佐野太(文科相局長)の顔画像や受託収賄した大学や経歴は?妻や子供は?

スポンサーリンク

佐野太文部科学省局長が、
自分の子どもを大学に合格させてもらう見返りに、
文部科学省の支援事業の対象校とするよう取りはからったとして、
受託収賄の容疑で逮捕されています!

公務員トップの官僚が起こした
裏口入学ともいえるこの事件。

何とも残念です・・・。

事件の概要と受託収賄先の大学は?

報道によると、

文部科学省の科学技術・学術政策局長が、
私立大学の支援事業をめぐって、
東京医科大学に便宜を図る見返りに、

受験した自分の子どもを合格させてもらったとして、
受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

受託収賄の疑いで逮捕されたのは、
文部科学省科学技術・学術政策局長の
佐野太容疑者(58)で、

東京 港区の会社役員、
谷口浩司容疑者(47)が
収賄のほう助の疑いで逮捕されました。

東京地検特捜部の調べによりますと、
佐野局長は、文部科学省の官房長だった去年5月、

東京 新宿区にある東京医科大学が
私立大学の支援事業の対象校に
選定されるよう便宜を図る見返りに、

ことし2月、
受験した自分の子どもの点数を加算させ、
合格させてもらったとして、
受託収賄の疑いが持たれています。

特捜部は東京 霞が関の文部科学省を捜索し
詳しい経緯を調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180704/k10011508451000.html

受託収賄に関わった大学は東京医科大学でした。

とすると、
報道で名前があがっている、
谷口浩司容疑者は東京医科大学と何等かのつながりがあり、

佐野太容疑者の収賄の橋渡しのような役割だったのでしょうか?

東京医科大学に対して、支援事業の対象になるように、
公務員の権限を行使して、

自分の子供が合格するように点数をもらう・・・・。

という受託収賄容疑だったんですね。

裏口入学という感じでしょうか?

一つ発覚すると、
これは氷山の一角なのでは?
と思ってしまいますし、

たとえ、官僚や政治家など、権力者の子供であっても
実力で有名大学に入学されている
ご子息・ご令嬢もいると思うので、

そういった真面目な受験者に対しても
大変迷惑な事件ですね。

問題となった文科省の支援事業は、
独自の取り組みをする大学に助成金を支給する
「私立大学研究ブランディング事業」。

東京医科大学は17年度に応募のあった
188校の中から選ばれた60校の一つだったそうです。
事業期間は5年間。
最大1億5千万円程度が助成されます。

大学関係者の名前は明らかにされていませんが、
個人的な判断でこのような汚職に加担したのでしょうか?
実は大学ぐるみで・・・・・

という事態になれば、
本当に由々しき問題です。

事前に逮捕の報を知ってか、
7月4日の朝、佐野太局長本人から、

「きょうは有給休暇を取る」と秘書に電話があり、
休みを取る理由については話さなかったそうです。

谷口浩二容疑者の会社は?

ネット上では、
谷口浩司容疑者と思われる人物が取締役を務める会社名が、
株式会社東京医療コンサルティングではないか?

と憶測が広がっております。

株式会社東京医療コンサルティング会社概要

HPには取締役として、
「谷口浩司」

と同姓同名の名前が掲載されていましたが、
よくある名前でありますので、
真偽のほどは不明でもあります。

またトップページには、

株式会社東京医療コンサルティングは、医療・福祉・危機管理(レジリエンス)を専門としています。

防災部門では、病院BCPプログラムの研究開発をしています。レジリエンス協会にて医療部門を担当し、大学や病院、企業等と情報を共有することにより社会の公益に貢献しています。

http://www.tmedc.com/index.html

やはり大学との繫がりはありそうですね。

佐野太氏の経歴は?

1959年  山梨県甲州市生まれ 日川高校出身
1983年
早稲田大学理工学部 卒業、同大学院理工学研究科 修了
1985年
科学技術庁 入庁
1991年
科学技術庁 原子力局政策課長補佐
1993年
米国スタンフォード大学 留学(経済政策研究センター)
1996年
外務省 在連合王国(英国)日本大使館一等書記官
2000年
科学技術庁 科学技術政策局企画室長
内閣府 科学技術政策担当大臣(笹川堯、尾身幸次)秘書官
2002年
文部科学省 大臣官房評価室長
2004年
早稲田大学 客員教授(非常勤)
文部科学省 高等教育局主任大学改革官(教員養成担当)
2005年
文部科学省 高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)
2006年
文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課長
2007年
山梨大学 学長特別補佐/教授※このプロフィールは
「産学官連携ジャーナル」2008年7月号に掲載されたものです。
https://sangakukan.jst.go.jp/journal/center_contents/author_profile/sano-f.html

2014年官房審議官就任
2016年官房総括審議官就任

2017年7月から科学技術・学術政策局長を務めていました。

その仕事ぶりから、
官僚トップである将来の事務次官候補とも言われていたそうです。

その人柄については、

「上司には従順で、部下には高圧的な態度で接する
『官僚的な官僚』という評判だった。
官房長に就任したのも2~3年早い印象だった」

「人に仕事を振るのがうまく、世渡りがうまいタイプ。
常に出世を意識していた。部下には非常に厳しく、
文書の位置を『1ミリずらせ』と指示を出すくらい細かかった」

「政治家にも顔が利いた。政治家とあまりに
親密な様子を見せるので、
省内で物を言えない雰囲気があった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000095-mai-soci

との関係者の声が上がっていました。

あまり部下からは好かれていなかった
可能性がありますね。

スポンサーリンク

今回のリークも
こういったところから出たのでしょうか?

また、今回の逮捕を受けての文科省の
対応についても批判が上がっています。

トップ官僚だった佐野太容疑者は、
なぜ不正を行ったのでしょうか?

これまでに素晴らしい経歴で
自分の思い通りに人生が進んでいったので、
なにかおごりのようなものがあったのでしょうか?

いづれにしても
この一件で全てが水の泡になってしまいましたね・・・。

佐野太の妻や子供は?

現在のところ、

妻や子供の名前は判明していませんが、
東京医科大学の1年生であることが事件の概要からわかります。

医師になることを目指していたのでしょうか?
お子さんはこのことを当然知らずに受験されていたと
思います。

全く罪がないだけに、
今回父親の容疑が発覚し、
非常に気の毒です・・・。

不正入学ということで、
やはり退学処分を下されてしまうのでしょうか?

東京医科大学は1916年に設立された医学系大学で、
医学科と看護学科があります。

2018年度の医学科の一般入試は3535人が受験・。
214人が合格。倍率は16・5倍。

医学科を持つ私立大学は全国に31校あり、
東京医科大の難易度は上位校に次ぐレベルで、
国立の難関大の工学部に合格する以上の学力が必要だそうです。

浪人して頑張って入学する学生もおり、
今回の事件ではそういった学生の批判も浴びています。

今後ご子息の進路がどうなるのか
非常に心配ではありますが、

他大学に入学したとしても、
あのときの・・・・・?
と噂が広まり、学生生活が送れない可能性もあります。

罪のないご子息については、
今後、前を見て進んでいって欲しいと思います。

世間の反応は?

この本によれば、
もともと国に奉仕するつもりのない人たちが集まるのが、
公務員という世界という衝撃的な内容!

もちろん全員がそうではないと
信じたいところです。

まとめ

今回の事件を受けて佐野太容疑者は局長を解任されましたが、

今後は解任されたことによって事態が鎮静化してしまうのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする