横尾将臣(遺品整理士)の年収や資格は?会社メモリーズの依頼方法と料金は?

スポンサーリンク

横尾将巨(よこお まさとみ)さんは、
(株)メモリーズ代表で、

遺品整理士の中でもトップの受注件数と成約率を
誇り、これまでに1万件以上の遺品整理の現場を
経験されてきました。

孤独死が増加傾向にある中、
突然の家族の訃報を聞き、遺品整理をするというのは、
非常に精神的負担が大きいと思われます。

そのような時に横尾将巨さんのように、
悲しみに暮れる遺族の心も整理してくれるような
遺品整理士がいてくれることで、
心が前向きになれるのでしょう。

今回は横尾将巨さんの会社や
依頼方法と料金、そして資格や年収などについて
調べてみました!

横尾将巨さんの年齢や経歴プロフィールは?

https://www.ihin-memories.com/daihyo.html

名前  :横尾将臣(よこお まさとみ)
生年月日:1969年3月12日
出生地 :香川県
出身地 :大阪府大阪市
在住地 :兵庫県西宮市
職業  :遺品整理士
会社  :株式会社メモリーズ代表取締役社長
趣味  :サックス演奏

現在遺品整理士として
亡くなった方の遺品を整理されている
横尾将臣さんは、

1987年に大阪府立羽曳野(はびきの)高校
(※現:懐風館高等学校)

卒業後、ラグビーで「本田技研」に入社されました。

高校時代にはラグビーで大阪選抜にも
選ばれたラガーマンだったそうですね!

しかし、ケガをしてしまい、
選手としては諦めなくてはならなくなり、

東京へ上京します。

横尾将臣さんは、
ラガーマンでありながら、
小学校から一度聞いただけですぐ曲が弾けてしまうという
天才的な音楽センスがあり、

サックスも吹けるので、
それでプロの演奏家を目指して上京したのです!

スポーツも音楽も両方の才能があるんですね!

そして上京中に、
横尾将臣さんの祖母が入浴中に孤独死し、
母は田舎に帰り、遺品の整理をするのですが、
あまりの大変さで体調を崩してしまいます。

このことで、

「遺族はこんなにシンドイ思いをしてたんや、
だったらかわりに遺品を整理してあげることで
遺族の力になれるなと思ったんです。これを仕事にしたいなと」

http://www.kit-press.com/?post_type=suteki&p=3384

そう思った横尾将臣さんは、
当時は少なかった「遺品整理」という仕事を
日本で初めて手掛けていた
「キーパーズ」に入社されます。

そして2年後に独立し、
大阪の堺区に遺品整理専門会社
「メモリーズ」を2007年に設立されました。

横尾将臣さんは、
「仕事を通じて社会に貢献したい」という思いから
不要となった遺品は買収。

リサイクルしてなるべく施設や
海外ボランティアへの寄付にあてています。

そうすることで処分代が大幅に減り、
それが利用料金の安さにつながっているそうです。

横尾将臣さんの誠実な人柄と価格の安さで、
今では遺品整理士のトップの受注件数と
成約率を誇っています。

どんなに利用価格が安くても、
自分の大切な家族が残したプライベートな
遺品を扱うわけですし、

遺品整理士としての前に、
人間的に信頼できる人物でなければ、
成約出来ないでしょう。

横尾将臣さんは母親が苦労した様子をよくしているからこそ、
その遺族の大変さが身に染みてよくわかるのでしょうね。

ちなみに横尾将臣さんは現在でも
チャーリーズというバンドで
サックスを演奏されているようです。

https://www.sankei.com/west/news/151204/wst1512040040-n1.html

遺品整理士とは?資格は必要?

遺品整理士とはどういうお仕事なのでしょうか?

少子高齢化の影響で、
高齢者を複数の親戚や子供が支える社会というのは
現実的にかなり難しくなってきていますね。

特に高齢な親や親戚が一人で生活をしていて
亡くなってしまった場合に、現実問題として

遺品整理を残された遺族が行うということが
物理的に難しくなってきており、
遺品整理業のニーズが非常に多くなってきています。

スポンサーリンク

遺品整理士とは、
一般社団法人遺品整理士認定協会の運営する資格であり、

この仕事は、遺品を整理するだけでなく、
リサイクルや産業廃棄物といったものの
廃棄に関する知識を持っておくことで、

いらなくなった遺品を正しく処理する
という役割を持っている仕事です。

遺品整理士認定協会で資格を取得すると
遺品整理士として認められ、認定証書が発行され、
協会の指定事業所として遺品整理業を営むことができます。

孤独死の増加とともに、遺品整理業者も増加しています。
中には遺品整理士の資格が無く、

不法投棄をする業者や高額な費用を請求する業者、
遺品を粗末に扱う業者などもおり、
業界の健全化が必要という声から、

遺品整理士認定協会を作り、
そこで認知された人のみが、
遺品整理士の資格を取得できる制度ができました。

映画「アントキノイノチ」では、

アルバイトとして遺品整理の仕事を通じて、
故人の命を真剣に向き合い、
死の苦しみと共に成長していく姿が描かれていましたね。

遺品整理士の資格は、
初めに遺品整理士認定協会のホームページから
遺品整理士認定講座の申し込みをすることになります。

口座の受講料金などの詳細はこちら!

受講期間の目安は2カ月で、
申告によって延長することも可能です。

講座には、教本・資料集はもとより
DVD視聴もでき、視覚的に勉強できます

講師は、大学教授・作家・有名会社の社長、
弁護士と多岐にわたっております。

全講座を終了後、課題レポートを提出し、
遺品整理士認定協会が定める基準をクリアしていれば、
合格し、遺品整理士になることができます。

横尾将巨さんの会社メモリーズの依頼方法と料金は?

横尾将臣さんが代表を務める
株式会社メモリーズは

遺品整理士認定協会のなかでも
優良企業とされ、
特別賛助会員になっており、

メモリーズは全国に9事業所が
展開されています。

基本的にはフリーダイヤルメールとで
年中無休・24時間お見積りできます。
0120-232-580

メールでのお問合せ

各事業所の一覧はこちら!

気になる遺品整理の料金ですが、
基本料金はお部屋の大きさと作業員の数により、
変動しています。

2LDKのお部屋で作業員が4人の場合で、
\150,000~となっておりました。

またオプションとして、
畳みの撤去やエアコンの取り外し、
ハウスクリーニングや除菌消臭などのサービスもあります。

これらを含めてのお見積りは無料で行っています。

料金の詳細はこちら!

横尾将巨さんの年収は?

遺品整理をどこに依頼して良いか、
判断するのが分からない人が多いのですが、

故人や家族の想いが詰まった物や部屋を
整理していくということで、
料金よりは、
その人柄やサービス内容によって、依頼する業者を
決めることが多いのだそうです。

したがって、
決して一番安い業者が選ばれるわけではなく、

遺品整理業者で働く人がどれだけ故人のことを思い、
お客様から安心・信頼を得られるかが
ポイントになっていき、

成約率の違いで、
遺品整理の年収の相場も大きく変わってきます。

丁寧な作業をしてくれる
遺品整理業者の年収は高くなりますし、
そうでない場合は低くなる世界ですね。

遺品整理1件当たりの売上相場
約10万円~約30万円

不用品回収等の経費相場
約5万円~約15万円

利益の相場
約5万円~約15万円

遺品整理業者は1件当たり
約5万円~約15万円の利益が出ます。

単純計算で1日に1件の現場が20日間あると仮定して、
1日当たり約5万円~約15万円の利益では、

月収約100万円~約300万円の利益が出ることになります。

とすると、単純にですが、
年収は1200万円~3600万円となりますね。

またスタッフの初任給が25万円程となっていますので、
代表は3倍くらいだとすると、

年収は1000万円~程と予想します。

また書籍も出版されています。

遺品整理から見える高齢者社会の真実

「遺品整理」それは、今や誰もが知っている言葉である。しかし、その真実を知る人は少ない。昔は家族で行った遺品整理も、増え続ける高齢者と孤独死の数に比例して、現代では業者が行う事が多くなった。遺品はたかが「モノ」でしかない。されどそれは持ち主の生き様や愛憎のみならず、彼らを取り巻く人々の姿までをも映す鏡となる。これまで一万件以上の現場を扱った筆者である「遺品整理人」が見た、世に知らされる事のない遺品の裏に隠された驚くべき真実を、今明かす。

Amazon商品説明より

まとめ

「葬儀は肉体的な別れ、遺品整理は精神的な別れ」
と考える横尾将臣さんは、

ただ遺品を整理するだけでなく、
悲しみに暮れる遺族の心も整理することを念頭に
遺品整理をされているといいます。

人生で一番悲しい家族との別れですから、
淡々と整理することも良いと思いますが、

こういったところにも
寄り添ってくれるというのは、
個人的には本当にありがたいことだなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする