佐々木貴浩(大本ほのか事務所社長)の自殺に追い込むパワハラ証拠や顔画像と真相は?

スポンサーリンク

ご当地アイドル愛の葉girlsの大本萌景さんが
所属事務所hプロジェクト元社長、
佐々木貴浩氏から酷いパワハラを受け自殺した
問題で、

母親ら親族が、提訴する意向を表明したことを受け、
佐々木貴浩元社長は、

「1億円とか、辞めるんだったらお金を払え
とか言ったのは想像がつきません。
その点に関しては、萌景ちゃんが
言ったとも考えられません。」

と反論されています。

16歳の若い命を自殺に追い込んだ
パワハラ内容や母親の大本幸栄さんの
訴えについてまとめました。

佐々木貴浩(大本ほのか事務所社長)の経歴は?

Twitterより出典

名前:佐々木貴浩
生年:1968年
年齢:50歳
出身:愛媛県新居浜市
会社:hプロジェクト株式会社
所在地:愛媛県松山市

佐々木貴浩氏は、
hプロジェクト株式会社の社長で、
愛の葉ガールズを結成した人物。

実家は愛媛県内で割烹料理店を営んでおり、
小さい頃から店の手伝いをしていた
佐々木貴浩氏も料理の道へと進んだそうです。

高校を卒業したのち、
松山市にある高級ホテルに就職し
レストランの厨房や接客などを経験。

その後、ホテルを辞めて、
1993年には会社を設立し社長に。

20年で10数軒の飲食店を経営し、
お店の中にはダンスショーを取り入れた
店舗もあったりして工夫を重ねていました。

そして、飲食店を経営してくる中で
食材の味の違いに気づき、
農業ビジネスに参入することに。

食材は栽培者や栽培方法によって
味が違ってくることから、
農作物の生産に力を入れるため
hプロジェクトを設立。

佐々木貴浩氏は、
愛媛県内の農業を活性化させ、
次世代の生産者を増やしていくために
愛の葉ガールズを結成。

飲食店経営の時代にダンスショーを
取り入れたことでお客さんに
喜んでもらえたように、
農業とアイドルグループを
組み合わせたということですね。

愛の葉ガールズは農業を頑張りながら、
歌ったり踊ったりと今までにない
新しいアイドルグループでした。

愛の葉ガールズの女の子たちが、
農作業の様子をブログで紹介したり、
イベントに登場することで農業の認知度が
どんどん高まってきたそうです。

佐々木貴浩氏の農業を広めたいという
思いから生まれたアイドルグループだったんですね。

佐々木貴浩さんの志や思いは
とても素晴らしいと思うのですが、

アイドルグループを育てていく
10代の女の子たちを育てていくという部分で
もしかしたら、原点をおざなりになり、

方向性が変わっていったのかもしれません。

佐々木貴浩(大本ほのか事務所社長)に妻や子供は?

佐々木貴浩氏には、
家族や子供はいるのでしょうか。

佐々木貴浩さんの妻や子供に関してはTwitterでは、
佐々木貴浩さんは結婚されていて、
妻がいて子供も2人いるようですね。

大本萌景氏を自殺に追いやった佐々木貴浩のガキも、
他の輩にお前が言ったことを言われたらどうなんだろ
阿呆だから考えられないな#佐々木貴浩 pic.twitter.com/ngjyGl8odE
— 快速こざくら(小桜舞子推し) (@RapidKozakura) 2018年5月19日

佐々木貴浩氏も子供をもつ父親・・・
なんですね。

もし自分の子供が信頼して預けている大人から
自殺に追い込まれるような対応をされていた
としたら・・・・。

佐々木貴浩氏はどのような気持ちで
いたのでしょうか?

hプロジェクトのホームページは現在、
閉鎖されており、
現在、愛の葉ガールズのHPも更新されていませんが、

10月11日の夕方に反論されています。

「1億円とか、辞めるんだったらお金を払えとか言ったのは想像がつきません。その点に関しては、萌景ちゃんが言ったとも考えられません。一部の報道であったように威圧的というか、強い言葉で追い詰められて亡くなられたんじゃないかとあるが、半年くらい前の…」

事務所側はパワハラをした事実はないとしています。

佐々木貴浩(大本ほのか事務所社長)のパワハラ内容とは?

かねてからアイドル活動に興味があり、
他の事務所のオーディションなども
受けていた萌景さん。

中学生だった2015年7月、
「愛の葉Girls」のオーディションに合格し、
メンバーに。

「農業アイドル」がテーマのグループで、
メンバーは農産物の物販イベントや、
土日にはライブイベントをこなしていました。

萌景さんはイベントに出演するほか、
週3〜4回のレッスンに参加。

イベントは拘束時間が長いケースでは、
朝4時半に集合、解散が翌日の
午前2時というケースすらあった様子。

イベントあたりの拘束時間は、
移動時間なども含めると1回当たり
平均12時間を超えており、

さらにはイベント終了後に社長宅で
食事をするため、拘束が続くことも・・・。

これはかなりブラック企業ですね。

萌景さんは、高校に思うように通学できず、
事務所からの「働け」というプレッシャーで
自由に休むこともできない状況で
働かされていたようです。

2017年10月4日、萌景さんが前回、
学校の遠足を休んだので、
今回の遠足は仕事を休んで出たいと伝えたところ、

スタッフからは
「お前の感想はいらん」
「学校の判断と親御さんの判断の
結果をそれぞれ教えろ(それも具体的に)」

などと、学校に行かなければならない
理由を説明するよう、
メッセージが送られてきたり、

また、事務所スタッフのパワハラによって、
精神的にも追い詰められていました。

スポンサーリンク

2017年8月30日、「脱退したい」という
思いを社長に伝えたところ、
スタッフからは思いとどまるように
説得されたうえ、

「次また寝ぼけた事言いだしたら
マジでぶん殴る」などと
不穏なメッセージを送られ、

また、
スタッフからのメッセージへの対応が遅れると、
「返事せえや」などと強い口調で要求されるなど、
日常的に高圧的な態度をとられていました。

そして、萌景さんが自殺する前日に
起きたのが、「学費貸さない問題」。

萌景さんは2017年6月、きちんと高校に通うため、
グループを脱退したいと社長に相談。

このとき社長に言われたのが、

「全日の高校に行った方が
日曜日もイベント出られる」
「高校の金は心配せんでえぇ」という話。

萌景さんは翌春からの高校生活に
期待をふくらませ、学費も事務所が
貸してくれるので
両親に負担をかけなくて済むと考えた。

そして、社長に
「来年全日受験するのに行く意味なかろう」
と言われ、それまで通っていた通信制の
高校にも行かなくなります。

2017年12月に
親に黙って退学届を出した大本萌景さん。

念願が叶って全日制高校に合格し、
2018年2月22日に入学金3万円を、

さらに3月1日に制服代など6万6000円
を事務所側から借り受け、学校側に支払った。

しかし、支払期限が翌日に迫った3月20日、
萌景さんは、事務所スタッフに
「お金をお貸しする事はできません!」と
貸付を撤回されてしまいます。

萌景さんの母・幸栄さんが支払期限の前の
3月17日に事務所に対して

「娘は2019年8月末で、
グループを脱退させてもらう」と
伝えたことの意趣返しと見られています。

さらにこの後、
萌景さんは3月20日夜に、以前から約束
していた友人宅に泊まりに行き、

そこでは、友人に
「何も悪いことをしていないのに、
社長に謝らされた」と相談していたうえ、

その翌朝には友人とその母に対して、
「前の日の夜、社長に一億円払えと要求された」
と漏らしていたという。

契約書に違約金条項がある中で、
事務所社長がそういった発言をすれば、
16歳のアイドルは
「本当に支払わなければならないのか」と
思ったのでしょう。

期待していた全日制の高校にも通えなくなり、
辞めさせてもらえないプレッシャーも
受けていた萌景さん。

訴状では、

「萌景は、精神的負荷によって正常な認識、
行為選択能力が著しく阻害され、
自死行為を思いとどまる精神的な抑制力が
著しく阻害されている状態に陥り、自死を選択した」

と指摘しています。

大本萌景さんの母親・大本幸栄さんの対応や父親は?

高校への入学に必要な費用が、
自殺に大きく影響していると、時系列からは思えます。

また、

ネット上では、

24: 2018/05/20(日) 09:23:25.33 ID:5U+7eiXZ0
拾いもの
148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/29(木) 13:53:31.00 ID:h8z77f/3I
ホノカ、全日制に入学する為の費用、全て事務所に出してもらったって言ってたよ
愛ノ葉で貰った給金でクーラー付けたとか携帯代や家にお金入れてるとかね
16歳の子供がだよ...
最後に話したの3月の初めだけど
よく、深夜12頃松屋隣のゲーセンにいたから、話してくれた
家に帰りたくないって、家が嫌いだとかね
東署の聴取では全部話したけど
知ってる事、本当のことを世間には言えないよ。可哀想過ぎて
突発的にやったんだね、自暴自棄になって
ただ言えるのは彼女の父は、義理の父親であること
確執なんてレベルじゃないこと
押収された父親の写真データ
171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/29(木) 19:22:59.61 ID:h8z77f/3I
彼女と俺の関係は別にどうでもいいでしょ
仕事がら聴取されただけだから
死因は、縊死
これで最後にするよ
もし父親が見てるなら理由を聞きたい
あれだけ楽しみにしていた城南高校をなぜ行けなくしたのか
事務所から受け取った入学金3万円、制服代7万円はどこに消えた
高校行けなくしたのに、なぜ21日に前期授業料を収めるからと40万円受け取ろうとした
はっきり言う、俺だけじゃない真実を知ってるものはたくさんいる
所轄も調べ上げてる。20日の夜のことも、今は事件性がないから動けないだけだ
あの子の死を金に換えようとしやがって、せめて49日まではおとなしくしてろ
諸七日法要もしてやらねーで

http://blog.livedoor.jp/linkismt/archives/31725266.html

ともかく10万円程度のお金がきっかけで、
若い子が自殺したとしたら・・・。

家庭の事情があるのせよ、
何とか防げなかったのかと
残念でなりません。

LINEのやり取りという決定的な証拠が
あるのに大本さんを自殺へと追い込んだ責任は
一切考えたことないと発言していた
白々しすぎる社長の会見には批判も殺到しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする