笑福亭笑子(小野綾子)が結婚した旦那や子供の年齢は?日本の落語公演と師匠は?

スポンサーリンク

笑福亭笑子(小野綾子)さんは、
元警官の49歳女性の落語家「ショウコ」です!

オーストラリアに在住し、超有名人になった
笑福亭笑子さん。
その高座はすごく人気だそうですね!

落語の師匠は誰なのでしょうか?
また、結婚した夫やお子さんのことなども
気になるところです。

笑福亭笑子さんの年齢や出身などのプロフィールは?

笑福亭笑子
https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-9436.htm

名前  :笑福亭笑子
本名  :小野 綾子(おの あやこ)
生年月日:1968年12月28日
年齢  :49歳
出身地   :兵庫県神戸市
学歴  :神戸山手女子短期大学卒業

世界ナゼそこに日本人の番組では最初、
本名の小野綾子さんで出演されていますが、

落語家ということで、
笑福亭笑子さんと紹介されていますね。

女性落語家って聞いたことが無かったので
調べてみたのですが、

平成以前に女流の落語家は存在していましたが、
「二つ目(ふたつめ)」以上に昇進することが
できなかったようです。

1993年、平成になり、
三遊亭歌る多と古今亭菊千代のふたりが、

落語400年の歴史のうえで初めて女流の
「真打(しんうち/師匠)」に昇進。

基本的にはまったくの男性社会のようです。
三遊亭歌る多は
2010年には落語協会の理事に就任しています。

男性社会になる一番の理由は演目が
男性向きであるという点。

噺(はなし)に登場する人物も
男性だったり、
噺の内容も男性がするからこそおもしろかったり、
落語を演じるうえで女性では笑いが起きないという
点がもっとも危惧されていました。
http://careergarden.jp/rakugoka/jyosei/
そこで、
女流の落語家は切磋琢磨してネタを
女性が演じてもおもしろいように書き直したり、
新たに創作したりしているそうです。

笑福亭笑子さんの経歴は?

笑福亭笑子さんは、

女性上方落語家、
腹話術師、
スタンダップコメディアン

という肩書を持っています。

どんな経歴なのでしょうか?

神戸山手女子短期大学卒業後、
警官になり、
神戸市婦人交通指導員として警察に勤務していた
笑福亭笑子さん。

そこで、
腹話術を使って交通安全を教えていたのが、
腹話術を始めたきっかけです。

そのころ、
1年間カナダで語学留学し、
留学中寂しい時にいつも聴いていたラジオに影響を受け、
帰国後はアナウンススクールに通い始め、
アナウンサーに。

フリーアナウンサーとして、
関西を中心に、ラジオ大阪、FM宇治など
各局でラジオアナウンサー、
司会を務めていました。

そして、

1998年、
シンガポールの国営日本語放送局で
バイリンガル局アナウンサーとして就職するため
シンガポールに単身で移住。

5年間勤め、そのときに師匠、
笑福亭鶴笑のパペット落語に出会います。

パペット落語の老若男女国籍を問わない芸に感動し、
弟子入りを志願。

しかし断られてしまいます。

そこで何と、

ロンドンに移住する師匠より1日先回りをし、
師匠をヒースロー空港で迎え、やる気をかわれ、
2004年3月、弟子入り。

コメディーのメッカ、
ロンドンでの4年間の修行中は、
イギリス中の学校、病院、施設をまわるだけでなく、

ストリート、コメディークラブ、劇場など
幅広く活動し芸を磨くことに専念されました。

その後は大阪に戻り2年間、
上方落語の伝統的な噺家のしきたり、
古典落語を改めて勉強し、

上方落語の定席天満天神繁昌亭など、
日本を中心に活動。

その後再びシンガポールに移住し、
テレビ、ラジオ、シンガポール航空機内番組などを務め、
日本文化を紹介するイベント、英語での落語、
腹話術に力を入れていました。

2012年よりオーストラリア・メルボルンに移住し、
英語でのパペット落語の会、
学校でのショーでオーストラリア中を回っています。

定期的に日本にも戻り、繁昌亭などに出演されており、
師匠同様、
パペット落語や英語落語、
得意の腹話術を使った落語に取り組んでいます。

現在もオーストラリアに在住ですが、
2013年より一年間、東京に移住し活動されています。

江戸の新作落語の第一人者、
三遊亭円丈師匠の落語会や、

三遊亭白鳥師匠と
江戸の新作女流落語家と落語会で共演や、
英語落語の会を開催したようですね。

■主なテレビ出演
読売テレビ「グッと地球便」
読売テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う1996~98年」
TBS「みのもんたの朝ズバッ」

笑福亭笑子さんの師匠がパペット落語を考案!

笑福亭笑子さんは、前述のように、
笑福亭鶴笑さんに懇願して弟子入りされています。

笑福亭鶴笑さんのプロフィール

本名   :金田 久和(かねだ ひさかず)
生年月日 :1960年5月2日
年齢   :58歳
出身   :兵庫県朝来郡山東町
師匠   :6代目笑福亭松鶴

新人時代に心斎橋筋2丁目劇場に
出演していたとき、

落語に関心のない女子中高生に
少しでも注目をあびるために、
人形などの小道具を手足にはめて演じる
パペット落語を考案したそうです。

今までの落語をよりビジュアル的に楽しめ、
言葉の壁をなくし、世界の人々にも見てもらえる
パペット落語は、

海外で大人気だそうです!
見た目にもわかりやすい媒体があるので、
直ぐに話の内容が理解しやすいですね!

人形を駆使したパペット落語で
世界三大コメディフェスティバルを
日本人として初制覇したという

笑福亭鶴笑さん。
大阪で職を転々としていた後に
落語の世界に入り、

何かを始めるのに
遅すぎることはないと
本書で綴っています。

笑福亭笑子さんは、
その師匠から受け継いだ芸や精神を元に、
腹話術落語家として活躍されています!

笑福亭笑子さんの結婚した夫や子供は?

スポンサーリンク

笑福亭笑子さんの旦那様は、

アングロインディアンという人種
(インド系とヨーロパ系のミックス)
のオーストラリア人です!

言葉は英語で生活様式は西洋で
カトリック教徒とのこと。

食べ物は洋食も食べるけどカレーが多いらしいです。

そして息子さんがいらっしゃいます。
息子さんの名前は敬太君。
現在小学6年生。

体格はやや華奢な感じですが、
オーストラリアフットボールに夢中だそうですね。

お二人がいつ頃ご結婚されたのかは
不明なのですが、
お子さんが現在12歳くらいで、

ロンドンで師匠に弟子入りされたのは、
2004年頃なので、
そのころに出会われたのでしょうか?

そして、
旦那様とお姑さんとお子様の4人で
暮らしていたことがあるそうです。

お姑さんは80歳で、とても社交的で明るくて
お茶目な可愛い女性なのだとか。

笑福亭笑子さんの父が他界した年に、
お姑さんも夫を病気で亡くし、一人暮らしをされていましたが、

旦那様はお姑さんの一番のお気に入りの息子
(3人兄弟だそうです)で、
一緒に暮らすことになったそうです。

お姑さんと同居ということで、
結構大変そうですが、
外国だから、思ったことをみんなストレートに言うので、
逆に変な気づかいもなくやりやすいようです。

しかし、食文化の違いは大変なようです。

スパイスやニンニク、カレーリーフを
炒めるところら始まる本格カレーは
最高に美味しいが、最高にすごい匂いがするそうで、
家中匂いがしみるのだとか!

お姑さんは、魚や豆腐などの日本食は嫌いなので、
笑福亭笑子さんが豆腐の日本料理を作った時は、

「私食べないから他のものを食べるわ。」
とはっきり言うそうです。

しかし、日本人の笑福亭笑子さんは、
姑が一生懸命作ったものに目の前で、

「着物までカレーの匂いがしみ付いたら嫌なので、
家でカレーを作らないでください!」

なんて、絶対に言えないようですね(;・∀・)

そして、同居で苦労されているのは、
一人の時間を作ることだそうです。

超社交的で寂しがりやのお姑さんは、
部屋にこもってお稽古したり、
ネタ作りをしていても、
話しかけてくるそうです。

お仕事がはかどらないのは
さすがにイライしちゃいますね!

そこで、
息子さんが歩いて学校に通えるエリアの家に
引っ越した方が色々といいと思うので・・・と、
同居を解消することに決めたようです。

カレーは(笑)冷めてしまう距離ですが、
結果的に気持ちはお互いに楽になったようですね。

嫁・姑問題は日本だけじゃないんですね~^^

笑福亭笑子さんの落語公演活動は?

笑福亭笑子さんは、
オーストラリアの会場で高座を設けて
落語を披露するだけではなく、

学校や病院でも人々を笑顔にするために、
様々な場所で落語の公演をされています!

オーストラリアだけではなく、
トンガ、ニューヨーク、もちろん日本でも
公演をされているようです。

病院でのエピソードがとても素敵なので、
ブログより引用させていただきました。

いつもの私は舞台があり、
観客が座ってちゃんと鑑賞する状態で
ショーをするのだが、

ここでは、抗がん剤治療を待つ子供達と
そのご家族の皆さんが待つ中、
一体この人は誰なのか?
何が始まるのかもわからない状態で、
いきなり私のショーが始まる。

これはかなりハードルが高い。
私がここでショーをしたいのは、
少しでも病気への不安や心配を軽減し、
笑って元気になってもらうこと。
どんな状況でも笑ってもらうのが私の使命。

高座を作るのは難しいので、
腹話術のスタンドと、マイク、
サウンドシステムを設定し、
着物に着替え、準備万端の頃には、
2人しかいなかった待合室に人が集まってきた。

マイクを設定した途端、受付の人から
「電話が聞こえなくなるといけないから、
静かにしてね!」と注意された。

いつもは、かなりハイテンションで
大きな声で始まる私のショーであるが、
ささやくように始めた。

音楽を使う予定だったが、それもやめた。
それでも、子供達の目はキラキラ。
病気のせいか、
いつも学校公演でした時のように
力強い爆笑はなかったが、
確実にみんな釘付けで、笑ってくれた。

アフリカ人の姉弟は、
わざわざ前の席にやってきて、
目の前で釘付けで見てくれた。
最後には、一緒に写真を撮ってお別れを言った。

その時、
4歳くらいの彼の首からチューブが見えた。
彼はそこから、栄養剤や、抗がん剤を入れて
治療をしているのであろう。
彼のキラキラした大きな瞳が印象的であった。
どうぞ、早く元気になってくれますように。

来月は、待合室にも出られない、
個人病棟から出られない重症の子供達の個室へ慰問に行く。

どうやって笑ってもらうか。
上手い下手は関係ない。
笑ってもらうこと。喜んでもらうこと。
芸人の原点に帰って挑みたい。

https://ameblo.jp/showko-showfukutei/entry-12374467096.html

また、

笑福亭笑子さんのお客さんは、
賢い方が多いそうです。

ショーには、
医師、官僚、先生、心理学者、弁護士など
偉い方々がチケット代を払って観に来られるのですが、

昔独身の頃、東大卒のそれは賢い彼と
何年かお付き合いしたことがあった。

毎日勉強になる日々であったが、
さて彼はなぜ私と付き合っているのか?
と聞くと、

「自分では想定外の行動や発想をする君から、
インスピレーションをもらえるから」
となんとも賢い答えをもらった。もちろん、
恋愛というのはそれだけではない
動物的なものもあるのであるが。

笑うことって想定外のことが
面白かったりしますし、

医師などは探求心が高かったり勉強熱心な方も
多いので、
こういう落語などを観覧して、
刺激を受けることが感覚的に好きなんでしょうね^^

笑福亭笑子さんの日本での落語公演日程は?

神戸の喜楽館で、
笑福亭笑子さんが公演されるようです!

喜楽館は、
昼は上方落語の定席、
夜は上方落語、東西落語、講談、浪曲などの
演芸のほか音楽、ダンスなど、
幅広く楽しむことのできる演芸場だそうです。

【喜楽館】

〒652-0811兵庫県神戸市兵庫区新開地2丁目4-13
TEL:078-335-7088
FAX 078-335-7089専用駐車場はありません。近隣のパーキングをご利用ください。神戸新開地・喜楽館へのアクセス
・私鉄各線(神戸高速・阪神・阪急・山陽・神戸電鉄)
『新開地駅』東改札口3番出口より徒歩2分
・JR『神戸駅』より徒歩13分
・神戸市営地下鉄『湊川公園駅』より徒歩5分
・神戸電鉄『湊川駅』より徒歩5分

【昼席】
毎日お昼2時から4時半ごろまで、
上方落語を上演する落語の定席。

9月10日(月)
9月11日(火)

に笑福亭笑子さんが出演します!

開場時間 13時30分
開演時間 14時
終了時間 16時30分

全席指定

前売
一般 2,300円
65歳以上 2,300円 ※要証明書
障がい者・大・高生 2,000円 ※要証明書
小中学生 1,500円 ※要証明書

当日
一般 2,800円
65歳以上 2,300円 ※要証明書
障がい者・大・高生 2,000円 ※要証明書
小中学生 1,500円 ※要証明書

喜楽館HP昼席

【夜席】

2018年9月11日 (火)
第1回 キラ☆クイーン選手権
~史上初!女落語家無差別級競演会~

開演:18時30分〜
料金:前売 2,500円 / 当日3,000円
席種:指定席
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

喜楽館HP夜席

昼席・夜席ともに、
チケットぴあからチケット購入できるようです。

オーストラリアで有名な
笑福亭笑子さんの落語、聞いてみたいですね^^

まとめ

老若男女国籍問わず笑わしたくて、
師匠に入門したという笑福亭笑子さん。

子供から大人、国籍問わず、場所問わず、
世界を舞台に笑いを届けたいという想いは、
少なからず見ている人には伝わっているんじゃないでしょうか?

日本の落語は世界でも十分に
認められる面白さなんですね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする