歯科衛生士が思う良い歯科医院の見分け方

スポンサーリンク

歯科医院がとても増えていますね。

今は全国に68799施設(H27,1月末 厚生労働省医療施設動態調査)あり、

コンビニよりも多くなっています。

今はインターネットが普及しているので、どこの歯科医院に行くかはホームページを見て決める方も多いでしょう。

実際、筆者の勤務する某歯科医院(田舎です^^)にも、インターネットで検索して来る方が多いです。

良い歯科医院とは?

結論から言うと、「生活環境は人それぞれなので、個人個人で違う」  です。

絶対にこういう歯医者が良いです!とは言えません(あいまいで申し訳ありません)

小さいお子さんがいれば、キッズスペースが充実していて、先生やスタッフが子供の扱いが上手なほうが良いでしょうし、

独身の若い女性なら、ホワイトニング等の審美歯科に興味があるでしょう。

バリバリ働くお父さんなら、夜遅くまで診療していて、急な症状にもすぐ対応してくれる(予約なしでも診てくれる)ほうが良いと感じると思います。

ホームページで確認するところは?

先生に関して言えば、その先生の専門性を見ると良いと思います。

歯科の診療科目はとても多いです。

それ故、一人の先生がそのすべてを専門性をもって勉強するのは難しいです。

歯科のホームページには先生のプロフィールが掲載されている事が多いと思いますが、ここをチェックして、どんな事が得意なのか、確認してみましょう。

続いてスタッフに関しては、

・スタッフがブログを更新している

・研修会に参加している様子が伺える

・〇〇認定歯科衛生士がいる

このような歯科医院は日々新しい事を勉強しているので、スタッフのプロ意識が高く、知識も豊富な場合が多いでしょう。

院長だけが黙々とブログやホームページを更新しているよりは、

スタッフも何かしらコーナーをもってホームページを運営しているほうが、

医院全体としてまとまりを持って仕事をしているので、チームワークが良く、

スポンサーリンク

感じが良い歯科医院が多いです。

ホームページから伝わるスタッフ同士の雰囲気が大事です。

電話対応もチェック  

自分が気になる病院が見つかったら電話で予約を取ることになりますが、

ここでの受付の対応が良い印象であることも大事です。

患者さんを大事に思う歯科医院は、必ず電話対応の教育を重視しています。

なんとなく感じが悪いと思ったら、その後受診した時も不快な思いをする可能性が高いので、気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする