貴乃花と弟子の今後と告発状の内容は?相撲協会パワハラを暴露!退職理由まとめ!

スポンサーリンク

貴乃花親方が相撲協会を退職した
理由についての会見を開き、

相撲協会から、告発状の中身について、
事実無根であると訂正するように
圧力がかけられたとの
衝撃の告白をされました。

さらに、協会理事会において、
すべての親方は一門のどこかに
所属しなければ、部屋を持つことが
できないとの決定がなされ、

いずれかの一門に入る条件として、
告発状は事実無根の内容と認めるよう、
言われ続けたようで、

あらためて相撲協会の闇が
浮彫りになった形になりました。

貴乃花の退職理由とは?

貴ノ花親方は引退の理由として、
次のように語りました。

元横綱日馬富士の貴ノ岩に対する
傷害事件に関する暴行事件について、
3月に内閣府公益認定等委員会に提出し、

後に貴乃花の弟子貴公俊が付け人を数発殴った
暴力問題もあり取り下げた告発状について、

8月7日に協会から送られてきた、
告発状に関する見解が記された文書に

「告発状は事実無根な理由に基づいて
なされたもの」

と結論づけられ、

この相撲協会の見解に納得できないこと
認めないと親方を廃業せざるを得ないなどの
有形・無形の要請を受け続けるなど、

協会側の考えを認めない限り、
廃業を迫られんばかりの重圧を受けたと告白。

さらに、

全てのの親方は一門のいずれかに
所属しなければならず、

一門に所属しない親方は部屋を持つことが
出来ない旨の決定がなされ、

同時に貴乃花親方はいずれかの一門に
入るための条件として、
告発の内容は事実無根な理由に基づいて
なされたものであると
求めるようにとの圧力もあったと告白。

恐らく予想ですが、
初めは無形(文書に残さずに)で言う事きかないと、
廃業させられますよ。

というような圧力だったのが、
貴乃花親方が一向に告発状の内容は
真実だとして信念を曲げなかったので、

一門に所属しない親方は部屋を持つことが
出来ない旨の決定と、その条件を付けたのでは?

しかも、
必ず一門に所属しなければならないと
7月の理事会で決まったのに、
まだ執行部から発表されておらず、

他の親方達は聞かされていたが、
貴乃花親方だけは今場所中まで知らなかったというので、

貴乃花親方を排除するというか
もはやイジメ・完全なパワハラですね。

貴乃花親方のコミュニケーションの取り方、
協会の改革の取り組み方など
あまり上手ではない部分があるのかも
しれませんが、

公益社団法人・・・ですか・・・。
相撲協会のやり方が酷いですね・・・。

これは完全なパワハラでは?

貴乃花部屋の弟子の今後は千賀ノ浦部屋に!

貴ノ花親方は、自らと協会との対立によって、
弟子が相撲を取れなくなると考え、
自ら引退に踏み切ったと明らかにしました。

告発状を事実ではないと認められない
貴乃花親方は、

このままでは、
どの一門にも属することができないので、
貴乃花部屋に所属する力士たちは
相撲を続けることが困難になると考え、

自分は廃業し、弟子たちは
千賀ノ浦部屋に所属先を変更することを
決意されたそうです。

千賀ノ浦部屋は元小結隆三杉が親方で、
1995年に現役を引退。

その後は貴乃花部屋の前身の二子山部屋、
貴乃花部屋の部屋付親方として、
長く後進の指導に当たってきたようです。

スポンサーリンク

2016年に元関脇・舛田山の千賀ノ浦と
名跡を交換し千賀ノ浦部屋を引き継ぎ、
現役時代はドラエモンのニックネームで親しまれ、
温厚な性格としても知られているようです。

現役力士としては、

舛乃山大晴(前4・千葉)
隆の勝伸明(前14・千葉)

がいます。

貴乃花親方の告発状の内容とは?

こちらに貴乃花親方の告発状の内容が
書かれています。

日馬富士の障害事件に関して
相撲協会の調査が不適切であり、公正なものではないこと、
理事解任理由が法的に適さないことなどが書かれていますね。

貴乃花の今後は?

これまでの人生、
相撲一筋で、相撲を極め、協会改革が出来ずに
退職に追いこまれた貴乃花親方の今後は
どうなるのでしょうか?

会見では、今後は
「土俵に携わっていたいという気持ち」
があるとしていますが、

協会に残ることは
「ありません」
とはっきりと答えています。

貴乃花親方は会見の質疑応答の中の
記者の質問で、

「日本相撲協会理事会で全ての親方は一門に
属さなければならないと決定したことで、
どこかの一門から救いの声がかからなかったか?」

と聞かれると
「いただいておりました」と認め、
「もし入れるなら、どこかしか考えてなかった」と、
どこかの一門に属することは、
考えの中に若干、あったことを示唆していました。

しかし、

この「理事会で全ての親方は
一門に属さなければならない」と

決定したことについて
「協会の理事会で正式に決まったものか、
確認できなかった」とも言及されており、

告発状の事実無根を認めるようにと
役員に言われているので、
お願いしたところで、
どこの一門にも入れないと悟っていたようですね。

記者からはもう一度話し合いを
求める声もありましたが、

一部から救済の声や、話し合いを求める声が
あったら応じるかどうかの可能性については、
言及を避けています。

質問貴乃花親方は今後、
相撲協会に戻る可能性は低そうですね・・・。

今後は

日本相撲協会ではない
相撲団体の立ち上げと言うのも
期待されているようですが、

また圧力がありそうですし、
現実的には難しそうです。

会見で貴乃花親方は、

「今度は相撲部屋に入門を希望できるような
少年たちに携わって、
相撲を少しでも教えて入門する子を
増やして行ければと思っている」

と述べていました。

どこかの大学や高校の相撲部などでしょうか?
今後の動向にも注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする