斎藤瑠璃子(栗農家)の西明寺栗と野菜の通販購入はどこ?美術大学や作品展は?

スポンサーリンク

「西明寺栗」を栽培する齋藤農園の3代目、

斎藤瑠璃子さんがセブンルールに出演!

27歳の若さでご実家の齋藤農園を継いだ

斎藤瑠璃子さんは、

日本一大きいと言われる「西明寺栗」をはじめ、

お米やネギ、トマトなど15品目計40種類もの

野菜を育てておられます。

そして齋藤瑠璃子さんは、

農家「齋藤農園」の跡も継ぎ、

さらには「農家アーティスト」として

美術家と農家の2足のわらじをはいておられる

素晴らしい方です。

今回は、齋藤瑠璃子さんの経歴や

西明寺栗について、

農業アーティストとしての美術作品や

受賞歴などについて調べてみました。

斎藤瑠璃子(アーティスト農家)の年齢や高校などのプロフィールは?

https://cocolococo.jp/21785

名前:齋藤瑠璃子(さいとう るりこ)
生年月日:1984年10月31日
年齢:34歳
血液型:O型
出身:秋田県仙北市

斎藤瑠璃子の経歴は?

斎藤瑠璃子さんは、

地元の高校を卒業後は多摩美術大学の

絵画学科に進学。

その流れで東京に就職した

齋藤瑠璃子さんでしたが、

その頃は首都圏を中心に農家の

後継ぎが集う「こせがれネットワーク」

というコミュニティが発足した頃で、

コミュニティに顔を出すようになって

かなり影響を受けたと言います。

そして秋田出身者が集まるコミュニティ

「WE LOVE AKITA」の存在も知り、

そこで知り合った方たちと一緒に、

地元の名産品や野菜などを販売していたそうです。

実は齋藤瑠璃子さんのご実家は

代々続く「齋藤農園」であり、

いつかは後を継ぐということは

齋藤さん本人としても視野に

入れていたのでしょう。

そんな齋藤瑠璃子さんが農業に興味を

持つきっかけとなったターニングポイントは、

大学4年の学校祭の時。

実家から取り寄せた野菜を販売していたら、

「こんな大きな栗は見たことがない」

「干ししいたけが立派!」

などという声が多く、

とても好評だったそうです。

改めて地元の良さを外から評価されたことで、

実家の作物の素晴らしさを自覚したと言います。

その後、

東日本大震災があったことや、

父親の譲さんが体調を崩したことをきっかけに、

齋藤瑠璃子さんは地元の秋田に戻ることを

決意されます。

そして2011年、実家に戻った後、

両親から農業について学び、

27歳の若さで実家の農園を継いだそうです。

27歳の若さで農家を継ぐとは、

相当な覚悟があったに違いありません。

しかし、

その矢先父親は事故に巻き込まれ帰らぬ人へ。

農家を継いですぐの出来事だったので、

「農家としてやっていけるのか」と

大きな不安にさいなまれたそうです。

そんな齋藤瑠璃子さんを救ってくれたのが

近所のおじいさんやおばあさん達との

温かいつながりだったそうです。

齋藤瑠璃子さんの営む「齋藤農園」は、

山のふもとに住み、生活排水が一切入らない

田んぼや畑で野菜を栽培しているそうです。

体に優しい野菜が育ちそうですね。

さらに齋藤瑠璃子さんは

農業とアートを結び付けて、

楽しく面白い農業を継続的に

やっていきたいそうです。

農業とアートとはなかなか斬新な

組み合わせですが、面白そうですね^^

齋藤瑠璃子さんのアーティストとしての

活躍についてはまた後述します。

斎藤瑠璃子が作る西明寺栗とは?

西明寺栗(さいみょうじぐり)は、

丹波地方、美濃養老地方からの種子を

掛け合わせて栽培されたのが始まりだそうです。

現在では生産者が少なくなっているため、

とても貴重な栗になっているそうです。

そして西明寺栗の最大の特徴は、

その大きさ。

粒が大きいため毬栗ではなく、

粒だけが落ちるものがあるほどです。

大きいもので重さ60g~70g以上の栗も

獲れるそうです。

Lサイズの卵が約60gあるので、

それと同じぐらいと考えると、

どれだけ大きいのかがわかりますね。

完熟した西明寺栗は茹でるとホクホク

とした食感ですが、

実は粉質で煮崩れしないしっかりとした栗のようです。

シンプルに茹で栗で食べることはもちろん、

栗ごはんや渋皮煮などの調理におすすめだそうです。

旬は、

早生種が10月初旬頃、

晩生種が10月中旬頃から最盛期に入るそうで、

秋ごろから旬を迎えています。

斎藤瑠璃子が作る西明寺栗の購入方法!通販もあるの?

齋藤農園の西明寺栗の購入方法を

調べてみました!

「厳選食品安心堂」というところの

HPからで購入できます。

しかし、今年の栗は既に売り切れのようです。

やはり生産者が少ないので、

購入するためにはかなり前から

予約しておく必要がありそうですね。

またHPからは入荷したら

お知らせしてもらえるシステムもあるので、

登録しておくと便利かもしれません。

ちなみにHPはこちらです。

「厳選食品安心堂」HP

値段は、西明寺栗Lサイズ

1kgで2,980円ということで、

そこまで高くはないようです。

そして何と言ってもこの大きさが魅力ですよね。

スポンサーリンク


https://anshindo-d.com/shop/item/anshindo/picture/goods/11911_1.jpg

日本では一番大きいサイズの「西明寺栗」は、

味も美味しくて栗の王様といっても

いいのではないでしょうか。

お正月の栗きんとん用に購入するのも良いですね。

今年の西明寺栗は売り切れなので、

来年はぜひ早めに購入してみてはいかがでしょうか。

斎藤農園の西明寺栗の販売は終了していますが、

お菓子などでは、通販で購入できるようです。

今年のお正月はリッチな栗きんとんで
迎えるのもいいですね^^

また、野菜はこちらから購入可能です!

ポケットマルシェ

斎藤瑠璃子のアーティスト作品や受賞歴は?

「農業とアートをリンクさせる」

という夢を持っておられる齋藤瑠璃子さん。

代々続く農家「齋藤農園」の跡も継ぎ、

現在は「農家アーティスト」として、

美術家と農家の2足のわらじをはいておられます。

作品は齋藤瑠璃子さんのHPでも見ることができます。

齋藤瑠璃子さんの作品

これまでの受賞歴としては、

2009年
第24回ホルベイン・スカラシップ奨学者に

認定されています。

1年間にわたり総額50万円相当の油絵具・

アクリル絵具など、ほぼ全ての

ホルベインブランドの色材を無償提供する

奨学制度で、

優れた作品の創造を推進し、

美術界の発展に寄与することを願って

設立されたのだとか。

秋田には、

東京でカメラマンの仕事をしていた方や、

絵や陶芸をやっていたという方も

戻ってきていているそうで、

齋藤瑠璃子さんも個展だけでなく、

色んなジャンルの方と一緒に展示会を

することもあると言います。

どうしても都会ではジャンルごとに

隔てられた展示会がメインのようですが、

秋田ではジャンルなどの垣根がないそうなので、

写真家や農家、陶芸家など様々なジャンルの

人たちとコラボできて面白い展示が

できるのが魅力だそうです。

このように秋田だからこそできる、

ジャンルにとらわれない創作活動が

齋藤瑠璃子さんの魅力です。

「農家アーティスト」として新たな分野を

切り開いている齋藤瑠璃子さんですが、

今後更なる活躍が期待できそうですね。

東北観光がてら、齋藤瑠璃子さんの

展示会や個展など見に行ってみるのはいかがでしょうか。

まとめ

美術大学に通っていた経歴も生かし、

27歳という若さで代々続く農家

「齋藤農園」の跡も継ぎ、

現在は「農家アーティスト」として、

美術家と農家の2足のわらじをはいておられる

齋藤瑠璃子さん。

地元秋田だからこそできる、

ジャンルにとらわれない創作活動が

最大の魅力で、

「農家アーティスト」として

新たな分野を切り開いている

齋藤瑠璃子さんですが、

今後更なる活躍が期待できそうですね。

そして日本一大きい西明寺栗の栽培も

手掛けている齋藤瑠璃子さんですが、

西明寺栗はネット通販ですぐに売り切れてしまう

大人気商品なので、

気になる方は最盛期を迎える時期より前に

HPで入荷状況をチェックしておくことを

オススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする