織田夢海(おだゆめか)のスケボーブランドや父母は?学校や成績とスポンサーは?

スポンサーリンク

女子スケボーの織田夢海(おだゆめか)さんは、

現在小学6年生!

織田夢海さんは、昨年大人も出場する

全国大会で準優勝した成績を収め、

今注目のスケボー選手です!

最年少で強化指定選手に選ばれたという

織田夢海さんが挑む大会にTV番組

ミライ☆モンスターが密着しています!

織田夢海(おだゆめか)の学校などのプロフィールは?

Twitterより出典

名前:織田夢海(おだゆめか)
生年:2006年or2007年
年齢:11歳or12歳

ボード系の競技をされる選手の名前には、

「夢」がつく方が多いですね!

平野歩夢選手や片山來夢選手、

成田童夢選手・・・。

夢海(ゆめか)という名前も今風で可愛いですね!

織田夢海さんがスケボーを始めたきっかけは、

まだ6歳の頃。

近所の公園に行ったときに、

年上のお兄さんたちがスケボーに乗って

遊んでいるところを見て興味を持ったそうです。

6歳と言えば、幼いながらも、

小学校に上がる手前ですから、

自分にとって、興味があるかないか、

はっきりとわかってきますし、

主張もしてきますね。

きっとスケボーがとても楽しそうに見えて、

かっこいい!やりたい!と思ったんでしょうね^^

そして、運動能力は年長~12歳くらいの時期に

ぐっと伸びるそうなので、

6歳でスケボーを始めた

織田夢海さんは、基本的な運動能力をスケボーで

高めるとともに、

スケボーの技術もどんどん吸収していったのでしょうね!

知り合いの小学校1年生のお子さんが、

スケボーの代わり?に流行りだした、

こちらの商品にハマり、

練習をしていたそうなのですが、

出来るようになるまで、

ご飯を食べるのも忘れて、

ひたすら練習されていたそうです。

子供って好きなことには

ものすごい集中しますし、吸収も早いですよね!

織田夢海さんも、

小さいころからスケボーを始めて、

スゴイ早さで上達したのだと思います。

ご両親の教育方針も

スケボーの上達に関係していたのでしょうか?

織田夢海(おだゆめか)の父親や母親は?

6歳の時にスケボーに興味をもった

織田夢海さん。

きっと親御さんに、スケボーをやりたい!

とお願いしたのでしょう。

6歳のお子さんが始めるには、

なかなか難しい競技だと思うので、

父親か母親のどちらかが、経験者と

予想されます。

織田夢海さん本人の情報も少ないですが、

そういったご両親の情報もまだ公開されて

いないのですが、

お子さんが一人で上達するのは

難しいでしょうから、

きっと優しく教えてあげているのではないでしょうか?

もしくは、ある程度上達してからは、

スケボー教室のようなものに、

通わせていたのでしょうか?

織田夢海さんが出場する大会で、

所属が、「ALL UNDER CITY」となっていたので、

調べたところ、

岐阜県関市西本郷通りにある

スケボー専門店と、

子供から大人、初心者~上級者までたのしめる

パークとなっていました。

屋内外にあり、雨の日でも滑走することができるようです。



他にも投稿がされていましたので、

こちらで練習されている可能性が高そうですね!

ですので、

学校は岐阜県のどこかの小学校かもしれません。

スケボーって、上達するまでに絶対転びそうですし、

痛い経験もすると思うのですが、

それでもあきらめずに、全国大会で活躍できるほどに、

成長したところがスゴイですね!

こういった根性は生まれつきのところも

大きいかもしれませんが、

親御さんの励ましなども大いに関係しているのでは

ないでしょうか?

織田夢海(おだゆめか)の身長や体重は?

織田夢海さん、とっても可愛いですよね!

将来は美人スケーターとしてもっと注目されそうです!

Twitterより出典

こちらは織田夢海さん憧れの選手、

西村碧莉選手との2ショットですが、

西村碧莉選手が身長158㎝ということですので、

織田夢海さんは身長150㎝くらいかもしれませんね。

だとすれば、小学6年生としては、

平均的な身長でしょう。

体格を見ると、細身な印象があるので、

体重は軽そうですね。40㎏くらいでしょうか?

軽くても運動しているので、

しっかりとした筋肉はありそうです!

織田夢海(おだゆめか)のスケボーの成績は?

織田夢海さんが大会で活躍し始めたのは、

2015年頃からの大会です。

これまでの成績は、

■F20 PARK STYLE FES 2017
ミニランプキッズクラス(小学1~3年生) 優勝

■F20 PARK STYLE FES 2017
ボウルキッズクラス(小学1~6年生) 3位入賞

■JSF Skateboard Contest in Myoko Park
Style Open Class 3位入賞

■FLAKE CUP Championship @
インタースタイル 決勝進出4位

■H.L.N.A CUP HIGASHI SHIZUOKA 5位入賞

2018年5月に行われたストリート種目の

日本選手権は、

年齢別のカテゴリーがなく行われる大会。

この大会では優勝hした伊佐選手と頂点を争い、

1点差まで迫ったと話題に!

さらに、2018年11月、

アメリカカリフォルニア州で開催された

Exposure2018にも出場しております。

この大会は世界中の女子スケーターが集まる大会で、

織田夢海さんは、

ストリート14歳以下の部で見事優勝!!

同年代の中では頂点!

ワールドクラスの選手ということですね。

これは2020年の東京オリンピックも

期待されるわけですね。

現在小学6年生で、東京五輪では、

13~14歳になるのですが、

その年齢の時にオリンピックでの活躍が期待されていた

浅田真央さんが年齢制限で出場できなかった

ことがありましたね。

しかし、

スケートボード協会によれば、

「オリンピック出場資格に年齢制限を設けない」

とのこと。

織田夢海さんは2020年東京五輪の出場が

十分に考えられるようですね^^

織田夢海のスケボーのブランドやスポンサーは?

織田夢海さんはどこのブランドの

スケートボードを使用しているのか、

また、スポンサーも気になるところですが、

有力な情報はまだありませんでした。

スケボーブランドを調査してみると

14社くらいあるようです。

・GIRL
・chocolate
・BAKER
・Cliché
・ELEMENT
・Almost Skateboards
・toy machine
・STEREO
・FLIP
・PLAN B
・REAL SKATEBOARDS
・KROOKED skateboarding
・ZERO
・ZOO YORK

先ほどの画像ではボードが写っていますが、

ブランドは不明です。

拡大すると・・・。

どなたか、わかった方がいたら、

情報提供お願いします^^

スポンサーリンク