栗原直次のミーポック店の場所や脱サラ後の年収は?嫁や子供と経歴は?

スポンサーリンク

栗原直次さんは、シンガポールのソウルフード、
『ミーポック』のお店を経営し、

シンガポールで
今スゴイ日本人の2位にランクインされています!

ミーポックとは、
麺に具材入りのチリソースをかけた
シンガポール版の油そばのことです。

脱サラ後、
シンガポールに移住して街で人気の店を作った
と言う栗原直次さんの
年収や家族について調べてみました!

栗原直次の経歴は?

https://tripping.jp/asean/singapore/singapore-city/49405

栗原直次さんは現在50歳。

出身地は不明ですが、
日本にいる時は群馬県に在住されています。

電気メーカーの三洋電機の財務部で働いていたそうですが
飲食店を経営するのが夢で、
会社のお仕事の後に、

群馬県の有名ラーメン屋でも働き、
修行されていました。

2001年に小学校三年生の息子さんと3歳の娘さん、
奥様を連れ群馬県から駐在員として家族と一緒に
シンガポール駐在員として
転勤になりました。

4年半の任期だったのですが、
長年の飲食店を始めたいとの希望から、
2005年に退職。

夢だった飲食店を経営するため
シンガポールで昼間は会社員として働き
夜は飲食店で修業しました。

日本でもサラリーマンと飲食店勤務をされていたので、
シンガポールでも
同じような仕事でしたが、
大変ではなかったようです。

そして、
日本食の屋台を始めたのですが、
あまりお客さんは来なかったようです、

その時、隣の屋台だった方が
ミーポックの師匠となり
そこで修業しました。

2015年に
栗原さん自身のミーポック店
『AH HOE MEE POK』を出店し

地元のシンガポール人にも認められるほどの
本物の味を再現した直次さんのミーポックは
たちまち有名になり、

1店舗だけでは裁ききれず地元の方にも認められ
半年後には2号店を出店!

飲食店経営としては大成功ですね^^

栗原直次さんのミーポックとは?

本来、黄色い平たい麺自体をミーポックと言うそうですが、

それがそのまま料理名として使われることが多い
のがシンガポールミーポック。

元々は中国の潮州がルーツの料理で、
そこにシンガポールの文化が融合されたものが
今のシンガポールミーポックとのこと。

ドライ(別でスープ付き)とスープタイプがありますが、
人気はドライタイプで、

挽肉、きのこ、かまぼこなど具材は様々で、
酢、チリを絡めていただきます。

日本でいうと油そばのようなものだそうですよ^^

栗原直次さんの家族は?

一号店は直次さんと娘さん、娘さんの婚約者が、

二号店は直次さんの奥様と息子さんが切り盛りされているようです。

それにしても、
日本からシンガポールに移住して、
家族の反対は無かったのでしょうか?

栗原直次さんと奥様の緑さんは日本で社内恋愛して
結婚。
みどりさんは専業主婦をされていました。

ところが、
シンガポールに行くことになり、
直次さん仕事を手伝うようになります。

専業主婦から、
兼業主婦になったのですが、
仕事を持つことには大賛成だったそうです。

スポンサーリンク

しかし、
みどりさんのご両親は大反対!
異国の地で流行るかどうかも分からない商売に
不安を覚えるのは当然ですね。

しかし、仕事が出来る喜びは大きく、
みどりさんは一日12時間以上も働いていますが、
今の方が幸せといいます。

実はみどりさんのご両親が
自営業をされていたので、
働くことには何の抵抗もなかったのだとか。

異国の地で夫婦二人、
そしてお子さんたちもしっかりを力を合わせて
お店を守っていらっしゃるんですね!

直次さんが安定した会社勤めを辞めて、
この仕事を始めたのは、

「子供たちが将来、この国で自立して生きていけるように、
店の仕事を与えてやりたかった。」

との子供を想う心からなのだそうです。

直次さんを支える娘さんの励奈さんは、
地元では話題の女性に成長。

奥様もシンガポール人かと思えるくらい
馴染んでいて、

力強くたくましい息子さんの侑暉さん。

家族経営の温かさも伝わって、
人気店になっているのでしょうね^^

栗原直次さんのお店の場所は?

シンガポールのお店は、
家族で切り盛りされています。

1号店 直次さん、娘さん
・住所: Block 710, Clementi West Street 2, Singapore
(Weng Kwang coffee shop内)
・営業時間 7:00~16:00(月-土) / 7:00~15:00(日)

2号店 奥さま、息子さん
・住所: Block 713, Clementi West Street 2, Singapore
(One Kitchen 小厨房 coffee shop内)
・営業時間、10:00~14:00(月-金) / 18:00~21:00(土日休)

ミーポックは2017年に期間限定で千葉県千葉市で
発売していたそうですが、
現在は日本では提供されていません。

食べたい方は
シンガポールに行くことしかないようです。

シンガポールのお店の住所は
栗原さんのFacebookも見てみてくださいね^^

栗原さんのFacebook 

10月か11月に日本(東京の落合)にもオープンする予定があるそうですが、
まだ具体的な場所はわかりませんでした。

栗原直次さんの年収は?

シンガポールで大人気の栗原直次さんのお店ですが、
どの位の収入があるのでしょうか?

ミーポックは
約500円ほどで販売されており、

お店では、
1日200~300皿ほど売れていますので、
月収では200~300万円、

年収は2400~3600万円!

光熱費や土地代なども考慮すると、
年収はもう少しさがると思いますが

結構な収入はありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする