堤信子おすすめマツコの知らないお菓子箱は?結婚した夫や若い頃の画像は?

スポンサーリンク

マツコの知らないお菓子箱の世界に出演した

堤信子さん。

今現在はフリーアナウンサーとして

活躍されているのですが、

今回は自分で台本を仕込んでの収録ということで、

まだ話したりないといっていましたね(笑)

堤信子の年齢や大学などのプロフィールは?

https://camp-fire.jp/projects/view/100966

氏名      :堤信子(つつみのぶこ)
生年月日:1962年11月11日
出身地   :福岡県福岡市
身長      :155cm
体重      :41kg
血液型   :A型趣味      :文房具収集、包み紙収集、
和服和物収集、ドライブ、歌舞伎鑑賞、
日舞、キッチングッズ収集、はちみつ料理、
ゴルフ、水泳特技      :マリンスポーツ、
フラワーアレンジメント免許      :英検1級、ボート4級、
ラッピングコーディネーター

学歴・経歴:
福岡県立修猷館高等学校
青山学院大学経済学部
福岡放送
クレイジー・フォー
東京ビデオセンター
株式会社ノートルメルシー(設立)

出身高校である修猷館高等学校は

福岡県のみならず全国的にも有名な進学校で

偏差値71とのことから堤信子さんが

大変優秀であったことがわかります。

修猷館高等学校は偏差値が高いこともあり

アナウンサーとなった人が多数いました。

大坪千夏アナウンサーや青木裕子アナウンサーは

この修猷館高等学校の卒業生とのことでした。

非常にアナウンサーとなる卒業生の多い

高校といえます。

アナウンサーではありませんが髭男爵の

ひぐち君もこの修猷館高等学校の卒業生でした。

2018年の進路実績でも400名弱の人数に対し

地元九州大学に129名を送り込み,

その他国公立大にも多数入学している

福岡県の公立高校ではトップクラスの進学校です。

修猷館高等学校から進学した青山学院大学は

卒業生に多くの著名人を抱える名門校です。

アナウンサーの卒業生も多く

田中みな実さんや

滝川クリステルさんも青山学院大の出身です。

高校、大学ともにアナウンサーを

よく輩出している学校に通っていたので

アナウンサーになろうと思ったのも

自然なことだったかもしれませんね。

現在はアナウンサー、社長、大学講師の

3つの顔を持って精力的な活動をしています。

堤信子の経歴は?

堤信子さんは青山学院大学在学中に

東京アナウンスアカデミーに通い

アナウンス技術を学んでいました。

やはりアナウンサーになるには

大学に通いながらこういったアカデミーに

入るのが必要なんですね。

大学とは別にアカデミー通いを

していたとはなかなか大変な

学生生活を送っていたと思います。

その後福岡放送に入社後もズームイン!!朝!

の福岡、佐賀担当だったため

当時の総合司会であった徳光和夫さんや

福留功男さんとはこの頃から親交があったようです。

1985年の入社から1995年まで

福岡放送で働きましたが

1994年に結婚して旦那さんの転勤を機に

1995年にフリーアナウンサーとしての

一歩を歩みはじめます。

東京へ活躍の場も移してからも

地元福岡でのテレビ、ラジオの番組で

活躍したようです。

お笑い番組から情報番組、旅番組まで

幅広いジャンルの番組で活躍しています。

1997年からははなまるマーケットに

16年に渡り出演するなど

活躍の場を広げて人気番組にも出演す

るアナウンサーとなっています。

長年メディアで活躍し続けていくことで

かなりの実力と人脈を備えてきたのでは

ないでしょうか。

これからの活躍も期待できる

フリーアナウンサーであり経営者だと感じます。

堤信子の趣味や資格は?

堤信子さんの趣味はとても多彩です。

ゴルフ、水泳といったスポーツから

歌舞伎鑑賞やドライブ、小物や文房具の

収集などなんだか収集癖があるような

感もしますね。

文具コレクターとしては本を

出版するほどの本気度です。

この文具コレクターとなったのは

高校時代の留学だつたようです。

カナダのホテルの部屋で机の引き出しを

開けるとロゴの入ったレターセットがあり

そのレターセットがきっかけで

収集が始まったそうです。

その後40年近く掛けて収集した文具は

どれくらいあるのか気になるところです。

2011年には

「旅鞄(トランク)いっぱいのパリ・ミラノ~

文房具と雑貨のトラベラーズノート」を出版。

この後に文具コレクターとしての

イベント参加や執筆活動が増えているようです。

また堤信子のコレクションの中には

包み紙というものもあり、

こちらに至っては収集歴47年とのことで

マツコの知らない世界にも出演しています。

包み紙の魅力は個人的にはわかりかねますが

収集癖?がおありのようですね。

ラッピングコーディネーターという

資格を持っていることもこの包み紙への

愛から来ているのかもしれません。

アクティブな趣味である水泳は

高校の頃に水泳部だったということで

かなりの泳力を持ってみえるのではないでしょうか。

資格については前述の

ラッピングコーディネーターのほかに

英検1級とボート4級を持っているとのことです。

英検は頷けますがボートとは驚きました。

船舶免許ということだと思うので

海のアクティビティに親しんでいたのかもしれません。

堤信子の今現在の職場は?

堤信子さんの現在の所属は

株式会社ノートルメルシーですが、

この会社は堤信子さんが立ち上げた会社です。

すなわち社長となります。

2014年設立の会社ですから

まだまだ新しい会社といえます。

今後どのように事業展開していくのか

興味深いですね。

活動としてはフリーアナウンサー、

エッセイスト、大学講師、文具プロデューサー

という活動を行なっています。

講師については現在4校もの大学

(青山学院女子短大、法政大学、

昭和女子大学、明治学院大学)

で講師をしており、

プレゼンテーション、スピーチなどの

講義を通じて伝える力を学生に

向上してもらおうと教鞭をとっているそうです。

文具プロデューサーとしてはブログで

数々の文房具を紹介しています。

1本320万円の限定万年筆の紹介が

されていたのには驚きました。

オリジナル文具として

万年筆のプロデュースも行っており、

ビール会社のサントリーと伊勢丹の

コラボ商品としてビールと万年筆の

セットを販売したこともあります。

堤信子さんが初めて手にした万年筆は

プラチナ万年筆ということもあり

この商品はなんとしてもプラチナ万年筆に

作って欲しかったそうです。

万年筆は大人の象徴だと思っていた

かもしれませんね。

ブログを見る限りでは欧風かつ

アンティークな文房具や雑貨が好みのようです。

仕事用のデスクもその趣味が

よく反映されているものでした。

エッセイも好きな欧州や雑貨、文房具に

関してのものを発表しています。

趣味を上手に仕事としている印象がありますよね。

仕事ができる大人の女という感じがします。

堤信子の結婚した夫や子供は?

前述のとおり堤信子さんは

1995年に結婚しています。

旦那さんは一般人ということで

情報はほとんどありませんでした。

そんな堤夫妻ですがお互い感謝の気持ちを

忘れないようにするため「ありがとう」

という言葉をとても大切にされているそうです。

旦那さんからありがとうが最近少ないと

指摘されることもあるそうで、

ありがとう対決で負けないように

心掛けているそうです。

お互いがお互いのことを感謝しあえる

理想的な夫婦のようです。

この旦那さんとの出会い、結婚かあって

フリーアナウンサーとしての

現在の地位があるわけですから、

人との出会いは人生に大きな影響を与えるものです。

堤信子さんは素敵な旦那さんと

出会えたといえますね。

お子さんはいないようですが、

大学講師などで子供世代の人との

触れ合いも多く楽しく過ごせているのでは

ないでしょうか。

素敵な旦那といつまでも仲良く過ごして欲しいですね。

マツコの知らないお菓子箱の世界!

予告ですでに登場していたお菓子箱や、

堤信子さんが衝動買いしたという可愛いお菓子

について通販購入ができるのか、

調べてみました!

諸江屋 タンス箱

HACCI ハッチ はちみつキャンディ

ピエールエルメ 円形マカロンボックス

赤い帽子

お菓子のミカタ

https://www.okashinomikata.com/lineup/bijou

「お菓子のミカタ」は、

街の洋菓子店さんに綺麗で、可愛く、

楽しいデザイン缶を小ロットで提供して、

お菓子の販売促進のお手伝いをする目的で、

2014年1月にスタートした

大阪製缶株式会社の【既製缶販売部門】です。

公式サイトはこちら!

ファームハウス クリスマスデコレーション ラウンド

干支・賀正ミニゴーフル2入お年賀

いかがでしたか?

これから、クリスマスやお正月など、

友人や親せきと集まる機会も多くなりますので、

可愛いお菓子があれば雰囲気も盛り上がりますね^^

マツコの知らない養殖ウナギの世界に 登場した高木久・高木光寿親子って どんな人なのでしょうか? 全国のうなぎ店を食...

同日特集の養殖ウナギの世界もよかったらご覧ください^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする