龍崎翔子の親や年収と高校は?東大生が経営のホテルの場所や名前と挫折とは?

スポンサーリンク

セブンルールに出演した龍崎翔子さんは、
現役東大生で5つもホテル経営をされており、

その経営手腕について注目が集まっています。

大学生で起業するといったら、
近年ではIT系で起業するイメージが強いのですが、

龍崎翔子さんはホテルの経営にあたり、
銀行から多額の融資を受けているので、
父や母親の職業も気になるところです。

龍崎翔子さんの生い立ちや
経営されているホテルについて
調べてみました!

龍崎翔子の出身や年齢などのプロフィールは?

龍崎翔子

http://bae.dentsutec.co.jp/articles/social-hotel/

名前  :龍崎翔子
生年  :1996年
年齢  :21歳
出身地 :東京生まれ京都育ち
中学  :京都教育大学附属京都中学校
高校  :京都教育大学附属高等学校
大学  :東京大学文科2類(経済学部)在学中
職業  :実業家

龍崎翔子さんは、
現在東京大学文科2類に在学中で
ホテルを5つも経営されています。

高校は京都教育大学付属高校で政治家の前原誠司氏や、
女優の山村紅葉さんなどが同じく卒業生でした。

偏差値は69と京都府内の唯一の国立高校で、
SSH(スーパーサイエンススクール)に指定されています。

大学や研究機関と連携したり、
実験設備が充実していたりする環境で、

生徒が自分でテーマを設定して研究を進める
課題研究」に取り組むなど、
理数教育が充実しているようです。

京都教育大学付属中学からの内部進学になりますが、
その競争は厳しく、
内申点が良くないと簡単には高校に進学できないそうです。

龍崎翔子さんは、中高と京都教育大学付属なので、
優秀な成績だったのでしょうね!

龍崎翔子の経歴は?

22歳にしてすでに5つのホテルを経営している
新世代の経営者の龍崎翔子さん。

最初にホテルを作りたいと思ったのは、
なんと小学2年生の8歳の時です。

その時半年ほどアメリカに住んでおり、
最期の一か月を家族でアメリカをドライブ旅行した際、

「たくさんホテルがあるのに、
自分が泊まりたいホテルがない。
なんでこんなに代わり映えしないんだろう」

「その街に来た人がその街らしさを感じられるような、
趣向を凝らしたホテルがいい。」

と思ったのがきっかけです。

小2の子どもにしたら、
確かにどこも同じに見えるのかもしれませんね(笑)

またデザインが好きで、
店舗や雑貨デザインなどをスケッチブックに描いているなかで、

小学校5年生の時に
「ズッコケ三人組 ハワイへ行く」という本で、
ハワイでホテルを経営している日系人のおじさんが登場したのを見て、

「あ、うちもホテルの経営者になりたいわ」と思い、
その場で決めたそうです。

その作品に出てきたホテルを経営しているおじさんは、
その作品の中で大きな役割を持っていたわけではありませんでしたが、

「ホテルの経営者」という職業がある、
という事実を目の当たりにして、

既存のホテルに対する不満と、
デザインするのが好きという嗜好が一本の線で結ばれたのだそうです。

龍崎翔子さんの夢はどんどん具体的になり、
スケッチブックは理想のホテルの
イメージデッサンであふれていきます。

特色あるホテルを自ら世界各地に
プロデュースするべきか?

あるいは既存のお城ホテルなどの特色あるホテルを
フランチャイズ化するべきか?

など、ビジネスモデルを考えては、
家族や周りの大人に自分の考えを話していたそうです。

小学生の子供が将来なりたいものが
ホテルの経営というのはこうした些細なきっかけが
あったんですね!

子どもの可能性は無限大といいますが、
本当になにがきっかけで興味を持つか、
広がっていくかわからないですね^^
しかし、それにしても

「気に入ったホテルがないなら
自分で作ろう!」

と考え、行動できるところが
すでに経営者脳といいますか、
組織のリーダーになるタイプなのでしょう。

小学生ながら起業を目指していた
龍崎翔子さん。

東大を受験するのですが、
これもまた受験の理由がスゴイ!

スイスで一流ホテルのホスピタリティを学ぶにせよ
アメリカでホテル労務だの財務だのを学ぶにせよ
日本で経営学を学ぶにせよ、

そこに行けば学べると分かっている知識は
いつでも手に入る。

文献にまとめられていることもあるし、
そうでなければ所詮授業料さえ払えば
誰でもアクセスできる知識です。

ただ、そこにまとめられている以上の
ことを知ろうと思った時、

膨大なインプットを得、
先人の思考回路を学び、
その思考の過程を自分で追わなければならない。

そう言った思考力というか、
知識の土壌となるものを養うために、
高水準の知見や人材が集い、
かつ多様性のある空間に身を置きたかった。

そう思って、東大を目指すことにしました。

http://college.nikkei.co.jp/article/86771617.html

若干17歳の高校生でここまで考えているとは・・・。
東大生ってこんなにハイレベルな人たち
ばかりなんでしょうか?

やっぱりすごいですね^^

猛勉強した龍崎翔子さんは、
京都の国立高校である京都教育大学付属高等学校からは、
5年ぶりの東大生になったそうです!

龍崎翔子の挫折とは?

大学に入学!これからホテル経営に向けて行動だ!
ということで、

1年の頃は時には週7でバイトをこなしながら
社会人やOBとの交流会に参加し、
チャンスを掴めないかと画策します。

しかし、
そこで出会った人の中に、

「何でホテルなんかしたいの?(笑)」
「どうやって?(笑)」
「何ができるの?(笑)」

「じゃあその夢を叶えるために、
あなたは何かしてるわけ?」

とチャンスどころか、アドバイスさえもらえず、
厳しい言葉で返り討ちに遭います。

「どうやったらホテル経営できるようになるか
分かんないから、ここに顔だしてんだよ!」

といら立ちを感じるとともに、
自分の見通しの甘さに気づいたと言います。

そこでまずホテル以外のことを
やってみようと、

東大のOBが重役を務める中小企業に潜り込み、
インバウンド(海外から日本へ来た旅行者)担当として
中国の大手旅行代理店への営業を買って出て、
自ら中国・北京までプレゼンをしに行きました。

北京まで赴いて商談したのですが、
結局約束をすっぽかされ、破談。

プロジェクトチームの人間関係もこじれてしまい、
すべて白紙に。

この時の挫折感で、
それまで気を張り生き急がせてきたものが
すっかり抜けてしまい、

夢をくすぶらせながらも、
サークルと授業と飲み会を行き来する
自堕落学生生活を送っていたと言います。

しかし転機が訪れます!

①東京にあるゲストハウス「toco.」
ゲストハウスは新鮮でコンパクトな宿泊業態で、
経営しやすいのではないか

②Airbnb
Airbnbとは、自分(ホスト)の使わないお部屋を
旅人(ゲスト)に貸し出すためのマッチングサービス

この二つのホテルの経営業態に出会い、
今まで大きなハコという形でしか
捉えることができなかった「ホテル」というものが、

一部屋一部屋、ユーザー一人ひとりを寄せ集めて
できたものだと認識を転換できるようになったとのこと。

いきなり100室の大きなホテルを作るのは無理でも、
5室、10室の小さいホテルで、
お客さんに満足してもらうことは私にもできるかもしれないと
思ったのだそうです。

そして19歳の時にL&Gグローバルビジネスを設立。
母親に社長になってもらい、
資金を調達してついに
北海道に富良野で起業にこぎつけます!

北海道の富良野にプチホテル
「petit-hotel #MELON富良野」を開業、

その後は京都や大阪、神奈川・湯河原で
ホテルのプロデュースしてきました。

現在では日本全国で5つのホテルを経営されています!

経営者として忙しいながらも
大学の授業もしっかりと受けているそうですね。

実は富良野の開業後、
冬の閑散期にはホテル業務を学ぶために、
修行(アルバイト)に行っていたという龍崎翔子さん。

理想のホテルにしようと
いつでも学ぶ姿勢は消えることが無く、
経営者でありながらも現場での学びを積極的に行っていたそうです。

この向上心、学ぶ姿勢が
5つのホテル経営に成功した原動力なのでしょう。

そんな龍崎翔子さんを育てたご両親も気になりますね^^

龍崎翔子の父親と母親は?

一緒に起業した母親の龍崎七海社長は教師で、
丁度節目の時期だったこともあり、
共同経営に参加されています。

現在では、

母が経営管理、
龍崎翔子さんが経営企画、マーケティングや広報を担当されています。

最初は見ず知らずのおじさんを社員さんとして数人雇っていた
この会社も
いまでは社員20人、従業員50人と大きくなりました!

父親については
職業などは不明でした。

しかし、子供のころにアメリカに住んでいたことや、
インド・中国・タイなどいろんな国のホテルを子供のころに
宿泊されているようなので、

海外転勤のあるサラリーマンなのかもしれません。

ホテルを開業するにあたり、
普通は銀行の融資を受けると思うのですが、
大学生であり、実績のない龍崎翔子さんに融資はされないでしょうから、
父親か母親の資金がかなりあったのではないでしょうか?

とすると、
経済的には裕福な家庭で育った可能性は高いでしょうね^^

龍崎翔子の年収は?

現在5つのホテルを経営されている龍崎翔子さんの年収は、
どの位あるのでしょうか?

ホテルの従業員の平均年収は300~600万円と
勤務するホテルのよってかなりばらつきがあるようです。

また、
ホテルの支配人になると、年収は1000万円近くになり、

特に外資系の場合は、2000万円にもなるのだとか!

あくまで予想ですが、
今の段階では売上で出た利益は、
新しいホテルの建設や、

既存のホテルのサービス向上のために
使っているのでは?

と思います。

なぜなら龍崎翔子さんの夢はたくさんあり、
2020年には東京への進出も視野に入れているからです。

ですので、ホテル経営の利益は多くても、
実際に龍崎翔子さんに入る収入は意外と少ないのかもしれません。

龍崎翔子が経営するホテルの場所と名前は?

スポンサーリンク

北海道富良野「petit-hotel #MELON富良野」


https://www.booking.com/hotel/jp/petit-hotel-melon-furano.ja.html

北海道・富良野にある築30年のレトロなペンションを
リノベートして生まれた新しいプチホテル。

富良野スキー場まで徒歩1分と冬のレジャーに最適!
全室WiFi完備。

共用キッチンを併設し、滞在中は富良野エリアで
購入できる地元の新鮮な野菜や肉で自炊が可能です。

住所
〒076-0034北海道富良野市北の峰町14-31

petit hotel MELON 富良野の詳細

京都東九条 「HOTEL SHE,KYOTO」

https://www.expedia.co.jp/Kyoto-Hotels-Hotel-She.h14874009.Hotel-Information

毎晩夜にはゲスト同士で集うパーティーを行うなど、
出会いのある生活を提案しています。

ポップアートなどの生まれる地であることから、
若きクリエイターのギャラリーや
ポップアップイベントなども積極的に開催しています。

住所
〒601-8041京都府京都市南区東九条南烏丸町16

HOTEL SHE, KYOTO の詳細

大阪弁天町 「HOTEL SHE,OSAKA」


https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/165071/165071.html

全客室にレコードプレーヤーを設置し、
「アナログな音楽体験のあるライフスタイル」を提案。
1階では従業員が企画したクラブイベントを開かれることもある。

住所
〒552-0012大阪府大阪市港区市岡1-2-4
HOTEL SHE,OSAKAの詳細

神奈川湯河原「THE RYOKAN TOKYO」

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/153147/153147.html

文豪たちの気分が味わえる「原稿執筆パック」なども用意
全客室に人をダメにするソファ「yogibo」を設置し、
新しい温泉の癒しの形を提案しています。

住所
〒259-0314神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742

The Ryokan Tokyo YUGAWARAの詳細

北海道層雲峡 「ホテルクモイ」

ひとりの80歳のお婆さんが切り盛りしていた旅館
「ホテル雲井」をL&Gがリノベーション。

むき出しの配管パイプが覗き、
スポットライトの光がソファに落ちるような2018テイストの温泉旅館。
wifi&電源完備で作業をすることもできるし、
浴衣で温泉街を湯めぐりに出かけたり、
温泉上がりのコーヒー牛乳やラムネなどレトロな楽しみ方もできる。

住所
〒078-1701北海道上川郡上川町層雲峡

ホテルクモイの詳細

さすが社員のほとんどが平成生まれということもあって、
全てのホテルのデザインが斬新です!

個人的には湯河原の人をダメにするソファでくつろぎたいですね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする