タサン志麻の家政婦の依頼方法と料金は?年齢や旦那や子供と年収は?

スポンサーリンク

5月21日のNHKプロフェッショナルは、
伝説の家政婦のタサン志麻さんです。

タサン志麻さんは、結婚してお子さんがいるとのことですが、

三ツ星レストランで磨いた本格フレンチや和洋中の絶品料理から
デザートに至るまでが作れるタサン志麻さんですから、

毎日食卓に並んでいるのかと思うと、
ご家族の方が羨ましいと思ってしまいます(笑)

もし、タサン志麻さんに、家政婦としてきてもらうとしたら、
どこに依頼すればいいのでしょうか?
気になったので料金なども調べてみました!

タサン志麻さんの年齢や出身などのプロフィールは?

http://professional.taskaji.jp/

名前:  タサン志麻
愛称:  志麻さん・伝説の家政婦
出身:  山口県長門市深川湯本
住まい: 東京
年齢:  38歳
高校:  不明
専門学校:大阪あべの 辻調理師専門学校
所属  :家事代行社タスカジ

タサン志麻さんは、山口県長門市深川湯本の出身です。
湯本温泉が有名ですね^^
温泉の館長のお嬢さんだったりするのでしょうか?

山口県長門̪市は人口約33,000人の町で、
あの安倍信三首相の選挙区なんです!

高校は
山口県立大津高等学校
山口県立水産高等学校
山口県立日置農業高等学校

の3校あったのですが、現在は統合されており、
タサン志麻さんは、この内のいずれかの高校か、
あるいは市外の高校を卒業したかと思います!

温泉があって自然豊かな町のようですので、
タサン志麻さんは、
のびのびと育ったのでしょうね^^

「長門は人が温かく帰ってきたらほっとする場所」

とタサン志麻さんは語っておられましたので、
現在在住の東京とは環境がまるで違うのでしょう。

現在タサン志麻さんは、
わずか3時間で1週間分のつくりおきを生み出す、
料理専門の家政婦として活躍されていますが、

あまりの人気で、
予約が取れないといわれています。

「自宅でレストランの味が食べられる」
と聞けば、人気が出るのは当然でしょう^^

一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

タサン志麻さんの経歴は?

タサン志麻さんは、
共働きの両親の元に生まれました。

両親が共働きだったため、
タサン志麻さんは、母方の祖母と多くの時間を過ごしたそうです。

タサン志麻さんの祖母は質素な暮らしの中で、
庭の花をいけたり、自分で収穫した野菜で料理したりしていました。

お母様は、四季を大切にした料理や着付けなどをされる方で、
日本人としての感性を母や祖母から育まれたそうですね。

幼いころから、料理場に立つことが好きだったという
タサン志麻さん。
祖母や母の影響が大きかったのですね^^

高校卒業後は、大阪の辻調グループである、
「大阪あべの 辻調理師専門学校」に進学。

http://www.kogure-t.jp/blog/2012/07/post_378.html

調べてみたら、この学校、
「料理界の東大」をキャッチフレーズにしており、

カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ、
ル・コルドン・ブルー
とともに世界三大料理学校とされているんです!!

さらに、タサン志麻さんは、
辻調理師専門学校の上級校である、
「辻調グループ・フランス校」にも進学・卒業されています!

言うなれば調理師界のサラブレッドでしょう。
今の手際よく作る料理の基礎はこの学校で徹底的に
学んだのですね^^

調理師学校を卒業後は、
連日満席の老舗フレンチレストラン「ジョルジュ・ブラン」で
3年間オーナーシェフの右腕として活躍。

その後、帰国したタサン志麻さんは、
人気三ツ星フレンチレストランや飲食店で15年勤務を経て、
フリーランスとして独立。

飲食業界に限りませんが、
フリーランスとして独立するとは
相当な実力がないと出来ないと思います。

タサン志麻さんは、お料理関連の本がたくさんあり、
全部だと図書館ができるくらいの蔵書だそうです!

お給料を全てフランス料理の本代に費やすくらいに、
研究熱心な方なので、
努力あってこその実力なのだと思います!

シェフとしてレストランで働いていた頃は
何と19時間の長時間労働が当たり前で、
相当体力的にも辛かったそうですが、

大好きなフランス料理を作っているということが
幸せだったので、やってこられたそうです。

いくら好きでも長時間労働が連日ですと、
体力的にも精神的にもかなり厳しかったのではないか
と思います。
それでも10年以上も続けていらっしゃったので、
お料理が好きなんですね^^

そして、

2015年から
現在在籍している家事代行会社タカスジの
料理専門ハウスキーパーとして登録されています。

女性の社会進出に伴い、
家事の分担がされるようになってきた中でも、
お料理というのは、最大のポイントではないでしょうか?

一番必要不可欠であり、
楽しみなものでもあります。

ぶっちゃけ、お掃除やなんかは
二の次かと・・・(家だけですかね?)

お仕事から帰ってきたときに、
タサン志麻さんのように、
誰かが作ってくれたらどんなに助かることか!

1時間で15品、3時間で一週間分の作り置きを
作り上げてしまうタサン志麻さん。

週末に一生懸命作り置きをされる
共働きの家庭も多いかと思いますが、
タサン志麻さんにお願いすれば、

平日・週末共に、お料理に時間を取られることなく、
家族や自分のために時間を使えそうですね^^

こういった背景から、
家事代行サービスの需要も格段に伸びているのでしょう。

実際にタサン志麻さんは、
タスカジで料理専門ハウスキーパーとして働く中で、

「仕事と家事の両立で精一杯で、
子どもとゆっくり過ごす時間が持てない」

と語るお母さんたちが非常に多いと感じているそうです。

タサン志麻さんは、お料理を作ることで、
そのご家庭に時間的な幸福も与えられているんですね!

https://woman-type.jp/wt/feature/7766

タサン志麻さんがフレンチシェフになった理由は?

そもそもタサン志麻さんが、
フレンチのシェフを目指したのはどうしてだったのでしょうか?

幼い頃から台所に立ち、
料理に親しんできたというタサン志麻さん。

のんびりとした故郷で、
家族揃って食事をするのが当たり前だったそうです。

お料理が好きで、

フランス人の「家族と楽しむ食事の時間」
を大切にする文化に共感したタサン志麻さんは、

フレンチのシェフを目指すようになったそうです。

タサン志麻さんが家政婦になった理由は?

こんなに凄腕なフレンチレストランのシェフなのに、
タサン志麻さんは、どうして家政婦になったのでしょうか?

タサン志麻さんは、フレンチのシェフとして働いていましたが、
長時間労働で家庭との両立が難しかったため、
キャリアチェンジを考えたそうです。

また、

華やかな調理場に立つうちに、
次第に「本当に作りたい料理は別にあるのかもしれない」
という思いを持ち始めていた頃でした。

タサン志麻さんが本当に作りたいのは、
「家庭料理」。

https://paris.navi.com/special/5036167

タサン志麻さんんがフランスでいちばん感動したのは、
華やかなレストランの料理ではなく、

レストランのまかない料理、
下宿先で出してもらった料理、
友達が集まったときに作ってくれた料理でした。

フランス人がふだん食べている料理は
気取らずシンプルなのに、豊かな味わいだったこと、
食事を楽しむ時間があること、

さらに幼い頃に祖母や母から教わった食に対する
幸福な記憶・・・。

フランスのお母さんたちが毎日作るような
素朴で温かい料理や、
祖母や母が作ってくれた懐かしい料理を作りたい。

スポンサーリンク

http://diamond.jp/articles/-/140524?page=3

そう思ったのです。

そこで、

飲食店勤務以外で料理のスキルを活かせる仕事がないか
探して見つけたのが今のタスカジのお仕事だったのです。

シェフ時代も現在も、
食を通じて家族や友人同士が共に過ごす時間を作り出すことを
一貫して仕事にしてきたというタサン志麻さん。

「フランスでは食事が生活や文化の一部になっていて、
家族の食事の時間をとても大切にする。
仕事で忙しいお母さんの負担を少しでも減らしてあげたい」

「都会では家族でゆっくり食事をする機会が少ない。
作りおきのレシピなど提供し、
家族で食べる時間がもっと増えていけば」

https://mykoho.jp/article/

と語っておられました。

単にお料理を作るだけではなく、
こういうことも考えて作っていらっしゃるんですね!
本当にすごいプロです。

レストランとは全く異なる
一般家庭のキッチンに立つようになってから、
仕事の充実感が増したそうで、

「レストランで働いていた頃はとにかく

『レベルの高い料理を作ること』
が目標で視野も狭くなっていましたが、

今、一番大事にしているのは
『目の前の人が喜んでくれる料理を作ること』。

私には、後者の方がずっと向いているって今は思います。
限られた調理器具や食材で何が作れるか、

日々違うシチュエーションの中で料理を作る事で
毎回新しい工夫や発見がありワクワクします」

https://woman-type.jp/wt/feature/7766

毎回違うお家で状況が違う中、
お客様に満足されるようなお料理を作るのは大変かと思いますが、

タサン志麻さんはわくわくするんですね^^

自分が作ったお料理によって、
家庭に時間的・精神的な余裕が生まれて喜んでもらえると思うと、
嬉しいのでやりがいが出てきそうですね!

実際に、
『志麻さんに来てもらってから、
子どもに優しく接することができるようになった』

と言ってくれる親御さんもいて、とても嬉しかったそうです。

フレンチのシェフですと、
お客様に直接お礼を言われることは少ないでしょうから、
こういうコミュニケーションもやる気に繋がりますよね^^

タサン志麻さんの家事代行の依頼方法と料金は?

タサン志麻さんは家事代行会社
タスカジにハウスキーパーとして登録しています。

⓵ハウスキーパーを利用するにあたり、
まずはタスカジのホームページでユーザー登録が必要です。

URLは以下になります!
タスカジご利用方法

登録には身分証明書などをスマホで撮影する必要があります。

2登録を終えたらタサン志麻さんを探します。

タサン志麻さんのアカウントIDは3273です。

ただし、

タサン志麻さんのお住まいが東京都葛飾区四ツ木
なので、
ここから1時間以内の場所がお仕事の対象になります。
それ以外は検索されませんのでご注意です!

そして気になる料金ですが、
一回の利用は3時間固定となっていて、

スポット依頼は7,800円
定期依頼は  6,900円

(交通費は別途かかります)

タサン志麻さんの作る料理と同じレベル・同じ量の
作り置きを自分で揃えるコストと比べたら、
各段に安いと思います!

こんなお料理を作ってくれるんですね!

実際にタサン志麻さんに依頼した人の評価や感想は、
星5つの内タサン志麻さんの評価は4.99の高評価!!

お近くのかたは是非!ご利用してみてください!

タサン志麻さんは、
本当に予約が取れないのでしょうか?

タスカジのレビューコメントを見てみると、
毎週頼んでいる依頼者(リピーター)が非常に多いです。

したがって、
新規でお願いしようと思っても定期で依頼している方が多すぎて、
予約が取れないようですね。

ですが、タイミング次第では申し込めると思います。

タスカジでは、毎月15日に2ヶ月後までの予定表が発表されます。
毎月15日にパソコンやスマホで予約画面をひらき、

タサン志麻さんの予定表の空いているところを探せば
十分チャンスはあると思います!

それでも遠方で志麻さんが来れない方は、

お家で作ってみるというのはいかがでしょうか?

タサン志麻さんの料理教室は?

遠方の方は、
不定期で行われる料理教室でタサン志麻さんにお会いできるようです。

タサン志麻さんは、作り置きマイスター講座の講師です。
日程はこちらのサイトにアップされています。
つくりおきマイスター養成講座HP

不定期なので、開催日はチェックしたほうが良さそうです。

また、

タスカジ演習という企画でも料理教室が
不定期で開催されていました。

過去には、このような内容の講座が開催されていました!

実施:2017/4/13
講座内容:お料理教室|家庭で作れるフレンチ他、作り置きのコツ

今後も不定期ですが、料理教室は開催されると思いますので、
タスカジをチェックしてみてくださいね。

タスカジHP 志麻さんバナー 最近の投稿 でチェック!

タサン志麻さんの結婚した夫や子供は?

前述の通り、
タサン志麻さんは結婚していて、お子さんもいらっしゃいます!

東京都葛飾区の3LDK、
家賃5万7千万円の築60年の古民家に住んでいます。

旦那さんはフランス人のロマンさんで、タサン志麻さんが日本に帰国後、
レストランでシェフとして働いていた頃に知り合い、
2年程の交際を経て2015年に結婚されています。

タサン志麻さんとは年の差が15歳!なので、
旦那様は現在23歳!
タサン志麻さんは姉さん女房ですね!

そして2017年の夏頃にお子さんを出産されています。
現在お子様は0歳児で真之介くんというそうです。

家事代行会社タカスジに掲載されている
タサン志麻さんのプロフィールの欄にも
「0歳児がいます」という記載があります。

タスカジに登録したのが2015年ですので、
妊娠中もお仕事をされ、
出産後もすぐにお仕事に復帰されているようです。

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1143439.html

よく見たらこの画像、
妊娠中だった可能性がありそうです!

時には真之介くんを連れて家事代行のお仕事をされるようです。

タサン志麻さんの夫の母は、
元料理人で、4人の子どもを育て上げたパリジェンヌ。
料理がすばらしくおいしいのだとか!

タサン志麻さんの年収は?

タサン志麻さんの年収の正確なところは正直わかりませんが、

3時間で\7,800ですので、
1日1件を月に20日稼働されたとすると、

月収は\156,000程。
年収は\1,872,000ほどになります。

予約が取れない程の人気ぶりと、
TV番組への出演や、
出版された本の印税などもあるので、

実際の年収はもっとありそうです。

タサン志麻さんの名言に、

「タスカジで働くようになって、働く時間は半分、収入は1.5倍に!」
とありました(笑)

フレンチのシェフ時代は本当に大変だったのですね。

お子さんが大きくなり、
もっと時間が出来て、たくさんお仕事できたら、
その分年収もあがりそうですね^^

まとめ

日本とパリで調理師学校を卒業後、
「タスカジ」に登録して、
共働きファミリーを中心に食卓をサポートしているタサン志麻さん。

その料理手腕が有名になり、
「予約がとれない伝説の家政婦」として
メディアでも多数取り上げられ、

書籍も発行するなど多方面で活躍中されている方でした!
今回の放送でますます人気が高まるでしょうね^^

こちらの方も素晴らしい方で
プロフェッショナルに出演されました!

岩田徹の書店の場所や1万円選書の申し込みや評判は?経歴や学歴と年収は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする