吉田輝星(こうせい)の歯が白い理由や家族は?球速や球種は下半身を鍛えた成果!

スポンサーリンク

金足農業高校の吉田輝星選手が甲子園を
湧かせていますね!

高校生ながらプロでも通用すると言われる程、
投手として完成度が高い吉田輝星選手。

甲子園のマウンドでは準決勝まで
一人で投げぬいて来ました!

マウンドでは日焼けした肌に
時折見せる歯が目立ちますが、

その歯の色の白さにも注目が集まっています!

吉田輝星選手の身長や体重などのプロフィールは?


Twitterより出典

名前  :吉田輝星(よしだ こうせい)
生年月日:2001年1月12日
出身  :秋田県潟上市
身長  :175cm
体重  :82kg
投打  :右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー

吉田輝星選手は小学校1年生の頃から、父親とよく
キャッチボールをしていたそうです。

自分から積極的に父親にせがんで
一緒にキャッチボールをしていたそうですね。

そして吉田投手は、小学3年生からスポーツ少年団
「天王ヴィクトリーズ」で、軟式野球を始めました。

4年生の後半からは、すでにピッチャーを任されていたとのこと。

このころからすでに野球センスは抜群で、
活躍していました。

中学時代は、潟上市立天王中学校の軟式野球部に所属。
中学3年の夏には、県大会ベスト4の実績を残し、
潟上市中学選抜入りも果たしています。

高校は金足農業高校に進学。
今回の夏の甲子園大会の秋田県予選から
毎回完投勝利を収めてきたというからスゴイですね!

というか、吉田輝星選手以外の選手も
予選からずっとスタメンは変わっていないそうで、
しかも県立高校で地元選手ばかりということから、

全国から応援されているチームです。

その中でも吉田輝星選手はエースとして
監督、選手からの信頼を得ている選手です!

吉田輝星選手の父や母と兄弟は?

吉田輝星選手の父・正樹さんは、金足農業高校野球部OBで、
投手だったそうです。

正樹さんは、シドニー五輪柔道金メダリスト
井上康生氏にひかれ、「輝星(こうせい)」と命名したのだそうですね。

正樹さんは、2年連続で秋田県予選の決勝に進出していますが、
甲子園出場は叶わなかったそうです。

そんないきさつから、
吉田輝星投手は、
「父を甲子園につれていきたい」と公言されていました。

父の正樹さんは吉田輝星選手が調子に乗らないように、
あまり褒めない方針で育ててきたそうです。

しかし、息子が活躍する姿はやはり嬉しいのでしょう。
吉田輝星選手がアウトを取るたびに笑顔が^^

そして、

吉田投手の得意とするスライダーは
お父さんの雅樹さんも得意で、
中学生の頃にお父さんから習ったそうです。

母親についての情報はありませんでしたが、
きっと頑張る息子を食事面などでサポートしているのでしょうね^^

弟・大輝君は小学5年生で、小学校2年生から野球を始めたそうで、
同じく投手です。

すでに直球で100kmを計測しており、
才能を発揮しているようです!

保育園に通っていた頃に、
小学生だった兄の輝星選手は、まだ幼い大輝君に合わせて
ボールを優しく投げてくれ、

時には投球フォームを教えてくれた

優しいお兄さんのようです。

兄の輝星選手は、まだ大輝君が寝ている早朝に家を出て、
練習を終えて帰ってくるのは夜9時すぎ。

吉田輝星が落ち込んだり、
愚痴をこぼしたりする姿を見たことがないという
大輝君。

きっと自慢の兄なのでしょうね。

スポンサーリンク

吉田輝星選手の球速や球種は?

最速152キロを誇る吉田輝星選手ですが、
高校入学当初は128キロしか出なかったそうです。

意外ですね。

しかし、高校入学後から、
もの凄く努力したんです!

「1年の夏合宿の走り込みで徹底的に追い込んで、
余計な脂肪はすべて落としました。

ご飯も1食3杯食べなければならなくて、
体重がしっかりついた上で体にキレも出てきました」

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180807/spo1808070011-n1.html

その結果、
1年の夏大会では早くも140キロを計測!

1合宿でこんなに球速って上がるものかと
驚きましたね!

さらに、早朝5時半から走り込みが始まる
1月の“地獄の”冬合宿も乗り越えて、

身長175センチにして、
体重は82キロで、

太い大腿に走り込みのあとが伺えますね!

走り込みはその後も続け、
この甲子園でも一人で投げ抜くことができているのも、
この走り込みがあるからなんですね!

そして吉田輝星選手の球種ですが、
吉田の「3段階ストレート」はもはや代名詞のような存在です。

1速は「キレを意識したボール」

2速は「スピードをやや上げて、低めから浮き上がるようなボール」

3速は「どこにいってもいいから思い切り投げるボール」

ストレートは、ワンバウンドするかと思うようなボールが
ストライクになり、

ストライクに見えるボールが
高めに大きく外れるほどホップするのだそうです。

リリース時の力強さを見ると、
いかにも握力が強そうですが、
40もないくらいだそう。

しかし、反復横跳などの瞬発系種目は
ほとんど最高点だという吉田輝星選手。

変化球はストレートを活かすべく、

スライダー
スプリット
カーブ
ツーシーム

を操り、三振を築いています!

しかも、甲子園ではすごく工夫していて、
投げるたびに踏む位置を変えるという芸当をしているのです!

「球種ごと、一塁側を踏んでツーシームを投げたり、
三塁側を踏んでスライダーを放ったりしていた。
右打者と、左打者によっても変えてました。
対角線をうまく使って、いつもより曲がったように見えたと思う」

http://number.bunshun.jp/articles/-/831635

踏む位置をいちいちずらすと、
バランスを崩しやすいところですが、
それは持ち前の下半身の力でカバーしているそうです!

自分の身体の強みを知り、
実践で活かせるように密に練習していたというから、
すごいですね!

吉田輝星選手の歯が白いのはなぜ

吉田輝星選手が力強く投げられるのは、
下半身の力と、
もう1つの秘密はマウスピース。

投球時に食いしばるあまり歯が欠けた
ことをきっかけに、
高校2年から着用しているそうです。

ボディビルダーなんかも力が入りますから、
歯には相当な力がかかっているのでしょう。

公式試合では規定で白のマウスピースしか使えないので、
歯が真っ白に見えるんですね^^

ちなみに、
練習ではお気に入りの色のピンクか、
チームカラーの紫かで迷うそうですね。

噛み合わせがアスリートのパフォーマンスに関係しているのは、
証明されてきていますから、
重要アイテムでしょうね。

また使用グローブは
ミズノ グローバルエリートのようです。

今年は、
ミズノから新たにニューカラーの
「ラディッシュ」というカラーが発売されているようで、
甲子園球児の間で流行っているようです。

金足農業高校の吉田輝星投手と大友朝陽中堅手の 侍ポーズが禁止と高野連から通達されたことで、 甲子園準決勝では吉田輝星選手が、 小ぶ...

https://a-sounanda.com/neo-akira

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする