佐々木文(老舗旅館ありふくよしだや若女将)の年収や結婚となぜ警察官に?温泉の場所は?

スポンサーリンク

佐々木文(ささきあや)さんは、

島根県の有福温泉旅館「ありふくよしだや」の

美人若女将で、沸騰ワード10に出演!

佐々木文さん、旅館の若女将になる前は、

警察官だったというから驚きですよね~!

佐々木文さんが、なぜ警察官になったのか、

警察官から島根の老舗旅館、

有福温泉「ありふくよしだや」の

若女将になった経緯や、

若女将としての年収や、結婚しているのか

気になるところを調べてみました~!

佐々木文の年齢や大学などのプロフィールは?

https://www.sankei.com/west/news/180915/wst1809150048-n1.html

名前:佐々木文(ささきあや)
生年:1987年or1988年
年齢:31歳
出身:島根江津市有福温泉
学歴:日本女子体育大
職歴:中学校教員→警察官→旅館女将

爽やかな笑顔が板についた

老舗旅館の若女将、佐々木文さん。

すごく美人ですね~!

佐々木文さんは、島根県にある、

江戸時代から約250年続く有福温泉の

老舗旅館「ありふくよしだや」の長女として

誕生しました。

佐々木文さんはスポーツ好きで、

体育教師を目指して日本女子体育大に

進学されています。

スポーツ好きで、

日本女子体育大学に進学するということは、

中学・高校時代には何かしらスポーツを

されていたと思うのですが、

有名老舗旅館の美人若女将といえども、

一般人ですので、

中高生の頃の情報はありませんでした。

きっと今でもスポーツを愛する

活発な女性なのでしょうね^^

佐々木文が警察官になった理由は?

老舗旅館の有福よしだやに生まれた

佐々木文さんは、そもそもなぜ警察官に

なったのでしょうか?

それにはあるきっかけがありました。

日本女子体育大学に進学した佐々木文さんは、

寮に住んでいたそうです。

そして、

1年の夏、住んでいた寮に男が侵入!

佐々木さんが1人で眠っていた部屋に

入り込んだというのです!

寮の部屋の構造が幸いしたのか、

男は佐々木さんには気づかず退出し、

後日、警察に逮捕されたという事件に

遭遇したのです。

無事だったとはいえ、佐々木文さんは、

「生きた心地のしない恐怖感」に震えたそう。

あの時、もし男が

佐々木文さんに気が付いていたらいたら・・・?

犯罪に巻き込まれ、

今の佐々木文さんは無かったかも知れません。

非常に怖いですね・・。

直接的な被害は無かったにせよ、

トラウマになりそうです。

この事件で恐怖感に震えながらも、

同時に、男が逮捕されたことに

心の底から安心し、佐々木文さんは、

「私も女性や子供たちに安心感を与えたい」

と警察官に憧れを持つようになります。

そして、

大学卒業後、教員として中学校に

2年間勤務しましたが警察官への憧れは消えず、

採用試験に挑戦。

平成24年度、警視庁に採用されました!

県警の上司は

「人当たりがよく活発で、この仕事にぴったり」

と評価は高かったようですね^^

佐々木文が警察官から島根有福温泉「ありふくよしだや」の
若女将に転身した理由は?

有福温泉は651(白雉2)年の発見

と伝えられ、古くは「福有りの里」

と呼ばれた歴史ある湯治場だそうです。

かつては20軒近い温泉旅館が立ち並び、

平成12年には14万人以上が訪れていましたが、

現在は4軒が残るのみ。

2017年の観光客数は5万人弱と、

温泉街の活気は下火傾向だそう。

さらに、

人口減少と高齢化が進む町では、

どこも跡継ぎ問題に苦慮しており、

温泉街の旅館が次々に減っていくという状況で、

跡継ぎ問題は、江戸時代から

約250年間続く老舗旅館のありふくよしだや

でも同じでした。

佐々木文さんが、首都圏で警察官として

勤務していた頃、

身体の弱い父、正臣さん(69)の分まで

頑張っていた母、美弥子さん(66)が

体調を崩してしまいます。

そこで佐々木文さんは帰郷を決意。

26年度に島根県警に入り、

地元で警察官として務めながら両親を

見守ることにしたそうです。

地元島根では、

交番勤務や犯罪の初動捜査、要人警護などを経験。

「体を張った仕事に、責任感をひしひしと味わった」

そうです。

憧れの警察官として務めながら、

実家の旅館の様子も間近でみてきた佐々木文さん。

両親と過ごす時間が増えると、

旅館経営の大変さをより実感し、

負担の重い母の体調が心配になってきたそうです。

そして、跡継ぎ問題に悩み、

街の旅館が次々に減っていく現実を

目の当たりにしていた佐々木文さんは、

「生まれ育った有福がなくなってしまう」

との危機感から2018年3月、

旅館を継ぐことを決意されたそうです。

今現在は、朝5時半に起きて朝食を用意し、

布団を下げて宿泊客を見送ると、

夕方には新たな客を迎え入れ、夕食を用意。

次の日の仕込みをして予約確認、部屋割り…と

目まぐるしくお仕事をされ、

日中の合間には、別棟でカフェも手伝っているのだとか!

View this post on Instagram

ありふく よしだや(Arifuku Yoshidaya)さん(@arifukuyoshidaya)がシェアした投稿


「お客さんと会話したり、

いろんな人と関わったりするのが好き」

という佐々木文さん。

とにかく明るくていつも笑顔を絶やさない

女性って素敵ですよね^^

佐々木文さんは、

島根の有福温泉街の活気を取り戻すために、

インスタグラムやフェイスブックを始め、

宿泊施設予約サイト「Airbnb」に登録。

県外へのキャラバン活動にも参加し、

有福温泉や島根県が持っている魅力を

SNSなども駆使してどんどん発信し、

町を盛り上げています!

佐々木文は結婚して旦那や子供はいる?

View this post on Instagram

スポンサーリンク

ありふく よしだや(Arifuku Yoshidaya)さん(@arifukuyoshidaya)がシェアした投稿


美人で明るく笑顔が素敵で、人当たりの良さも

抜群な佐々木文さん。

モテないわけがないのですが、

結婚しているのかどうかは不明でした。

26歳で島根に帰郷され、現在31歳なので、

結婚され、お子さんがいても

不思議ではありませんが、

警察官から畑違いのお仕事を

されていますので、忙しくて

恋愛や結婚といったことは後回しになって

いるかもしれませんね。

番組内で何か情報が入りましたら、

追記します^^

佐々木文の若女将としての年収は?

佐々木文さんは2018年の3月から

有福温泉「ありふくよしだや」の

若女将として働いています。

旅館の女将の年収は、旅館の売り上げによって

変わってくるので、

「ありふくよしだや」の会社情報などを

調べた所、売り上げなどに関する

情報はありませんでした・・・・。

そこで、

客室数の和室10室、

収容人数30名との情報から、

考えてみました。

一か月の内、毎日満室とは

限らないので、

一日15人程宿泊し、その宿泊料金を

約12,000円とすると、

一か月では、5,400,000円!

年間では6480万円の売り上げになります。

ここから諸経費や従業員のお給料が

引かれた金額が、

佐々木文さんやご家族の収入になると

思うのですが、

従業員の人件費だけでも

かなりの金額になりますので、

あくまで予想ですが、年収としては、

意外と多くはないのかも・・・

と思います。

でも、

警察官になった理由や、若女将として、

ありふくよしだやを継承しようといった

心意気からは、利益追潤ではない様子が伺えるので、

その人柄に惹かれて、売上が伸びそうです。

島根有福温泉「ありふくよしだや」の場所や宿泊料金は?

よしだやは、島根県江津市にある、

美人美肌の湯・有福温泉街の高台に

たたずむ旅館です。

有福温泉の駐車場から徒歩で3分、

レトロな雰囲気がただよう石畳の町並みを通り、

長い階段をのぼっていくと、

女将が丹精込めて植えた季節の花とともに

「よしだや」の玄関が見えてきます。

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/109027/rtmap.html

よしだやのお湯は天然温泉・自家源泉で、

歴史が薫る山陰の名湯は美人の湯として

知られています。

無色無臭透明な単純アルカリ泉で、

日本屈指の良質な泉質を誇ると

いわれているそうです!

http://www.yosidaya.jp/ryouri/index.html

お料理には、浜田港水揚げの鮮魚や

島根の旬の新鮮野菜を使用し、

四季折々の風情を大切に心がけているそうです。

http://www.yosidaya.jp/ryouri/index.html

お部屋では、歴史を感じさせる各著名人の書、

額を見ることができます。

見晴らしもよく、お部屋より山間の小鳥、

セミ、ヒグラシの合唱が聞こえるので、

自然に癒されるでしょう^^

http://www.yosidaya.jp/ryouri/index.html

ありふくよしだや
【所在地】
〒695-0156 島根県江津市有福温泉町708
地図をみる

【TEL】
0855-56-2222

【HP】
http://www.yosidaya.jp/index.html

宿泊料金は様々なプランによっても

変わってきますが、

よしだやのおすすめプランはこちらです!

平日:お一人様1泊2食付で11,800円~
週末:お一人様1泊2食付で12,800円~

素泊まりは6800円からとなっており、
比較的リーズナブルな価格でしょう。

宿泊料金・プランの詳細を見る
↓↓↓↓

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/109027/109027.html

まとめ

ご両親の身体を気遣い、

また生まれ故郷が衰退していく様をみて、

何とかしたいと、

憧れだった警察官を辞め、

若女将として出発された佐々木文さん。

とっても優しい女性ですね。

周囲の温泉旅館とも協力して

有福温泉を盛り上げていって欲しいですね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする