清水哲朗(モンゴル写真家)の年齢や経歴と結婚は?写真展の作品やカメラ機材は?

スポンサーリンク

清水哲朗さんは、

モンゴルに魅了され21年もの間通い続け

撮影をしている写真家で、

クレージージャーニーに出演されています!

モンゴルを知り尽くした清水哲朗さんが、

超危険な動物を撮るため、

最大の森に行くのですが、

無事撮影なるのかが注目されました!

今回はモンゴル写真家として活動している

清水哲朗さんのプロフィールや経歴、

写真展などの情報について調べてきました。

清水哲朗さんの結婚や子供の情報についても

ご紹介しているので、

ぜひご覧ください。

清水哲朗(モンゴル写真家)の高校や大学などのプロフィールは?

https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/798

【名前】  清水哲朗
【生年月日】1975年
【年齢】  43歳
【出身】  神奈川県横浜市
【高校】  神奈川県内の高校
【大学】  日本写真芸術専門学校
【職業】  写真家
日本大学芸術学部写真学科 非常勤講師

清水哲朗さんは1975年に

神奈川県横浜市で出生しました。

幼い頃は一般的な家庭で過ごしてきて、

出身中学、高校について調べたのですが、

神奈川県内の学校に通われていることしか

情報がありませんでした。

モンゴルの撮影を始めたきっかけとしては、

日本の動物園で「ユキヒョウ」を見て

一目惚れしたことだそうです。

動物園でよく撮影して、

いつか野生のユキヒョウを撮影したいと

思っていたという清水哲朗さん。

たまたま師匠(竹内敏信氏)がモンゴルで

写真展を開く機会があり、同行してそこで聞いてみると、

モンゴルにはユキヒョウが「うじゃうじゃいるよ」

という話を聞いたことだったそうです。

実際にはそんなことなかったそうですが、

それ以来、モンゴルの人や文化に興味を持ち、

魅力に憑りつかれていったようです。

清水哲朗(モンゴル写真家)の経歴は?

清水哲朗さんの写真家になるまでの経歴を

追ってみました。

清水哲朗さんは高校卒業後に写真学校に入学。

日本写真芸術専門学校と言うところで、

現校長は、後述する写真家の竹内敏信さん

だそうです。

その学校では写真の基本的なことを学んだり、

撮影のスキルを高めて言ったそうです。

写真学校を卒業してからは竹内敏信事務所に

入社して3年間助手の仕事をしていました。

「そもそも竹内敏信事務所ってなんだろう?」

と、疑問に思い、調べたところ、

竹内敏信事務所は写真家の

竹内敏信さんが運営する有名な写真/撮影事務所です。

前述通り、竹内敏信事務所で3年間の助手の

経験を経てから23歳という若さで

フリーランスのカメラマンに転身しました。

当時は23歳という若さで事務所や会社に所属せずに

活動している人は珍しく、

業界では清水哲朗さんに対する意見がたくさんありました。

最初は一つの仕事を頂くことさえも

大変だったそうですが、

今回のクレイジージャーニーでも紹介された

モンゴル撮影をきっかけに写真家として

知名度を上げていきました。

しかも、1997年からモンゴルの撮影活動を

されているので、

20年以上継続されていることがわかります。

それ以外にもドキュメンタリー作品から、

生活、風景、人物などのスナップ作品などの

撮影活動もされているので、

モンゴルを行き来しながら

国内でも写真家として活動。

ハードなスケジュールで大変だと思いますが、

写真家として充実した生活を

送っていることがわかります。

ちなみに1年のうちの3分の1(100日程度)は

モンゴルで活動されています。

極端に治安が悪いというわけではありませんが、

発展途上国ということもあって、

インターネットの環境が整っていないそうです。

そのため自分の活動や取材の情報を

SNSやブログで更新することもできません。

日本とは大違いの環境で活動している

清水哲朗さんには驚きですね。

清水哲朗の写真の受賞歴は?

これまでの写真家としての活動のなかで、

清水哲朗さんは、数々の受賞作品を

残しています。

2005年
第1回名取洋之助写真賞受賞。
『路上少年』

2012年
写真集『CHANGE』をモンゴルで上梓。

モンゴルで民主化が進み、
いろいろなことが変わっていく勢いを伝えた作品。

2014年
日本写真協会賞新人賞受賞。

2016年
さがみはら写真新人奨励賞を受賞
写真集『New Type』

インドで、モノが行き渡ってきて、
ネット環境が少しづつ整えられ、
新しい時代がきたことを表現した作品。
「先進国のように何もかもが当たり前にある」
現在の姿を伝えた写真集になっています。

最新刊は
『うまたび~モンゴルを20年間取材した写真家の記録~』(玄光社)

スポンサーリンク

ただ単なる草原の民の記録ではなく、
人がそこに生きていることの証を
そのまんま綴られたエッセイ本です。

写真集『New Type』では、3年間の撮影期間で

写真が3万点もあったところ、

本当に自分が伝えたいものかを基準に、

ゴビ砂漠、湖、ウランバートルなどの

撮影地ごとにフォルダー分けを行い、

最初の写真集の構成会議のときには、

2013~15年の3年間の写真を502点に絞った

そうです。

3万点もの写真を1枚1枚検討して選んでいくのは、

ものすごい作業量ですね!

清水哲朗(モンゴル写真家)の写真展はある?

写真家として活動している清水哲朗さんですが、

清水哲朗さんが撮影した(モンゴル写真)の

写真展が開催されているのか

気になるところでしょう。

結論から申し上げると写真展は

開催されているけど、

現在は開催中ではありません。

直近だと、

2018年3月16日(金)~4月12日(木)

の期間で清水哲朗写真展「New Type」が

開催されていました。

そのほかにもフォトエッセイを出版していたり、

写真展でも出店された「New Type」という

モンゴルで撮影された写真を

写真集として出版されています。

そのため、現時点で清水哲朗さんの写真展が

開催されているわけではありませんが、

出版している写真集やフォトエッセーを

購入することで清水哲朗さんの写真を

楽しむことが可能です。

今後も定期的に清水哲朗さんの写真展が

開催される可能性が高いので、

気になる人は清水哲朗さんの

オフィシャルページを要チェックしておきましょう。

オフィシャルページからは、

作品の一部もご覧になれます。

清水哲朗さんの作品を見る

清水哲朗(モンゴル写真家)は結婚してる?子供は?

幼少期の頃からカメラが大好きで、

通販で祖父が購入してくれた

110カメラをいつも使って撮影していたそうです。

そんな清水哲朗さんは家族(両親や祖父)と

東京湾フェリーに乗って、夕日や海、

フェリーなどの撮影をしました。

その時に撮影した夕日が

親にとても褒められたそうです。

そんな清水哲朗さんは小さい頃から

祖父や両親など囲まれて温かい生活を

送っていたことがわかります。

だとすれば、結婚情報や子供の情報

についても気になるところで、

いろいろ清水哲朗さんの

私生活面について調べてみました。

しかし、結婚情報に関しては出回っておらず、

子供がいることも不明です。

冷静に考えれば1年のうちの

3分の1がモンゴルで過ごす生活を

20年間もしているわけですから、

日本国内で彼女/嫁を見つけるのは

難しそうですよね。

結婚していなければ子供を作ることは

基本的には難しいですから、

結婚していなければ子供もいないはずです。

私の勝手な推測ですが、

お仕事で忙しくされていることを理由に

結婚している可能性は低いのではないか

と思われます。

しかし、情報が出回っていないだけ

かもしれないので、

清水哲朗さんの結婚情報について

わかることがあれば、随時更新させていただきます。

清水哲朗が使用のカメラ機材は?

1日に季節が3つあると言われるほどの

寒暖差があるモンゴルでは、

5月に撮影に行った際、昼は気温が30度まで

上がって暑かったのに、

次の朝5時に起きたら雪が積もっていた、

なんてこともあるようです!

冬はマイナス30~40度まで

気温が下がるというモンゴルでの撮影は大変そうですね!

清水哲朗さんは、天候に合わせて

装備はそれなりにしっかりしますが、

最低限のものしか用意しないそうです。

基本的にはテントと寝袋と食料と水で、

撮影には、

デジタルカメラの他に、ストレージや、GPS などを

準備しています。

GR DIGITAL IIと言うカメラが大活躍だそうで、

山に登ることもあるので、

カメラを数多くと欲張ると、重くて

大変なのですが、

GR DIGITAL IIというカメラがあれば、

動物撮影がメインだと一眼レフに望遠レンズを

装着して撮影しつつ、

身の回りの植物などは広角の

GR DIGITAL II で素早く撮ることができるそうです。

一眼レフ用の広角ズームレンズを

持って行くのと比べると、

GR DIGITAL II は2台でも軽く、

バッテリーもすごく良く持つのだそうです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は写真家の清水哲朗さんをご紹介しました。

清水哲朗さんはモンゴルの状況を

撮影することをメインに活動している写真家で

1年のうち3分の1はモンゴルで

過ごしていることには驚きでした。

国内でも風景や人物などのスナップ作品を

撮影する活動もされているので、

かなりハードなスケジュールで

お仕事をされていることがわかりました。

忙しくされていることもあって、

結婚している可能性は低く、

子供についてもいらっしゃらない可能性が高いです。

結婚情報に関しては、あくまでも私の推測なので

今後清水哲朗さんの私生活面の情報が

わかれば随時更新させていただきます。

そんな清水哲朗さんの写真展に

足を運びたい人も多く、

2018年の春に開催された写真展では

大きな反響もあって、

来年以降も開催されるのではないか

と思われます。

現在は写真展開催中ではありませんが、

前述の理由から今後も開催される

可能性があるので気になる人は要チェックですね。

スポンサーリンク