柴田陽子の旦那や子供と学歴は?ブランドプロデュース実績や作品と年収は?

スポンサーリンク

プロフェッショナル出演の柴田陽子さんは、
ブランドプロデューサーと言う
肩書で、

企業や商品の価値を引き出し新たな
ブランドを作り上げる手腕が注目を浴び、

日本を代表する企業からも
依頼が殺到しているキャリアウーマンです!

有名な所では、
ローソン「Uchi café Sweets」
などは身近なのではないでしょうか?

柴田陽子さんの
結婚した旦那様やお子さんと、

手掛けた店舗や作品などの
実績はどんなものがあるのでしょうか?

柴田陽子さんの年齢や大学などのプロフィールは?

ttps://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/shibata_y/

名前  :柴田陽子(しばた ようこ)
生年月日:1971年12月19日
年齢  :46歳(2018年9月時点)
出身  :神奈川県

見るからに仕事が出来そうな
雰囲気の女性です。

肩書はブランドプロデューサーで、
それってどんなお仕事かと思い、
調べてみました。

すると、
一番わかりやすかったのが、

「そのブランドが一番良い形で
存在するにはどうすればいいかを
徹底的に考え、実際、動く人」

https://ameblo.jp/suivre/entry-12036201596.html

ファッション、美容、メディア、店舗、食

などあらゆるブランドを対象とし、
戦略を考えて形にしていくんです!

これはものすごく
クリエイティブで天性のセンスが
問われそうなお仕事ですね^^

高校は、「清泉女学院中学高等学校」を
卒業されています。

「NHK総合プロフェッショナル仕事の流儀」
にて、本校卒業生で
ブランドプロデューサーの柴田陽子さんが
出演されます。

本校のロゴも柴田さんがデザインされました。

Facebookより

清泉女学院は、神奈川県の完全中高一貫の
お嬢様学校として有名で、
中学入学時の偏差値は64程だそうです。

柴田陽子さんはお嬢様だったんですね~。
雰囲気からして納得です。

また、清泉女学院には短大もありますので、
カトリック系でもある
清泉女学院短期大学に進学されたのかもしれません。

柴田陽子さんは、
カトリック系の短大卒業後に、
シカゴの私立大学
「Barat College(バラットカレッジ)」
に留学され、

マーケティングを学ばれてきたそうです。

柴田陽子さんの経歴は?

シカゴの大学を卒業後
24歳の頃、1995年に外食企業へ入社。
役員秘書を3年務めています。

今とはちょっと違う
業務だったんですね。

その後、
化粧品会社へ出向し

ネイルサロンの業態開発や商品開発
店長を経験されています。

2003年にレストラン開発会社の取締役を務めて
いますが、

当初、
新規レストランの立ち上げを任された柴田さんは、
「出来ません」と断ったそうです。

その時、上司に
「チャンスを与えているのに断るほど君は偉いのか」
と言われ、

覚悟を決めてプロジェクトを進めると、
麻布十番のレインボーロールスシがヒット!
ひと月先まで予約が取れない繁盛店に!

上司はセンスを見抜いていたのでしょうね!

そして2004年、
32歳で柴田陽子事務所を設立。

独立のきっかけは、

仕事自体は楽しいけれど、
深夜2時3時まで働く今の生活は体力的にもキツいと
感じていて、

結婚もしたいし子供も生みたいけれど、
今の働き方をしていたら難しい…。

これから先どうなるんだろうと、
不安が浮かんできて、

20代後半の時にふと先の事を考え
知り合いに相談。

すると、「独立したら?」
とあっさりと言われ、クライアントさんの後押しもあり、
独立する事にしたんだそう。

当時、有限会社にするための資本金の
最低額が300万円だったので、
貯金すべてを使って設立したそうです。

ブランディングプロデューサーとして、
コーポレートブランディング 、
店舗プロデュース 、
商品開発など、

多技に渡るコンサルティング業務を
請け負い、売れっ子ブランドプロデューサーに!

さらに、

「自分が本当に納得のできる、ものづくりがしたい。」
という思いから、理想の洋服作りをはじめ、

2013年秋「BORDERS at BALCONY」も
立ち上げていらしゃいます。

柴田陽子さんの夫や子供などの家族は?

柴田陽子さんはご結婚されて、
旦那様とお子さん二人がいます。

こちらはお子さんが撮ったので、
旦那様が見切れています(笑)

View this post on Instagram

柴田陽子さん(@yokoshibatabordersatbalcony)がシェアした投稿


長男は珠くん。
次男は琴くん。

読み方は不明です・・・。

View this post on Instagram

柴田陽子さん(@yokoshibatabordersatbalcony)がシェアした投稿

2013年6月の時点で
4歳と2歳だった息子さんたちですので、
現在は9歳と7歳くらいでしょう。

愛犬(モクちゃん)も1匹います^^

仕事をバリバリストイックに
こなす柴田陽子さん。

5分もスケジュールを空けないのだとか!

なので、

長男の出産時は出産当日まで
次男の時は前日まで仕事をしていたそうです!

さすがに陣痛・出産後は
ゆっくりされるのかと思いきや、

病院に着いてからも電話でスタッフと
打ち合わせていたのですが陣痛が
来たので中断して。

出産後お母さんと赤ちゃんがふたりきりになる
“カンガルーケア”の最中に、

こそこそかけ直して
「ごめんごめん、さっきの話だけど」と

打ち合わせの続きをするという(笑)。
出産後4日目にはここに(職場)座っていましたね。
やってできないことはありませんが、
決しておすすめはしません。

http://www.newyorker.co.jp/magazine/interview/bijin/2146/

凄すぎです!

今は、

義理の母や実母にも助けてもらいながら、
仕事と子育てを
両立されているそうです。
子育てと仕事を両立したいという
自分のわがままで誰かに嫌な思いをさせていないか、
常に自問し、

専業主婦のママ友にも一人になる時間を
つくってあげたくて子守を買って出ることも多いという
柴田陽子さん。

このエネルギーはどこから湧いてくるのでしょうか?
どうして人のためにここまで一生懸命なのか?

それは、

子供のころから、責任感が強く、

「友達と約束したから体調悪くても行く」
「先生に頼まれたからやらなきゃ」とか

約束したことに関しては、
当たり前だと思って行動していたと言います。

大人になっても、ブランドづくりと同じく、
どうしたら人に喜んでもらえるかを考えること
を意識していると言います。

クライアントや家族や友人が求めるものに
応えることに責任をもって取り組み、

喜んでもらえることが
柴田さんにとっては生きがいであり、
楽しいことなんですね!

スポンサーリンク

でも高校生くらいの時は、
自分は暗い子だから、ポジティブにしなきゃ
周りが迷惑すると思い、

常に意識してポジティブ思考を
貫くようにしていたそうですね。

目標ができると
それに向かって全力を注ぐ、
もの凄い努力家なんですね!

柴田陽子さんのブランドプロデュース作品は?

2012年4月開業の
渋谷ヒカリエレストランフロアを
コンセプトづくりからテナント選びまで
手掛けています。

http://www.shibajimu.biz

2015年にはミラノ万博の
日本館レストランプロデューサーを務めました。

http://jronet.org/report/2015/milano_sp1/

他にも、
シュウウエムラのブティック開店

https://www.fashion-press.net/news/gallery/15181/261350

麻布十番「レインボーロールスシ」

http://snackyukomam.365blog.jp/e126725.html

ローソンのデザートブランド
[UchiCafeSWEETS]

https://www.websta.one/tag/uchicafesweets

朝日ウッドテック
[Live Natural Premium]

http://www.shibajimu.biz

ミスタードーナツ to go

http://www.shibajimu.biz

インデックスファンド
「ファンズアイ」ブランディング

http://www.shibajimu.biz

などなどたくさんの作品があります。

「時代の顔」を生み出す
女性ヒットメーカーの柴田陽子さん。

業界での評判もすごく良いので
これだけのオファーがあるのでしょうね!

柴田陽子さんの年収は?

これだけの実績のある会社で
自社でアパレルブランドまで立ち上げている
柴田陽子さんなので、

年収はすごいと思います!

著書も何冊か出版されていますので、
印税もあると思います。

こちらは、アメリカ留学時代のことや、
シュウ・ウエムラ・ブティック開店の
エピソードなど、

障害があっても絶対にあきらめずに
前進していくバイタリティが感じられる
一冊で、小説のように読めます^^

印税なども入れると、
柴田陽子さんの収入は、

少なくとも1000万円とかは
軽くありそうです。

これだけのオファーと実績ならば、
それ以上の億越えもあり得そうです^^

クリエイティブなお仕事ですので、
このくらいの夢のある
報酬があって欲しいという個人的な
願いも入っているかもしれません

ちなみにインテリアデザイナーの
売れっ子は1000万円以上の
報酬があるようです。

柴田陽子さんはやはり
高収入なのでしょうね^^

まとめ

柴田陽子さんは常にどんなことでも
自分に厳しく律しています。

毎朝5時に起き、ストレッチと
加圧ベルトを巻いての筋トレを1時間!

これはもう何年も続いているそうです。

そのほかにもピラティスに通っていますし、
食べものも気をつけて、

朝は低速回転ミキサーで
酵素が壊れない野菜ジュース、

夜は炭水化物を抜き、サプリも飲むのだそう。

仕事から健康、プライベート、
全てにおいて完璧で、本当に
素敵な女性です^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする