竹内智香の年収や実家の旅館や性格と結婚は?ケガの後遺症やメダルは?

スポンサーリンク

2018年、平昌オリンピック、スノーボードパラレルに出場が決定した竹内智香選手。

1月14日の情熱大陸に出演されますね。

竹内智香選手といえば、ソチオリンピックでの銀メダルが記憶に新しいです!

女性スノーボーダーとして日本人初の快挙でしたね!

そして、スノーボードの知名度をあげた立役者の一人だと思います。

今回の平昌オリンピックでもメダル獲得で、

一昨年、不祥事が起きたスノーボード界のイメージアップができるでしょうか?

非常に期待されている竹内智香選手の実家の旅館や年収などについて調べてみました!

竹内智香選手の経歴やプロフィールは?

竹内智香

名前:竹内智香(たけうちともか)
生年月日:1983年12月21日(34歳)
出身地:北海道旭川市
種目:スノーボード・アルペン
身長:165㎝
体重:62㎏
中学:旭川市立東明中学校
高校:北海道上川高等学校からクラーク記念国際高等学校へ転校
所属:広島ガス
竹内智香選手は2歳のころからスキーを始め、
12歳から、スノーボードをはじめます。
小学生のときから
オリンピックに出るのを目標にしていました。
そして、
長野オリンピックを見て、感銘をうけた竹内智香選手は、
14歳からスノーボードを本格的にはじめました
他のスノーボード選手に比べて、遅めなのかな?という印象ですが、
ここから一気にトップに上り詰めるところが才能を感じますね。
北海道上川高等学校進学後、恩師がクラーク記念国際高等学校に転勤したため、
竹内智香選手もスノボを第一優先にし、転校しています。

たくさんの指摘、指導をうけ
2002年ソルトレイクシティオリンピックに高校2年生の時に出場をしました。

その後、日本ではスノボがマイナーで
世界と渡り合えないと考えた竹内智香さんは
スイスで活動を始めます。

一年中氷河がありトップの滑りや思考を近くで
感じながら練習できることが可能だったからだそうです。

常に向上心がある竹内智香さんが素晴らしいですね^^

強くなるわけです!

竹内智香選手の実績は?

ソルトレイクシティオリンピック 22位(パラレル大回転)

トリノオリンピック 9位(パラレル大回転)

バンクーバーオリンピック 13位(パラレル大回転)

ソチオリンピック 2位(パラレル大回転)

オリンピックでは徐々に順位が上がっているので、

実力がどんどん上がっているのでしょう。

2009年世界選手権 4位(パラレル大回転)

2015年世界選手権 3位(パラレル大回転)

ワールドカップ最高順位 1位(2012年)

ワールドカップ表彰台 10回(1位 1回、2位 8回、3位 1回)

FISワールドカップ08~09 PGS総合3

実績は素晴らしく申し分ないので、平昌オリンピックでも期待されるはずですね^^

竹内智香選手の実家や家族は?

竹内智香さんの実家は旅館を経営しているようです!

小泉元首相や皇族の方が泊まったこともある

由緒ある老舗旅館とのことです。

名前は 湧駒荘(ゆこまんそう)

住所:北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉

浴槽の数は17つ、5つの泉質を楽しむことができます。

中でも、

「神々の湯」が、大雪山の岩で敷き詰めた床と、
10mの天井でものすごい解放感があるようです。

ちなみに旅館の近くの大雪山はもともと神々の遊ぶ庭と
言われていたそうです。

そんな場所にある遊び場のような広さから
神々の湯とつけたんじゃないでしょうか。

また、お部屋は設計士の長男のお兄さんが設計したようです。

ちなみに宿泊費は、

「竹内智香選手応援プラン平昌への道」で、1泊2日で
11,111円

1位が並んでいます!

実家が商売をしていると、こんな風に地域を巻き込んで応援できていいですね!

竹内智香選手の家族は?

ご両親と、上に兄が二人います。

智香さんを含めて5人家族になります。

お兄さんは旅館の料理長として働いていて、
シーズンオフになると智香さんも旅館のお手伝いにくるようです。

父親は昔、乗馬でオリンピックを目指していたこともあるようですので、

娘のオリンピックの応援も自分の想いも乗せているんじゃないでしょうか?

竹内智香選手の性格は?

竹内智香選手、とにかく努力家&行動力がスゴイです!

スポンサーリンク
トリノオリンピック後の23歳の時に
「日本では選考基準が曖昧なので、何を目指していいのかがわからない」
と言う理由で
ヨーロッパで挑戦することを決め、
5か国のチームに練習の参加を打診するも全て断られます。
誰にも相談することなく、宛もなく、独断でメールや手紙を送り、
スイスナショナルチーム入り。
ただし、英語以外のドイツ語も話せることことという条件付きだったため、
3か月でドイツ語をマスター!
また、バンクーバーオリンピック後、
日本では支援企業の少ないマイナー競技であり、
「スノーボード選手のイメージが悪い」と言う理由から、
スポンサーをさがすも、
企業10社以上から断られるなどあったため無所属になってしまいます。
そこで、
縁のある広島県山県郡北広島町での「ワールドスノーボードフェスティバル」
自ら企画奔走し、
オリンピックメダリストなども自費で参加するイベントに成長。
すると、
広島ホームテレビが竹内智香選手の支援に名乗り出て、
同局に契約社員として入社できました。
その後、
「企業イメージの向上につながる」と注目した広島ガスと所属契約を結び、
同社は竹内選手のために、スキー部を創設したのだそうです!
自分の道は自分で切り開いていく揺るぎない信念と
人並はずれた行動力がありますね!
そして、それを支援してくれる人がいるということは、
竹内智香さんの人徳なのでしょうね^^

竹内智香選手は結婚している?

今のところ、結婚の情報はありませんでしたが、

年齢的にも、オリンピック後に電撃発表とかがあるかもしれませんね。

とてもストイックな竹内選手ですから、

旦那様は同じアスリートだと気持ちも理解できて、

サポートもできるのかな?と思います。

竹内智香選手の年収は?

収入源については

スポンサーの契約料
スノーボード用品のメーカーを経営

この2つが大きいと思われます。

スポンサーとしては所属会社の広島ガスをはじめ

化粧品会社の(株)FTC
ANA

などがあるようです。

また、

スイス人の元トップ選手のショッホ兄弟とともに「BLACK PEARL」というスノーボードを開発しています。

さらに、

平昌オリンピックで金メダルを獲得したら3000万円の奨励金を出すという企業も・・・。

スノーボードアルペンの第一人者で、ソチ五輪女子パラレル大回転銀メダリストの竹内智香(33)=広島ガス=が20日、契約を結ぶドームの練習施設でフィジカルトレーニングを公開した。出場すれば5度目の五輪となる平昌五輪では、悲願の金メダルに照準。ドームの安田秀一CEOからは「金メダルなら3333万円」と、“ビッグボーナス”を予告された。

https://www.daily.co.jp/general/2017/11/20/0010749168.shtml

年収の具体的な金額は不明ですが、スノーボードの開発など、

引退後も継続しての収入はありそうですね!

竹内智香選手のケガの後遺症はあるの?

2016年の3月6日のドイツで行われたW杯で、

左膝前十字靭帯を断裂の大けがをした竹内智香選手。

一般的に、
全治8ヶ月~1年とされている靭帯断裂ですが、

竹内智香選手の回復力は素晴らしく、約半年で復帰します。

これも日ごろのトレーニングの成果なのでしょうか?

そしてここでも竹内智香選手のメンタルの強さや人間性のすばらしさが!

少し長いですが、公式ブログより、

どこに行っても
診断はあっけないもので
切れているものは切れている。

であれば
その現実は変えられないから
その現実をどう楽しもうか?

そう、気持ちを切り替えたことを
今も昨日のコトのように
覚えています。

(中略)

“怪我をして学べることがある”と
よく言いますが
その通りで

怪我をしたことで
今まで苦手だった
トレーニングに対する気持ちも
ガラリと入れ替わり

手術をしてからも
術後1日目、2日目、3日目と
毎日カウントダウンできることの楽しさ。

術後
初めて立てること
歩けるよになること
階段の上り下りができること
バイクに乗れること
走れること
ジャンプができること

日々のステップアップが
とても充実していて
赤ちゃんの頃にしか経験できなかったようなコトを
大人になり意識のあるなかで経験できる。

この世界が独特で
とにかく毎日が充実でした。

(中略)

『前十字靭帯断裂』
というと
大きな怪我のイメージを持たれるし
心配もされてしまう。

完璧な状態で雪上に立つまでは
誰にも言わないでおこうと
心に決めていました。

公に言ってしまうと
人と会う度に
会話のテーマが怪我になってしまう。

『病は気から』
という言葉を私は信じるから、、、
0.01mmでも
0.01秒でも
自分自身の中に隙や弱さを作れば
一瞬で崩れ落ちそうな自分と隣り合わせでもあり

ただただ、
『自分の身体は完璧』
と日々思い込むことに
100%意識を向けてきました。

だから怪我については
治るまで伏せる
という形をとらせて頂きました。

(中略)

今となっては
心から
この怪我にただただ感謝です。

この怪我があったからこそ
今までにないくらい
フィジカルトレーニングを頑張れたし
膝が良くなる為になら
何でもしよと思った。

良質な食事に良質な睡眠を心がけたり。
そして
過去最高の身体を
この夏に作ることができました。

つくづく
人は変れるということを
そして起きる出来事は
全てが必然であるという事を
知る事ができ
怪我をしたことで
毎日を充実させることができました。

長い4年というスパンも
ピンと張った気持ちで
取り組むことができています。

http://blog.tomoka-t.net/archives/2016-09-10.html

ものすごく前向きです!

年齢的にも、

引退してもおかしくないくらいのケガだったと思いますが、

こんな風に考えることが出来る竹内智香選手は素晴らしいです。

2016年9月の復帰戦では、

実際にレースの決勝では
コースがダンボレになってくると
思い通りに膝が使えずに
今ある膝の許容範囲を超えていて
板を抑えたい時に抑え切れない
という新たな発見。

膝につけている装具が
動きを制限しているという発見。

自分でも恥ずかしくなるような
滑り、フォームにもかかわらず
相手とサイド バイ サイドで居られる
自分への可能性。

いろんなことを感じられ
収穫ありの内容濃い1日でした。

http://blog.tomoka-t.net/archives/2016-09-10.html

とレースを振り返っています。

現在はここから1年以上たっていますので、

どこまで回復しているかがカギになりますが、

手術から半年で、レースに出られるので、

オリンピックまでには最高の状態に仕上げてくるでしょうね!

その他、ブログを読むと、

竹内選手のストイックな競技への取り組みが良くわかりますよ^^

竹内智香選手公式サイト

まとめ

オリンピック2期連続のメダリストの期待が膨らむ竹内智香選手。

とても努力家で応援したい選手です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする