吉田実代(ボクシング)の元旦那や戦績や年収は?トレーニングジムの場所は?

スポンサーリンク

2018年4月23日放送の「深イイ話」では、

女子ボクシング現役日本王者の吉田実代選手に着密しています。

3歳の娘さんがいるシングルマザーということで、調べたところ、

離婚した元旦那さんは、格闘家の武蔵幸孝選手といわれています。

小さな子の育児をしながらトレーニングと仕事をするって、

相当ハードな毎日だと察しますね~。

トレーニングも仕事の内ですから、

素人みたいに「今日は○○だからしない~。」なんてできないですもんね!

密着では生活の様子が伝えられていましたが、

吉田実代さんが所属するジムの場所や実績と、

女子プロボクサーの年収なんかも調べてみました!

吉田実代の出身や高校などのプロフィールは?

吉田実代

Twitterより出典

名前    吉田実代(よしだ みよ)
通称    戦うシングルマザー
階級    バンダム級
出身地   鹿児島県
生年月日  1988年4月12日(30歳)
身長    161cm
体重    53.52kg(計量日)
所属    EBISU K’s BOX

吉田実代選手はバンダム級の日本王者ですが、

毎回試合まで大体2ヵ月くらいの間に5キロの減量をされるそうです。

普段の生活ではもちろん節制して、

試合が近づくと、本格的に減量することをずっと続けているって

すごいストイックじゃないと出来ないですね。

吉田実代の中学や高校時代は?

今でこそ女性のボクサーは増えていますが、

まだまだ男性のスポーツとしてのイメージが圧倒的なボクシングを

吉田実代選手は始めたのでしょうか?

中学の頃はソフトボール部で、やんちゃだったという吉田実代さん。

やんちゃではありましたが、

一刻も早く自立したかったので、コツコツ貯金はしていたそうです。

金銭的に親に頼っていたら、

夢が見つかっても反対されたときに何もできなくなってしまうから、

というのが理由のようです。

ですので、高校も通信制の学校に進学して働いてお金をためていたそうです。

精神的にも自立したいと中学校卒業後は一人暮らしもされていたんだとか!

15歳位の時って自立心がかなり芽生えてくる時期でもありますが、

やっぱりまだ親を頼りにしてしまう甘さもある頃だと思うのですが、

吉田実代選手はしっかりと自分の将来を見据えて、

行動を起こしていたんですね!

親御さんも心配だったと思いますが、

バーで働くだけではなく、親御さんが経営する会社でも働いていたということで、

少しは見守ることができたのでしょう。

ボクシングを始めたきっかけは?

働きながら夢を探していた吉田実代さん。

中々見つからずに悶々とした日々を過ごす中で、

20歳になったら誰も知らない海外へ一人で行こうと決めていたそうです。

そんな時にたまたまインターネットで、

「ハワイでの格闘技留学」

というのが目に留まり、「これだ!」と思ったのだそうです。

格闘技経験は全くありませんでしたが、

兄が総合格闘技をやっていたこともあり、

格闘技が好きでK-1を観戦されていて、身近に感じてはいたそうです。

英語もほとんど喋れませんでしたが、日本にいては甘えが出ると考え、

あえて海外を選んで、20歳のときにハワイへ格闘技留学をした

吉田実代さん。

HMCという、多くのプロ格闘家を輩出しているジムに所属し、

キックボクシングを始めたそうです。

留学は3か月でしたが、

そこでは身体一つで相手と戦うことの魅力に目覚めたのだそうです。

日本に帰国してからはプロ格闘家として、

キックの名門TARGETに所属しアマキックボクシング参戦(4戦3勝1KO1敗)。

2009年にマッハ道場に移籍。総合格闘技に挑戦。転向3か月でプロデビュー。
2010年5月女子総合格闘技JEWELS初参戦。
2011年に立ち技格闘技に転向、池袋BLUEDOGジムに移籍。
2013年9月GLADIATOR初代女子バンタム級王座獲得。

2014年ボクシングに転向されました。

格闘家として順調にキャリアを積んできた吉田実代選手ですが、

ボクシングに転向したのは、

自分の意に沿わないマッチメイクがあったり、

強くて対戦相手が決まらないということが挙げられていました。

また、女子プロボクシングの世界で4階級制覇している藤岡奈穂子選手という

ものすごく強い世界チャンピオンに背中を後押ししてもらったことも

きっかけなのだそうです。

吉田実代のボクシングの戦績は?

2014年の5月にプロデビュー戦で勝利し、

デビュー戦のあとに妊娠が分かり、結婚。

2015年4月に長女の実衣菜(みいな)ちゃんを出産。
2016年3月に復帰します。

僅か1年で復帰したのは、

妊娠・出産の時期もまだまだボクシングを続けたい、

このまま引退したら後悔すると思ったからだそうです。

ただ、プロデビューされてこれから!というときに妊娠してしまったので、

「プロとしての自覚が無い」と思われてしまい、

復帰してボクシングジムで練習する際は皆の冷たい視線が辛く、

一時期はチック症状がでるくらいにストレスになっていたようです!

しかし、

それでもあきらめずに練習を続けるうちに

少しづつ周囲も歩みよってくれたそうです。

ボクシングのリングにあがり、みんなの声援を背中でうけとめながら

これまでの努力で培った技術をぶつけ合い、

強い人と闘うことがわくわくするという吉田実代選手。

2017年にはバンタム級王者戦で勝利し、初代女子日本王者になりました!

そして、

2018年3月に防衛戦がありましたが、見事勝利しています!

これまでのボクシング戦績は、

10戦9勝1敗 です。

出産で1年弱のブランクがありましたが、

復帰後2か月で5試合というハイペースで試合をされていました。

ブランクがあるから勝てる見込みが高そうと、

相手陣営からの対戦依頼がたくさんあったようですね。

しかし、

復帰後の5試合は4勝1敗で、

唯一1敗してしまった相手も翌年にリベンジ。

逆に吉田実代さんのすごさを見せつける形になっていますね^^
夜の練習は子連れだったので、

ジムの会員さんたちが子守りをしてくれたそうです。

子連れだから出来ない・・・のではなく、

周囲の協力を得てやりたいことをされた吉田実代さんは、

感謝の気持ちを持って練習されているされているそうですね^^

吉田実代のトレーニングジムは?

自らの妊娠で20Kg増えた体重を2か月で戻したという吉田実代さん。

有名人のパーソナルトレーナーもされているそうですね!

引き締まった身体は、

日曜日以外の毎日のジムワークと

仕事でのインストラクター活動の中で維持され、

全身が引き締まる様ポイントを絞り自重での筋トレなども取り入れているそうです。

吉田実代さんは自身の格闘家としての経験をもとに、

個人やキックボクシングジムと契約してダイエットトレーナー・パーソナルトレーナー

としても活動されているようです。

1日に数カ所のジムを回っていて大変そうですが、

ボクシングを教えるのもすごい好きで、やりがいを感じているようです。

吉田実代さんパーソナルトレーナーについては

一つはこちらのジムで行われているようです。

RANGERGYM(レンジャージム)
品川店
麻布十番店
錦糸町店
恵比寿店

http://ranger.co.jp/course/personal/

2015年の情報では麻布十番店で行われていたようですが、

現在の情報は不明でしたので、

店舗に直接お問い合わせしたほうが確実かと思われます。

吉田実代の年収は?

ボクシングは人気商売なので、

同じランキングでもファイトマネーが随分違うそうですが、

一般的に日本チャンピョンクラスで1試合100万円程だそうです。

年間4~5試合だと年収400~500万円程になるようです。

実際のところ、吉田実代選手はインタビューで、

ファイトマネーだけでは親子2人、
とても暮らしていけません。
でも、
今回は初代チャンピオンになって歴史に名を残せたことの方が重要ですね。

そのおかげで知名度も上がって取材も増えたので、
それが後々収入につながって行くと思うので、
お金はどうでもよくなりました。

美人ボクサーだと、やはり人気がでるので、マスコミも放っておきませんし、

吉田実代選手のように、

スポンサーリンク

トレーナーの仕事も舞い込んでくる傾向があるようです。

収入に関しては、ボクシング関係では、
自分の試合のチケットを売ってジムからいただく何%かのキックバックと、
スポンサーさんからいただくスポンサー料です。
メインの収入源は、
フリーのインストラクターとしてボクシングやキックボクシングを教える仕事です。

と語っているように、

現在のメインの収入はインストラクターなのだそうです。

個人で雇用契約した場合は、パーソナルトレーナーの年収は、

働き方にもよりますが、

平均500万円程といわれています。

吉田実代選手はボクシングの試合+トレーナーのお仕事もされているので、

年収は700~800万円程かもしれません。

離婚してシングルになってからは、

いかに1時間あたりに稼げる額を上げて、

なおかつ練習する時間と娘と一緒にいる時間を増やすかを考えた結果、

今の格闘技のインストラクターの仕事にいきついたのだそうです。

雇われ仕事ではなく、自分が個人事業主としてやってる仕事は、

料金も自分で決められるし、1時間あたりの収入もかなりいいのだそうですよ。

また、

女子ボクサーとして人気がある吉田実代さんは、

ZAAPのプレミアムネックレスをいつも身に着けているそうです。

調べたところ、

「ZAAP」は、

人間本来の運動能力や脳の働きを呼び起こす

「ブラックアイ(医療機器)」
「コリドラ(医療機器)」

を取り入れた健康器具で、

有害電流から身を守り、心身のバランスを整えるのだそうですね。

【新品】NEW[3571] ZAAP プレミアム ネックレス BK/BK (M)

詳しくはこちらからどうぞ ZAAP HP

吉田実代さんの他にも、格闘家の武尊さんなど、

多くのアスリートが身に着けているようです。

スポーツをされる方には評判良いようですね!

吉田実代の離婚した元旦那は?

2014年のプロボクシングデビュー後に結婚された吉田実代さん。

お相手の方は1つ年上で格闘技をされている武蔵幸孝さんといわれています。

http://www.koral.jp/musashiyukitaka.html

写真の強面イメージとは違い、普段は非常に穏やかで癒し系キャラだそうです。

名前      武蔵 幸孝(むさし ゆきたか)
ニックネーム: ユッキーナ
生年月日:  1987年10月29日
身長:     171cm
体重(通常):  54.4kg
所属:     フリー
メイン格闘技: 総合格闘技
スポーツ歴:  柔道、レスリング(柔道初段、ブラジリアン柔術青帯)戦歴:    プロ9戦7勝1敗1分2013 第19回 ネオブラッドトーナメントフライ級 優勝
2011 第18回 全日本アマチュア修斗選手権バンタム級 優勝

総合格闘技パンクラスの現役選手で、

パンクラスフライ級、元世界ランキング1位なのだそうですね!

パンクラスってまだマイナーな団体でもありますが、

何でもありのガチンコ勝負をウリにしている団体で

世界でも格闘ファンが注目しているかなりハードな格闘技なんですって。

そして

総合格闘技とキックボクシングを融合した

フィットネスクラブの代表もされているようです。

お互いに格闘技をされていて共通の話題も多かったと思うのですが、

離婚の時期はいつだったのでしょうか?

2015年の3月にはTwitterで、元旦那さんの武蔵さんの試合告知をされていました。

2017年に吉田実代さんが日本チャンピョンになって、

シングルマザーということが分かっているので、

2015年~2017年10月の間に離婚されていたと考えられますね。

離婚の理由などは明らかにはなっていないのですが、

お互いに練習などで生活が忙しく、

すれ違いや価値観の不一致などからなのでしょうか?

格闘技されてる方同士なので、もう、ケガでは済まないでしょうから、

DVが原因・・・とは考えにくいです。

吉田実代さんは高校時代から一人暮らしするくらい、自立した女性です。

男性の力を借りなくてもやっていけるタイプだと思いますし、

子供が生まれて生活が激変し、夫婦関係が変わったのかもしれませんね。

吉田実代はタトゥーを入れていた!

http://gree.jp/antonio_koinoki/blog/entry/652266798

格闘家にはタトゥーをいれている人は多いですよね。

でも

ボクシングの場合はルールブックに

「次号に該当するものは試合に出場できない」

と記載されており、それが、

入れ墨などで観客に不快の念を与える風体のもの

だそうなので、なかなか大きいタトゥーなので目立ために除去したのでしょう。

まとめ

今は朝のお弁当作りと、日中のお仕事、娘さんをお迎えに行った後も、

ジムでトレーニングをするというまさに分刻みのスケジュールの毎日だそうです。

娘さんがいるからこそ頑張れるのでしょうね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする