三枝俊介(ショコラティエ)のお店やチョコの値段や通販は?経歴や年収は?

スポンサーリンク

プロフェッショナルに登場された
ショコラティエの三枝俊介(さえぐさ しゅんすけ)氏は、

「ショコラティエ パレ ド オール」で、
オーナーシェフを務めていらっしゃいます!

三枝俊介氏は、
チョコレートをカカオ豆の焙煎から手がける
「Bean to Bar」の先駆者ですが、

以前は、パティシエとして
高い名声を得て活躍されていたそうです!

三枝俊介氏が手掛けるチョコレート、
「パレ ド オール」のお店の場所や値段と、
ネットでも購入可能かどうか、
調べてみました!

三枝俊介の年齢や出身などのプロフィールは?

三枝俊介

https://cake.tokyo/14994

名前 :三枝 俊介(さえぐさ しゅんすけ)
生年 :1956年
年齢 :61歳or62歳
出身 :大阪府
職業 :ショコラティエ

三枝俊介氏はもともとパティシエとして
スイーツ界の第一線で活躍されていたのですが、

57歳の時に、
「チョコレートを全力で極めたい」
との熱い想いから、
一パティシエとして再出発されています。

57歳ですでにパティシエとして成功されている中、
さらにチョコレートを極めようとする
徹底したプロの姿勢が素晴らしいですね!

年齢を重ねると、
守りに入ってしまうことが多くなりますが、
三枝俊介氏は、常に進化を求めていたのでしょうね^^

三枝俊介氏の経歴は?

高校を卒業後、洋菓子店に勤務され、

22歳の時に大阪の名門ホテル「ホテルプラザ」
洋菓子界の重鎮、故・安井寿一氏に師事し、
数々のVIPの菓子やデザートを手がけた
三枝俊介氏。

1990年、32歳の時に独立して
大阪にパティスリー「メランジュ」と
山梨県清里高原にリゾートカフェ「清里マチス」を開業。

1996年、39歳の時に
出張で訪れたフランスリヨンの老舗ショコラティエ
「ベルナシオン」オーナーの

モーリス・ベルナシオン氏との出会いが
パティシエからショコラティエへ転身するきっかけとなりました。

この時の出会いを三枝俊介氏は、

まさに、私の人生を変えた出会いでした。
ベルナション氏が「Bean to Bar」スタイルの
お店をされていることは知っていましたが、

1996年当時の私は、
既成のクーベルチュールを使っても
十分おいしいものができるのに、

わざわざ時間と手間をかけて
そこまでこだわる必要はないのでは……と
思っていたんです。

でも、一歩お店に足を踏み入れた瞬間、
店内に漂うチョコレートの香り高さに
衝撃を受けました。

その後、知れば知るほどに、
彼のつくるチョコレートのすばらしさや
その哲学にすっかり魅了されました。

https://cake.tokyo/14994

よほど香りが違ったのでしょうね!
パティシエとして目も鼻も舌も優れている
三枝俊介氏が圧倒されるくらいの香りとは
どんな感じだったんでしょうね!

そして、

2004年11月に新ブランドの
「ショコラティエ パレ ド オール OSAKA」をオープン。

2007年4月東京新丸ビルに2店舗目
「ショコラティエ パレ ド オール TOKYO」出店。

2014年11月、「アルチザン パレ ド オール」を
清里にオープン。

有名パティシエだった三枝俊介氏が57歳で
新しい分野にチャレンジするというのは、
どんなに大変なことだったのでしょう。

一般的にはもうすぐ定年も近いころですが、
三枝俊介さんは、
まさにプロフェッショナル!

本物のチョコレートに触れてしまったので、
職人として目指すべきものとされたのでしょうね!

そして

日本で初めてカカオ豆の焙煎から始まる
ショコラを作るまでの工程”Bean to Bar”を清里で開始。

三枝俊介氏は、インタビューの中で、

「やはり既成のチョコレートを
原料に使ってお菓子をつくると、

誰でも同じ味をつくることができてしまう。
そうではなくてカカオをよく理解し、
豆の焙煎から何度も試行錯誤を重ねる。

まだまだ勉強中ではあるのですが、
経験値を積むにつれて、
豆の個性や味の変化について
掴めるようになってきました。

そういう過程を経て、
唯一無二のチョコレートをつくれるのだと思います」

https://byronjapan.com/archives/2800/2

唯一無二のチョコレートを極めるために、
まだまだ修行中なのですね!!

店名にある、
「パレドオール」は、
金の円盤を意味するショコラのことです。

三枝俊介氏が作るショコラは、
特別ですので、”金”という言葉がぴったりですね^^

そんな特別なチョコレート、
一度でいいから食べてみたいですね!!

三枝俊介氏のお店の場所や名前は?

三枝俊介氏のお店は全部で6つあります

ショコラティエ パレ ド オール

ショコラティエ パレ ド オール 東京

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F(東京駅丸の内中央口から徒歩1分)
TEL 03-5293-8877 / FAX 03-5293-8878
[営業時間:平日] 11:00 – 21:00 / Last order 20:30
[営業時間:日祝] 11:00 – 20:00 / Last order 19:30

10種以上のチョコレートパーツを
盛り込んだチョコ好きのための
チョコレートパフェもあります^^
\1750

スポンサーリンク

http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/parfait1_14_0619/02

ショコラティエ パレ ド オール 銀座

東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座店 B1F(東京メトロ銀座駅直結、JR有楽町駅より徒歩8分)
TEL 03-3567-1211(大代表)
[営業時間] 松屋銀座店の営業時間に準じる

ショコラティエ パレ ド オール 大阪

大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 4F(阪神梅田駅西改札からすぐ、JR大阪駅桜橋口から徒歩2分)
TEL 06-6341-8081 / FAX 06-6341-8082
[営業時間] 11:00 – 20:00 / Last order 19:30

アルチザン パレ ド オール

アルチザン パレ ド オール KIYOSATO L’ATELIER DU CACAO

〒407-0301
山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545-931(清里駅から車で7分)
TEL 0551-48-5381
[営業時間] 10:30 – 18:30(毎週火・水曜定休)

カカオ豆から作ったソフトクリームは大人気です!

\551

アルチザン パレ ド オール AOYAMA

東京都港区南青山1-1-1 ツイン東館B1F
TEL 03-3470-0613
[営業時間]
月~金曜日  10:30 – 19:30
土曜日 10:30 – 15:00
(日曜・祝日定休)

アルチザン パレ ド オール BIS

大阪府豊中市新千里東町1-1-1 オトカリテ 2F
TEL 06-6873-8288
[営業時間] 10:00 – 20:00 ※金土のみ21:00 迄

三枝俊介氏のネット通販はある?

オンラインショップ

東京・大阪・山梨以外の方もオンラインショップでの購入が可能です。
Amazonや楽天は正規販売されていないようです。

Amazonや楽天で販売されていたら、
希少性がないですもんね^^

三枝俊介の人気チョコレートは?

三枝俊介氏の作るチョコレートは、
種類も豊富で、大変人気で売り切れ続出です!

今までになかった組み合わせを常に考えていて、
材料の生産者の方々との出会いや、

いろんな分野の専門家の方々との
偶然の出会いから生まれることも多いのだとか。

やっぱり常に向上心があるからこそ、
いい発想ができるんでしょうね^^

からだにおいしすぎるショコラ \2250

からだにおいしすぎるショコラ

2015年「マツコの知らない世界」で
紹介されています。

砂糖を使わずメープルシロップとはちみつで甘みをつけ、
豆乳や良質のゴマ油を使うなど、
からだにやさしい食材で仕上げています。

獺祭ショコラ \2300

獺祭ショコラ

2015年「マツコの知らない世界」で
紹介されています。

「獺祭(だっさい) 磨き二割三分」を使用した、
日本酒ショコラ。
お米の甘い香りが際立つビタータイプと
塩をアクセントに加えたミルクタイプがあります。

マールショコラ \2150

マールショコラ

100%カカオにはちみつだけで甘みを付けた
ガナッシュは、シンプルながら個性的な味わい。

三枝俊介の年収は?

日本で唯一無二のチョコレートを作る三枝俊介さんの
年収は一体どの位なのでしょう?

現在は、6店舗の経営に加え、
オンラインショップからも注文がありますので、
年商は相当あるのではないかと推測します!

本場フランスでは国家資格となっている
ショコラティエの中には、

国家最優秀職人章
(M.O.F、フランス国家最優秀職人章)
が授与された方もいるようですね!

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」には、
「パン・洋生菓子製造工」の賃金データがあり、

推定平均年収は、
321万8,900円となるそうです。

三枝俊介氏のように、
独立して何店舗も持つような有名ショコラティエ
の場合は、
年収は何倍にもなりそうですね^^

まとめ

有名パティシエであったにも関わらず、

チョコレートを極めたいとの

職人としての想いを胸に、

一からチョコレートを学び、

唯一無二のチョコレートを作り続けている

三枝俊介氏。

これからも新商品を開発してくれるのでしょうね^^

スポンサーリンク