スパイシーマックの本名は?医師を辞めた理由や経歴と名前の由来は?

スポンサーリンク

5月14日放送の激レアさんに出演した、
元医師のスパイシーマックさん。

本名はヤマグチ テツヒロさんというようですが、
名前の由来などが気になるところですね。

医師としての人生を捨ててハリウッド映画監督になった
スパイシーマックさんは、全くの素人でしたが、

数々の受賞作品映画を撮ってきています。

現在はアメリカ在住ですが、
これまでの経歴や結婚はしているかなど、
調べてみました!

スパイシーマックの出身などののプロフィールは?

スパイシーマック

Twitterより出典

名前  :スパイシーマック
生年月日:1974年10月5日
年齢  :43歳
出身地 :福岡県
高校  :青雲高等学校卒
職業  :映画監督、医師

福岡県出身の43歳で、
ハリウッドでコメディ映画の監督をする
医師免許取得者のスパイシーマックさん。

写真からはハーフやクウォーターの雰囲気も感じられますが、
純日本人なんです。

スパイシーマックさんは、
福岡県で内科開業医の父のもとに生まれ育っています。

高校は長崎県の超名門私立高校
青雲高等学校を卒業されています。

偏差値はなんと73!

東大や慶応大学にも毎年進学実績があります。

お父様が内科医ということですので、
家柄も良いのでしょうね。

大学はどこに進学されたのか情報はありませんでしたが、

いずれかの大学に進学し、
医学部に進学し、医師免許を取得されています!

大学在学中はラグビー部で活動されていて
「西医体」という
西日本の医学部生のみが参加する大会に出場していました。

青雲高等学校は、
九州の中では長崎大学への進学者が多いことや、

長崎大学にラグビー部があることから、
もしかしたら長崎大学医学部なのかもしれません。

ちなみに在学中は、

日本縦断ヒッチハイクでゲイのおじさんに襲われたり、
無人島にゴムボートで渡り遭難するなど、

アクシデントに見舞われやすいのか、
とても活動的な日々を過ごしていたようです。

スパイシーマックが医師を辞めた理由が深い?

スパイシーマックさんは、
医師2年目だった2003年に医師を辞め、

コメディ映画の監督となるため
渡米しています。

実家は開業医で、
いずれは継ぐつもりでいたのでしょうし、

親御さんも期待していたと思われます。

ところが
スパイシーマックさんは、

医師国家試験にも合格し
研修医としての勤務も終わるとやっと医師として
独り立ちできそうなころに、

「お笑い映画で世界制覇する!」
「お笑い界のスピルバーグを目指す!」
という夢を掲げて渡米しています。

しかも、現地で映画学校に入学するのではなく、
独自の撮影方法を編み出して
映画をとっていたとのこと!

医者を辞めて映画監督をハリウッドでやろうとは、
普通は思いつきませんが、

やはりそこも頭の良さで、
何とかなってしまうものなのでしょうか?

ある意味親引いたレールに
そのまま乗っかる人生に嫌気がさしていたのか、

映画がもの凄く好きで、
どうせやるなら世界一有名なハリウッドを目指したのでしょうか?

そこには深い理由があったのです。

スパイシーマックさんは、

医師として多くの死に直面して、
『生きるとは笑うことである』と悟り、

ただ心臓が動いてるだけでは
真に生きているとは言えないのではないか?

と思うようになったそうです。

病気の大半はストレスが原因であることから、
笑いが多ければ病気になりにくいのならば、

「真に人間を生かすのは医学ではなく笑いである!」

と悟ったのだそうです!

なるほど・・・・。笑うことで人間の免疫機能が活性化すると
何かで聞いたことがありますし、
医学を学んだスパイシーマックさんがそう考えるのは、

至極全うとも言えますね。

それで、日本だけではなく、
世界中の人を笑わせるために
ハリウッドでコメディー映画を作ろう!と決意されたんだそうです!

医局を辞め、キャバクラも辞めて(笑) 、
1年間アルバイトで必死に貯金し渡米したスパイシーマックさん。

もの凄く深い想いがあったんですね!

それにしても
医者の道をあっさりと捨て、
単身アメリカへ渡ることはスゴイ勇気です^^

スパイシーマックの受賞歴と経歴は?

2003年に渡米したスパイシーマックさん。

映画学校の授業料は年間数百万円と高額なため、
スパイシーマックさんはお金を節約するために

スクールには一切通わず、
代わりに演劇学校や語学学校に在籍して、

ショートフィルムを何本も製作しながら
独自のメソッドを編み出していったそうです。

さすがに自分の夢の為に日本を飛び出していったので、
実家の援助等は無かったのでしょうね。

しばらくは日の目を浴びることはなかったのですが、
2007年のジャックワイズマンJrさんとの
出会いで完成した映画、

「Spicy Mac Project」が
2009年度メキシコ国際映画祭パルムドール賞を受賞!

同映画祭で日本人の長編作品では史上初の快挙を成し遂げます。

作品は15章のチャプターから構成され、
それぞれがほぼ独立したお笑いショートコントでありながら、
パズルを解くように全ての話がリンクしている90 分の長編映画。

スポンサーリンク

史上最高のパンツ一丁男 【DVD】

ちなみに、
ジャックワイズマンJrさんも
沖縄出身の日本人で、
2003年に渡米されて、
カリフォルニアにある大学院で
映画・テレビのプロデュースを専攻しています。
大学院卒業後、
日系映画アニメ配給会社や
TVCMプロダクションで働いていた時に
スパイシーマックさんと出会っていました。

Spicy Mac Projectは全米&カナダでのDVD配給され、
日本では『史上最高のパンツ一丁男』として

2011年12月16日にローランズフィルムより
DVD発売&レンタルされています。

現在、映画全編をYouTubeで公開中です。

この映画のなにがスゴイって何と1万ドルの低予算で作成したこと!
ハリウッドでは

1億ドル超えの制作予算の映画「イベント・ムービー」
5000万ドル前後の映画   「ブルー・チップ」
2000~1000万ドルの映画  「ポートフォリオ」

と呼ぶそうですが、
スパイシーマックさんは1万ドルという
超低予算!!

これは、
スパイシーマックさんの才能と努力があってこそなんです!

スパイシーマックのすごさとは?

スパイシーマックさんは、
脚本、監督、撮影、編集、音楽など全ての工程を一人で行えるのですが、

これはお金がなく、人件費が書けられない中、
一人でも出来るスキルが身についていったとも考えられます。

撮影時はシーンを細かく分解し、
必要なシーンだけを細切れで順序も画角もバラバラで撮影するため、

周りは何をやっているのか理解できないのですが、
編集時点でようやく絵がつながるのだそうで、

全てはスパイシーマックさんの脳内で完結されているんでしょう。
やっぱり頭がいいんでしょうね!

そして低予算のためにこんな努力もされていました!

なんと、
崖や車から落ちたり殴られるスタントなどは
全て自分でやるんです!

また、

小道具は路上調達で、
落ちているガスボンベやラジカセ、ビデオデッキ、
ショッピングカートなど不法投棄された物を見つけると
すぐに拾い、

それを小道具として作品内で有効活用していたのだそうです。

使い終わったらちゃんと元の場所に戻していたようですが、
それはまた不法投棄・・・・ですかね?

そして、

これまた低予算のため、
撮影中の食事は全て自前のチキンカレーを出しています。

スパイシーマックさんのカレーの秘伝の隠し味は

そばつゆ、コーヒー粉、ハラペーニョ、
そして、
常識では考えられないほどの大量のニンニク!

しかしこれが意外にも好評で、
このカレーだけが目当てでエキストラとして
無料で出演する俳優もいるほどなんだそうです。

大量のタマネギを切った際に催涙スプレー1本を
撒き散らしたかのような刺激が部屋中に充満するため、

スパイシーマックさんはいつも水中メガネを掛けていたのだとか。

とにかくスパイシーマックさんの周囲では
おもしろいことがたくさんおきているようです。

スパイシーマックのおもしろエピソードとは?

⓵ヤク中ジョンソン襲撃 事件

スパイシーマックさんの渡米間もない頃、
隣人ジョンソンが薬物中毒であり、

毎晩ラリってマックの部屋のドアをガンガン叩き、
ついにジョンソンが部屋の窓ガラスを割り、
身の危険を感じたマックはロサンゼルス市警に通報。

しかし、

警察は2時間後にタラタラ到着、必死に
「器物損壊で逮捕してくれ」と懇願するも

ロス市警は
「ただのヤク中だ(笑)、全員捕まえていたらオリが足りん」
と笑いながら帰っていったそう。

正当防衛の必要性を感じたスパイシーマックさんは、
米軍の防弾チョッキ、防弾ヘルメット、スタンガンを
500ドルかけ購入するも、

しかしなぜかそれ以降ジョンソンはすっかり大人しくなった。


②ロス市警スパイシーマックを逮捕!? 事件

スパイシーマックさんがが夜10時に
公園の芝生で筋トレしていたら(笑)、

隣接するアパートのラリったアメリカ人達が
スパイシーマックさんの筋トレを見て大興奮!

自分への掛け声に嬉しくなったスパイシーマックさん。

エアロビのようにニコやかなスマイルで
腕立てや腹筋などをダイナミックに続けていたところにロス市警が!

いきなり手錠をかけマックは逮捕されてしまった!

ロス市警が
「誘拐犯がいると通報があった」と言うと、
「だから筋トレを!」反論。

これを繰り返すこと40分間。

「なんでこの前のヤク中は逮捕しないで、
筋トレしてる僕が逮捕されるんだ?」

とやるせない気持ちになりますが、
後に
「確かに夜10時にロサンゼルスの薄暗い公園で
ニコニコしながら筋トレしてるのも
ちょっとだけあやしいかな?」

と反省しています。

他にも、

・風邪をこじらせ自らの手で抗生物質を点滴。

・製作費用を人体実験のアルバイトで稼ぐも
その間にレッカー移動された車の罰金を支払いさらに困窮、

・撮影場所が山火事で燃える。

・運動の為に入ったアメリカのラグビーチームが全員ゲイだった。

・漆科の毒植物に触れてしまい、顔面が別人のように腫れ上がってしまう。

・撮影中、原住民の衣装を『尻が出てる!』と指摘され捕まってしまう

・ルームメイトにお金を盗まれる。

・映画祭に入選したと言われるも、高額な出展料をだまし取られる

スパイシーマックさん、
実にいろんな経験をされておりました。

こういう経験も映画作りには役立っているのでしょうか?​

スパイシーマックの名前の由来は?

ロサンゼルスで映画製作を開始するにあたり、
ある日本人ミュージシャンが、

「アメリカ人が覚えにくい日本人名を名乗って
本気でハリウッドを制覇するつもりか?
スパイシーマックに改名するべきだ!」

と強く言われたことがきっかけです。

最初はスパイシーマックさんも、
「ピリ辛バーガーかよ?(笑)」

と思っていましたが、

半年間、毎晩4時間ほど
「まだスパイシーマックに変えてないのか?」

と執拗に何度も説得されたことで、洗脳されてしまったのだとか。

その結果、
アメリカ人が一発で名前を覚えてくれるようになったそうで、
良かったですね!

ただ、まだ日本ではマクドナルドのイメージが強いので、
もっと頑張らなければ!と語っていました(笑)

まとめ

今回の激レアさん。のスパイシーマックさんも
かなりインパクトがありました!

個人的には映画監督に進んだ理由が、
笑うことで人を健康にすることができる

という考えで渡米されているところが、
とても素敵だなと思いましたね^^​

スポンサーリンク