの数か月。

可愛い時期の食事を親子で楽しまないともったいない!

とあの頃の自分に言ってあげたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする