侍ポーズ禁止はなぜ?吉田投手と大友選手以外しない?誰が始めてきっかけは?

スポンサーリンク

金足農業高校の吉田輝星投手と大友朝陽中堅手の
侍ポーズが禁止と高野連から通達されたことで、

甲子園準決勝では吉田輝星選手が、
小ぶりな侍ポーズを披露し、
ネットで話題になりました!

そもそもこの侍ポーズ、
いろんなスポーツの場面で見かけますが、
誰が考えたのでしょうか?

そして、
金足農業高校では吉田輝星投手と
中堅手の大友朝陽選手以外はしないのでしょうか?

侍ポーズの始まりは?

侍ポーズっていつからあるんでしょうか?

野球では、
2017年のWBCで「侍ジャパン」として出場した
青木宣親選手が侍ポーズを発案したのでは?と言われています。

また、2016年、
リオオリンピック・陸上男子400mリレーにおいて、
銀メダルを獲得した
山県亮太(1走)
飯塚翔太(2走)
桐生祥秀(3走)
ケンブリッジ飛鳥(4走)の4名が、

決勝戦における各国の 入場の際にも
侍ポーズを決めています。

こちらは、

試合の直前、ウォームアップ後に
生みだされたものらしく
考案者は第2走の飯塚選手。

「日本らしさ」「かっこ良さ」「世界的にも知名度がある」から
侍を連想し、

「日本っぽく、侍スタイルで行こう」と決めたそうです。

金足農業高校吉田輝星と大友朝陽の侍ポーズとは?

甲子園ですっかりおなじみになった
金足農業高校の「侍ポーズ」。

吉田輝星選手と大友朝陽選手が
試合中に必ずやるルーティンで、

その試合最初の守備に就く際にマウンドでかがみ、
ロージンバッグを右手で触った後に、

中堅手の大友朝陽選手に向かってシャキーンと
刀を抜く居合い抜きのしぐさをするというもの。

最後の守備のはじめには刀を納め、
大友朝陽選手も呼応するように同じしぐさをするんですね。

Twitterより出典

そして、
吉田輝星選手のグラブの内側にはカタカナで
居合い抜きの音が「シャキーン」と
刺しゅうが入れてあるほど、
こだわりのキーワードなのだそうです!

この侍ポーズの由来は、
吉田輝星投手と大友朝陽選手が、

移動バスの中などでリラックスするためにしていた
「チンチン侍」ゲームで、

「侍」と言われたら「シャキーン」と返し、
「オチンチン」なら「ビロ~ン」と返すというもの。

吉田輝星投手はピンチでも動じないメンタルで、
伸びのあるストレートを武器に、
甲子園を一人で投げ抜いてきた、

ドラフト候補でプロ野球から
注目されているスゴイ逸材ですが、

こういうエピソードを聞くと、
普通の高校生なんだなと思いますね^^

大の仲良しの二人は、
秋田大会前から2人でこの侍ポーズをしているらしく、

『ビロ~ン』はグラウンドでやるのはふさわしくないので(笑)
『シャキーン』の方にしたのだそう。

「遊び心」を忘れず、リラックスすることを心掛けて
相手に挑むことができるそうですね。

もちろんふざけているわけではなく、
吉田輝星選手が昨夏から使用している
試合用の帽子のツバには、

スポンサーリンク

1年生の夏に県大会3回戦・能代工戦で8回に
決勝打を打たれて敗れた悔しさを忘れないため、

「覚悟」の2文字が力強く書かれています。

「仲間や応援してくれる皆さんのすべての期待。
そういうすべてを背負っていく気持ちで臨んでいる」

https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180815-OHT1T50020.html

ポーズだけではなくて、
精神が侍のようにすごく鍛えられているんですね!

2回戦の大垣日大戦では、
3失点を献上していましたが、

「侍仲間」の大友朝陽選手が、
逆転のホームランを放ってから、
息を吹き返し、
自己最速に迫る投球を見せており、

二人の絆の深さも伺えます。

「大友の1発で目が覚めた。点数取った後のギアは全開だった。
一緒に冬にきつい練習をしてきた仲間なんで。
自分がへばったら駄目。自分だけのチームじゃない」

https://gunosy.com/articles/RW5B4


というわけで、
金足農業高校では、吉田輝星選手と大友朝陽選手しか
今のところこの侍ポーズはしないのですが、

もしかしたら決勝戦では、
他のナインの侍ポーズも見られるかも?

侍ポーズが禁止の通達!

金足農業高校の吉田輝星選手と大友朝陽選手の
ルーティンワークの侍ポーズが
準決勝では控えめになっていました。

シャキーンのポーズが小さくなっていますね。

試合後、ルーティンの「侍ポーズ」の動きが
報道陣に小ぶりだったことを聞かれると、

大会本部から通達され、中泉一豊監督を通じて
注意されていたと吉田輝星投手が明かしています。

「それ禁止だよと言われました」

それでも初回、6回、9回と貫いたのは、

「大友がどうしてもやりたいって言うから。
適当にポイッとやった。できないならできないで、
別にいいんですけど」

http://news.livedoor.com/article/detail/15183535/

今大会では、
創志学園・西純矢投手の大きなガッツポーズが
球審から注意・禁止令が出ており、

高校野球のルールやマナーについての
議論がTVなどでもされています。

個人的には高校生の大会ですし、
侍ポーズは対戦相手に不利になるようなことや、
不快な思いをさせているわけではないので、
問題ないと思いますが・・・。

ガッツポーズは、
球審の方にはあまり印象が良くなかったようで、

高校野球も日本代表を編成して、
国際大会に出場するようになったことを
見据えての注意だったことも考えられますね。

甲子園を沸かせている
吉田輝星選手の記事はこちら!

“https://a-sounanda.com/yoshidakousei

大阪桐蔭高校の大黒柱!
根尾選手の記事はこちら!

“https://a-sounanda.com/neo-akira

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする